安田佳生「千円札は拾うな。」サンマーク出版②

公開日: : 最終更新日:2012/10/15 書評(書籍)



20071210060000





安田佳生「千円札は拾うな。」サンマーク出版①”の続き



p78.上手な無駄遣いこそが、その会社を豊かにすると言っても過言ではない。なぜなら、会社の業績を伸ばすためには、投資において「無駄なお金」を使うことがどうしても必要だからだ

p83.投資先として最も確実なのは、「人材」と「情報」、そして「ブランド」である。何十倍、何百倍という投資効率を生み出す可能性があるのは、人材と情報、そしてブランドだけだからだ



確かに思う。自分の中で他人で代替できるものはどんどんアウトソースしていかないと、アウトソース分の費用しか稼げなくなる。そしてアウトソースになじむことというのは、まず労働集約的なことだ



p85.ビジネスにおける投資は、投資金額が大きくなればなるほど確率の高い勝負ができる。自分の1億で勝負をするより、借りた5億で勝負したほうが成功する確率が高くなるのなら、借りない理由は見つからない

p86.本当は電車のほうが時間も早く正確なうえ、値段も安い。それでも私があえてタクシーを使っているのは、電車に乗ると心がすさむからだ



タクシーの利用については極めて同感。自分も最近は2回に1回はタクシーを使っている。電車で不愉快なことには事欠かない。一方で良いことは少ない。早く正確に移動できるということもあまりなかったりする。乗り換えに時間がかかるし、正確性に対する信頼性が高すぎて、事故や遅延の類に対する許容度が低くなっているので、余計不愉快だ



p87.なんでワガママな!と罵声が飛んできそうだが、「嫌なことはしない」ということは、とてもまっとうな理由だと思っている。なぜなら、私が日々頑張っているのは何のためかと言ったら、それは「人生を快適に楽しく生きるため」だからだ



上述のとおりの考え方から、他人で代替できることはしたくないと思っている。だから他人が代替できる仕事は嫌なのだ。じゃあ、他人で代替できない仕事とは何か。それは著者も言うように余った時間で創造すればいいのだ



p88.世の中には「アリ」と「キリギリス」しかいないと思っている人があまりにも多い。蓄えは少ないけれど、謳って楽しく過ごすことで厳しい冬を生き抜く力を得ている虫だっているはずだ



これは名言。あれかこれかと二者択一を迫ることで、勝手に土俵を決められて、その中で決めなければならないと思考を誘導されることが多すぎる。そしてそれに慣れてしまうと、それ以外の行動ができなくなる。最近の晩婚化も、結婚の提案が既存のメニューとしてきっちりと提供されていないからだと思ったりする



p90.飲食店でまずいものが出てきたら、店の人に「まずいです」とハッキリ伝えて食べない。これは何を「もったいない」と考えるか、という自分の中の基準の問題である



総論的には賛成だけど、わざわざ自分から、しかもこのようなトゲのある言い方をしなくてもいいだろうとも思う。店側としては大変にありがたい客だけれども



p91.自分の人生を納得できるものにするためには、常識や、他人や社会の基準に惑わされない自分自身の「軸」が必要なのである。そのためには、「明らかな答えのないもの」の答えを考え、自分の「軸」をはっきりさせることが、とても大切なのだ

p93.今、ヨーロッパでは、食事をスモールポーションに分けて提供するのが常識として定着しつつあるが、実はこれは、世界の料理が日本食に出合ったことによって生まれた文化なのだ



ほんとかね。出典あるのかね



google adsense

関連記事

no image

山田真哉「さおだけ屋はなぜ潰れないのか?」光文社新書

万人に薦められる 流行り本系の香りがするので、速やかに売り飛ばすつもりで読み始めた。軽やかに読むこ

記事を読む

no image

マーク・ルイス「悪いヤツほど成功する7つの法則」ベストセラーズ

なぜいま5年前の本を読んでいるのか分からないけど そしてどうでもいいことに気づいたんだけど、KKベス

記事を読む

湊かなえ「告白」双葉文庫

20140413111232 告白 (双葉文庫) (双葉文庫 み 21-1)著者 : 湊かなえ双葉

記事を読む

no image

五十嵐順子「いちばんやさしいネットワークの本」技評SE選書

20120527142708 タイトルに偽りなし。全体の理解のために必要。だだし、やさしすぎるので

記事を読む

no image

花村萬月「父の文章教室」集英社新書

実は、氏の小説は一つも読んだことがない。気にはなってはいるんだが。この本を最初に読んだということは、

記事を読む

no image

ジョン・ウッド「マイクロソフトでは出会えなかった天職」ランダムハウス講談社

本の分厚さに負けず、内容に引き込まれてどんどん読み進めていける題材の良さがある。タイトルとおり、マイ

記事を読む

no image

アーノルド・ベネット「自分の時間」三笠書房

活字の量自体はそれほど多くない。夕食後寝るまでの間に読み終えてしまう、というのはそのとおりだろう。し

記事を読む

no image

和田清華「その夢はいつやるんですか?」ゴマブックス

タイトルが素晴らしい。内容も前向きで多くのティップスに富む。10代後半から30代前半くらいの方に強く

記事を読む

no image

司馬遼太郎「王城の護衛者」講談社文庫①

20130217235157 今日の大河ドラマは、そのまんま、この本の最初の五分の一だった

記事を読む

no image

三谷宏治「観想力 空気はなぜ透明か」東洋経済新報社

20061228222100 なぜ空気は透明か?。タイトルと、この不思議な問い掛けから、な

記事を読む

google adsense

google adsense

MediaPad M3 LTE プレミアムモデル購入して2か月

20170409130135 もう2か月が経ってしまったけど、記

Windows10アップグレード導入

20160307001116 2台のノートPCにつき、無料のWi

Nexus 6Pが届いた

20151105221617 無事に届いた。 海外荷物受付

Nexus 6Pが発送された

20151103103105 「発送しました」って内容のメールが

Nexus 6Pを発注した

20151031100625 それまでもネット経由でいろいろ調べ

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑