金田信一郎「鈴木二郎氏 頭取辞し、パンに賭ける(ひと劇場)」日経ビジネス2007年11月19日号

公開日: : 最終更新日:2012/02/10 書評(雑誌), 日経ビジネス



内容自体はつまらないわけではない。しかし、特段の共感を得るでもなかったこの記事。わずかに引っかかりを感じたのはこの部分



・89年に慶應義塾大学を卒業し、三井銀行に入行する。理由は、「留学しやすいから」。狙い通り20代で米国留学が実現する。この渡米体験が、「科学的経営」の原点になった。だが、日本に戻ると、そこには属人的な融資が続く邦銀の世界があった。留学の経験を生かす場面がない。そう思い、活躍の場をコンサルティング会社、A.T.カーニー日本法人に移す。だが、「ある会社の情報を、隣の会社に横流ししているように感じた」



会社が用意する留学制度は正直なところ、優秀な従業員を獲得し引き留める餌として、実績を出した従業員へのご褒美として、肝煎りの部下に箔をつけさせるための手段として、または既に存在する制度を惰性のままに人を当てはめて維持する事勿れの思考の結果として存在する。会社としてはそれ以上のことは求めることが不可能だし、求めているようには見えないし、現に求めていない。留学後すぐに会社を辞めることも拒めないのだから、まず持ち出しの制度だ。従業員としては当然、新卒の際には留学制度がある会社に就職するほうがいい。チャンスが増える。自分に強い自己実現の意志と手段があるのでない限り

不要なときに貸すと言い、預金残高を見計らって求めもしない投資信託の勧誘を行う一方、金が必要となっても貸してくれず、逆に返済を求める銀行。教えるための調査と称して、顧客に入り込んで情報を取りまくり、なんだか彼らのお勉強だけ手伝ってあげた上、金額相応のアウトプットを得られた気もしないコンサル会社

しかし銀行もコンサルもそこで働く者の給与水準が相対的に極めて高く、新卒の人気も高い。飛行機に乗る仕事や旅行に携わる仕事が人気があるのとはまず別の理屈だ。そして、それぞれの職業タイプは、おそらく同時に追求する類ではない。銀行とコンサルを掛け持ちで就職活動をすることはありそうだ。飛行機乗りと旅行手配を掛け持ちすることもありそうだ。しかしそれ以外組み合わせの掛け持ちは各論的な理由付けが違うはずだ

銀行とコンサルも、本来的な動機付けは同じだ。銀行とはお金という商品を扱いながら、相手先企業の情報を取りまくり、それが自分のお勉強になるという意味で従業員の知的なフリンジベネフィット(というのだろうか)が大きい。ただし、このところ両者の性格は異なって来始めている。銀行は法人ビジネスと個人ビジネスでは別だ。規制業種なので参入規制もあり、給料が高いというだけになりつつあり、実際には大したことはやっていない。いまやメーカーも小売業も銀行を含む金融業を行っている

なんかとりとめないが、思考の習作ということで

20071202060000

google adsense

関連記事

no image

大西康之ほか「社員は見た世紀の大合併 失敗のなぜ?(特集 買収無残)」日経ビジネス2007年5月7日号

20070508220200 リアリティってのはおもしろいなあ、と思う。週刊誌とは、こういう生気の

記事を読む

no image

野口悠紀雄「株式会社はリスクに挑戦しなければ存在意義がない(社会科学の女王か金儲けの手段か)」週刊東洋経済2007.11.3

20080611060000 宮内義彦「経営論」において、会社がオーバープレゼンスだと言っていたこ

記事を読む

no image

「注目の高濃度ビタミンC点滴ガン治療には効果があるのか(特集超健康術)」週刊ダイヤモンド2011/12/31・2012/01/07新年合併号

20120114003115 今週号は力が入っている。この特集は面白い。読者層にうまくピントをあわ

記事を読む

no image

塚田紀史「『世界クジラ戦争』を書いた政策研究大学院大学教授小松正之氏に聞く(Books & Trends)」週刊東洋経済2010.3.6

本質と違うところで、すごく気になった。南極大陸の内側にできたという、「湖のようなもの」が、漠然とおそ

記事を読む

no image

阿部貴浩、加藤修平「エコカー補助金、トヨタ向け?」日経ビジネス2011.12.26・2012.1.2

20120112233812 ダメな事業が退散して、新しいものに入れ替わることが妨げられる。それを

記事を読む

no image

飯泉梓「ユナイテッドアローズ 顧客の声、商品と接客で表現(戦略 顧客志向)」日経ビジネス2005年8月1日号

ユナイテッドアローズ(UA)の経営改善のポイントを3ページの記事にまとめたもの 最初の徹底した調査

記事を読む

no image

池田信太朗「オーケー(食品スーパー)(戦略フォーカス 顧客の囲い込み)」日経ビジネス2006年10月2日号

少し前の記事だけど。ほんとにこの兄弟はすごいと思う ・「二十世紀梨 まだ最盛期に比べたら。今ひ

記事を読む

no image

中島信也「『CMの巨匠』創造の源はコミュニケーション能力(達人に学ぶ)」週刊東洋経済2008.8.16-23

20090103220900 なるほど、かなり使えそうな話 ・私が「周富徳理論」と呼んでいる

記事を読む

no image

山口圭介「三菱東京UFJ銀行(人事天命)」週刊ダイヤモンド2012/1/21

20120211215253 3代先まで誰が頭取になるか読める、ってスゴいことだと思うんで

記事を読む

no image

野口悠紀雄「経済学は金銭に換算できるものだけを対象にしているわけではない(通説粉砕WOW!WOW!経済塾)」週刊東洋経済2006.6.3

野口氏のこのコーナーは非常にオーソドクスな考え方をしっかりと伝えてくれている。こういうことを分かった

記事を読む

google adsense

google adsense

MediaPad M3 LTE プレミアムモデル購入して2か月

20170409130135 もう2か月が経ってしまったけど、記

Windows10アップグレード導入

20160307001116 2台のノートPCにつき、無料のWi

Nexus 6Pが届いた

20151105221617 無事に届いた。 海外荷物受付

Nexus 6Pが発送された

20151103103105 「発送しました」って内容のメールが

Nexus 6Pを発注した

20151031100625 それまでもネット経由でいろいろ調べ

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑