粂和彦「時間の分子生物学」講談社現代新書①

公開日: : 最終更新日:2012/02/28 書評(書籍)



最近読んだ本の参考文献となっていたのがこの本。生物学系の本は好奇心をくすぐられて結構はまる

前半が生物時計の話。後半が睡眠の話。いずれも、最新の研究成果をわかりやすく説明してくれていい



p3.人間とショウジョウバエは、ほとんど同じ遺伝子を使って時を刻む生物時計を持っています。哺乳類と昆虫が進化的に袂を分かったのは、7億年以上前のこととされていますから、その頃の共通の祖先にはすでに私たちと同じ遺伝子を使った生物時計がそなわっていたわけです



不思議だとか驚異だとかとも思うけど、そういうものだと言われれば、そういうものなのかもしれない。人間とハエというと、なんだろう、昔テレビで見たアメリカ映画、The Flyだっただろうか、それを思い出す。なんか、生物を合体させる真・女神転生のような機械があって、そこに主人公の友達と一緒に紛れ込んだハエが入って、合体してしまうという気味の悪い話があった



p36.病気や生まれつきの理由で視覚を持たない人は、光による生物時計のリセットがうまくできないので外部の時間とずれやすく、睡眠などの障害をきたすことが多いことが知られています

p39.コルチゾールは起床前に分泌が高まり、日中は多く、夜間は少なくなります。メラトニンは逆に夜間の分泌が多いものです。また、成長ホルモンも夜間に分泌されます。昔から「寝る子は育つ」と言われますが、これは睡眠中に成長ホルモンがたくさん出るという事実を反映しているようです



昔、時差ぼけ解消としてメラトニンを服用することが、当時のスチュワーデスで流行っているなどと謳った栄養補助食品があったような気がする。なんだか気味が悪かった。いまはどうなっているんだろう



p41.私たちの体のほとんどの出来事が一日の中でリズムを作っています。たとえば、夜間には皮膚細胞の分裂が盛んになります。それに目を付けた化粧品会社が、日中と夜中に異なる化粧品を使うことを勧め出しました



こういう事例を聞くに付け、何でも知っておきたいと思うもの



p43.1999年にアメリカのチャールズ・ツァイスラーのグループがサイエンス誌に発表した論文によれば、完全に外部の影響をのぞいた環境下では、年齢によらず概日周期はほぼ24時間に近い値で、個人差も30分以内とされています。ただし、アドリブ条件下では25時間に近いのも事実です

p49.「明日、早く起きたい」、あるいは「起きなくてはいけない」という「意志」が、眠っている間にも働いていて、眠っているはずの脳が生物時計を使って、今何時なのかを推測して、起きるための準備を始めていることは確かなのです。この研究から考えて、生物時計は、「今だいたい朝だ」というような大雑把なものではなく、少なくとも10分から15分程度の差は、十分感じることのできる時計だということがわかります



へえ、そういう意志の力ってあるのかと感心。あるものは利用しなければならない。意識改革をしていきたい



p75.生物時計で振り子の役割をはたしているタンパク質は、もちろん振り子時計のように小刻みに振れているわけではなく、24時間周期で増えたり減ったりしています

p76.それにしても、振り子は別にタンパク質の量でなくてもよかったはずです。実際、心臓のリズムは、ペースメーカー心筋細胞に流入するイオンと細胞膜上のイオンチャンネルが、あたかも「ししおどし」のようなしくみを作って、1秒に1回程度の「カチコチ」を作り出しています

p91.面白いのは、この発振機構を、生物時計の中枢であるSCNだけでなく、全身の細胞が持っているということです



20071203060000

google adsense

関連記事

no image

田中章夫「日本語雑記帳」岩波新書

20130113174129 人生を大学からやり直すならば、このような日本語の研究者になり

記事を読む

no image

西岡常一「木に学べ」小学館

学者をやり込めた話。具体的な名前も出てくる。学者に対する不信 経験からくる確信。祖父から教わったこ

記事を読む

no image

藤原和博「味方をふやす技術」ちくま文庫

平易な記載。内容がおもしろく、かつ思索の浅い大衆にとってなかなか示唆に富む。社会人についての絶妙な分

記事を読む

no image

中島義道「働くことがイヤな人のための本」日経ビジネス人文庫

20121231011301 相変わらず身も蓋もなくずけずけと真理を吐く。どうしようもない

記事を読む

no image

小倉昌男「小倉昌男経営学」日経BP社

時節柄、追悼の記事がそこかしこに掲載される。日経ビジネス2005年7月11日号の記事は、この本の執筆

記事を読む

no image

横山秀夫「半落ち」講談社文庫

20140823142713 半落ち (講談社文庫)著者 : 横山秀夫講談社発売日 : 2005-

記事を読む

no image

三谷宏治「一瞬で大切なことを伝える技術」かんき出版

20121121235641 タイトルに惹かれて読んでしまった一冊。こういうノウハウ的なも

記事を読む

no image

加登豊「管理会計入門」日経文庫

これと同じ方の本だ hiog: 加登豊「インサイト管理会計」中央経済社 最近、管理会計の本をよく

記事を読む

no image

斎藤美奈子「文章読本さん江」ちくま文庫

20120205232924 文章術とかレトリックに関する本は私の好むジャンルのひとつ。それらのな

記事を読む

no image

ちきりん「自分のアタマで考えよう」ダイヤモンド社

20121130234411 著者って最近、素性が割れちゃったんだよなあ。その話って、この

記事を読む

google adsense

google adsense

MediaPad M3 LTE プレミアムモデル購入して2か月

20170409130135 もう2か月が経ってしまったけど、記

Windows10アップグレード導入

20160307001116 2台のノートPCにつき、無料のWi

Nexus 6Pが届いた

20151105221617 無事に届いた。 海外荷物受付

Nexus 6Pが発送された

20151103103105 「発送しました」って内容のメールが

Nexus 6Pを発注した

20151031100625 それまでもネット経由でいろいろ調べ

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑