荒濱一、高橋学「 結局「仕組み」を作った人が勝っている」光文社

公開日: : 書評(書籍)

タイトルに惹かれて購入した本。簡単に読み進められるし、内容的にも事例の紹介の部分と、その纏めと主張の部分という形で歯切れよくコンパクトにまとめられており全般的に好感。内容的にはすでに知っている事例も多い。たとえば、藤山勇司氏の話は有名だ。でもメモするところはかなりあった
p11.本書に登場する「仕組み」所有者たちは、例外なくハード、ワーカーであり「仕組み」を作り上げるまでに数え切れないほどのトライ&エラーを繰り返しているケースが大半であった p55.「まず、ニッチなところを狙うというのが基本です」 p91.メルマガの発行時間を常に同時刻に設定することも重要。広告主にとって、何時に配信されるメルマガなのかはターゲット層の関係で非常に重要なこと
これに触発されたか、このブログも最近、定時にエントリするようにした。
p102.メールは「オートレスポンダー」というシステムを使って送信する。これは、あらかじめ用意した複数の販促メールを、一定の日にちの間隔をおいて、自動的かつ順番に送付していく機能を持つものだ p166.「まずいきなり大きな金額を言う人、これは絶対ダメ。よくいるんですよ、いきなり1億円出してくれとか。逆に身の丈にあった小さなビジネスからスタートしようとしている人は成功しやすい p168.あくまで追求していくのは「幸せな金持ち」であり続けることである。「幸せな金持ち」とは、甲田氏自身読んで参考にしているという『ユダヤ人大富豪の教え』にも出てくる言葉であるが、甲田氏によるその定義は、「お金を『目的』でなく『手段』にしている人」「楽しくお金を使える人」というものだ p197.メタタグの記載のうち、Googleのロボットはディスクリプションだけをチェックし、Yahoo! Japanのロボットは両方とも見るといった特徴もある p198.「DW230」という順位検索ツールを提供するサイトにアクセスし、URLとキーワードを入力して調べると、Goole、Yahoo! Japan、MSN Japanそれぞれの順位がわかる p204.セールスレターの7つのプロセス:①この情報商材のメリットをアピール。②恋愛、もしくはお金、コンプレックスで悩んでいないかと問いかける。③実は自分もその問題でかつでは悩んでいたと告白。④それが、ある方法を知ることで、悩みがウソのように解消したとたたみかける。⑤信頼してもらうために、証拠(データやユーザーの声など)を提示。⑥商材の販売は期間限定であり、手に入れるのは今だけと訴えかける。⑦「今すぐご注文を」と目立つように念押しして、購買につなげる p211.著者は、今回取材した「仕組み」作りの先人とまだ作っていない人との決定的な差を目の当たりにした。先人たちは総じてみな、行動力がある。いや、あるどころではない。行動は異常ともいえるほど、速いのだ p216.インターネット・ビジネスや情報起業には欠かせない「クレジット決済」などは最初から他人に任せる代表的なツールである。購入者のクレジットカード決済を可能にする決済ツール提供業者には「ゼロ」や「ゼウス」といった会社がある。また情報起業では、ポータルサイトで登録すれば、自身のサイトに決済機能を簡単につけられる p217.実際に奥山氏が利用しているホームページ制作代行業者「Marzzuo」では、イチから10ページのサイトを制作すると20万~30万円。リニューアルだと10万円くらいの予算で作ってくれるという。この金額で、素人のWebサイトがプロフェッショナルな風貌に生まれ変わるのである。また、室賀氏は情報起業家の観点で見て、ホームページ制作会社「ライオン」を推薦する p222.皆さんは人と話すときにメモを取るだろうか。今回の取材で驚いたのは、インタビュアーである著者以上に、取材対象者である彼らのほうがたくさんメモを取るケースが少なくなかったことである。いわゆる”メモ魔”に何度も出会ったのである
この点は、自分がメモ魔なので勇気付けられる主張だ。自分もこの本の事例のように「仕組み」で勝てるようになるだろうか 20071129060000

google adsense

関連記事

no image

竹村健一「竹村健一の最後に勝ちを拾う発想法」青春出版社

微妙だよな。興味深い事例に溢れており、楽しく読み通すことができる。そして著者の主張にも概ね首肯できる

記事を読む

no image

ダン・ブラウン「ダ・ヴィンチ・コード」角川書店

200506120133 面白い。 自分で年をとったと感じる。文字の並べ替えなどの言

記事を読む

no image

成毛眞「実践!多読術」角川oneテーマ21

ここで紹介されている本を多く、読もうという気になった。歴史もの、軍事もの、科学もの、をもっと読もうと

記事を読む

no image

松島庸「追われ者」東洋経済新報社

昔の本だが、縁あって読むことになった いまとなっては旧聞に属するクレイフィッシュの事件。一つの企業

記事を読む

no image

司馬遼太郎「功名が辻(3)」文春文庫

20050711165100 (3)でも最初のほうは秀吉の話ばかり。仮想園遊会や醍醐の花見

記事を読む

no image

ウィリアム・リード「記憶力・発想力が驚くほど高まるマインドマップ・ノート術」フォレスト出版

20060830014300 読書術や自己啓発に関する本は結構読む。そしてその中でよく出て

記事を読む

no image

樺旦純「面白いほど人を動かせる暗示トリック」青春出版社

「心理学では『○○』と呼んでいる」という記載が多い。そういうキーワードを覚えて使いたいという衒学心旺

記事を読む

no image

長谷川洋三「ゴーンさんの下で働きたいですか」日経ビジネス人文庫

第1章が面白い。ゴーンの経営を垣間見るのがこの部分。彼の動きについては強く賛同できる 本書のタイトル

記事を読む

no image

宮脇修一「造形集団海洋堂の発想」光文社新書

20130319225803 なにかの書評で見て面白そうなので読んだ。実は10年以上前の古

記事を読む

no image

井上功「借金1兆円を10年で返したリクルートの現場力」ダイヤモンド社

リクルートの仕組みの解説。細かく記述されており参考になる。特に、人材育成、目標管理、チームアップなど

記事を読む

google adsense

google adsense

MediaPad M3 LTE プレミアムモデル購入して2か月

20170409130135 もう2か月が経ってしまったけど、記

Windows10アップグレード導入

20160307001116 2台のノートPCにつき、無料のWi

Nexus 6Pが届いた

20151105221617 無事に届いた。 海外荷物受付

Nexus 6Pが発送された

20151103103105 「発送しました」って内容のメールが

Nexus 6Pを発注した

20151031100625 それまでもネット経由でいろいろ調べ

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑