安田佳生「千円札は拾うな。」サンマーク出版②

公開日: : 最終更新日:2012/10/15 書評(書籍)



20071210060000





安田佳生「千円札は拾うな。」サンマーク出版①”の続き



p78.上手な無駄遣いこそが、その会社を豊かにすると言っても過言ではない。なぜなら、会社の業績を伸ばすためには、投資において「無駄なお金」を使うことがどうしても必要だからだ

p83.投資先として最も確実なのは、「人材」と「情報」、そして「ブランド」である。何十倍、何百倍という投資効率を生み出す可能性があるのは、人材と情報、そしてブランドだけだからだ



確かに思う。自分の中で他人で代替できるものはどんどんアウトソースしていかないと、アウトソース分の費用しか稼げなくなる。そしてアウトソースになじむことというのは、まず労働集約的なことだ



p85.ビジネスにおける投資は、投資金額が大きくなればなるほど確率の高い勝負ができる。自分の1億で勝負をするより、借りた5億で勝負したほうが成功する確率が高くなるのなら、借りない理由は見つからない

p86.本当は電車のほうが時間も早く正確なうえ、値段も安い。それでも私があえてタクシーを使っているのは、電車に乗ると心がすさむからだ



タクシーの利用については極めて同感。自分も最近は2回に1回はタクシーを使っている。電車で不愉快なことには事欠かない。一方で良いことは少ない。早く正確に移動できるということもあまりなかったりする。乗り換えに時間がかかるし、正確性に対する信頼性が高すぎて、事故や遅延の類に対する許容度が低くなっているので、余計不愉快だ



p87.なんでワガママな!と罵声が飛んできそうだが、「嫌なことはしない」ということは、とてもまっとうな理由だと思っている。なぜなら、私が日々頑張っているのは何のためかと言ったら、それは「人生を快適に楽しく生きるため」だからだ



上述のとおりの考え方から、他人で代替できることはしたくないと思っている。だから他人が代替できる仕事は嫌なのだ。じゃあ、他人で代替できない仕事とは何か。それは著者も言うように余った時間で創造すればいいのだ



p88.世の中には「アリ」と「キリギリス」しかいないと思っている人があまりにも多い。蓄えは少ないけれど、謳って楽しく過ごすことで厳しい冬を生き抜く力を得ている虫だっているはずだ



これは名言。あれかこれかと二者択一を迫ることで、勝手に土俵を決められて、その中で決めなければならないと思考を誘導されることが多すぎる。そしてそれに慣れてしまうと、それ以外の行動ができなくなる。最近の晩婚化も、結婚の提案が既存のメニューとしてきっちりと提供されていないからだと思ったりする



p90.飲食店でまずいものが出てきたら、店の人に「まずいです」とハッキリ伝えて食べない。これは何を「もったいない」と考えるか、という自分の中の基準の問題である



総論的には賛成だけど、わざわざ自分から、しかもこのようなトゲのある言い方をしなくてもいいだろうとも思う。店側としては大変にありがたい客だけれども



p91.自分の人生を納得できるものにするためには、常識や、他人や社会の基準に惑わされない自分自身の「軸」が必要なのである。そのためには、「明らかな答えのないもの」の答えを考え、自分の「軸」をはっきりさせることが、とても大切なのだ

p93.今、ヨーロッパでは、食事をスモールポーションに分けて提供するのが常識として定着しつつあるが、実はこれは、世界の料理が日本食に出合ったことによって生まれた文化なのだ



ほんとかね。出典あるのかね



google adsense

関連記事

no image

野村正樹「上に立つ人の24時間管理術」すばる舎

自分でも、よくもこの類の本ばかり読んでいるという気がする 上司の立場から、時間管理という切り口でハッ

記事を読む

no image

鎌田浩毅「次に来る自然災害」PHP新書

20120702005354 今回の東日本大震災を解説し、そんな災害が発生するに至った前提とし

記事を読む

no image

本田直之「面倒くさがりやのあなたがうまくいく55の法則」大和書房

後行する大きな面倒くさいことを避けるために、先行して小さな面倒くささを積極的に引き受ける。それがメイ

記事を読む

no image

原尻淳一・小山龍介「IDEA HACKS!」東洋経済新報社

確かに電車の中で思いついたことを整理してやっつけ仕事でまとめちゃいましたというニオイのする本だ。軽い

記事を読む

no image

原賀真紀子『「伝わる英語」習得術-理系の巨匠に学ぶ-』朝日新書

面白かった。勉強になるというよりも、参考になる。蘊蓄系の読み物としても楽しい 「英語を習得するのな

記事を読む

no image

春日武彦「精神科医は腹の底で何を考えているか」幻冬舎新書

精神科とか心療内科に思うところがあって手に取った一冊。前のが、少し物足りないということもあって、前評

記事を読む

no image

大山泰弘「働く幸せ」WAVE出版

会社経営の理想。自分の信じた道を進んで、その夢を実現する。ヤマト運輸の後の小倉昌男のよう。政府など時

記事を読む

no image

桜井進「面白くて眠れなくなる数学」PHP

20120317000255 秋葉原の某大型書店で平積みになっていたことが切っ掛けで読み始めた一冊

記事を読む

no image

池上奈生美外著「インプロであなたも「本番に強い人」になれる」フォレスト出版

この程度の本であれば、30分程度で読むべきだろう 一読すると面白くないようにも思える。内容として特に

記事を読む

no image

小堺桂悦郎「なぜ、社長のベンツは4ドアなのか?」フォレスト出版

会計制度の説明も行いつつ、中小企業の節税などに関するちょっとしたティップスを本の体裁にしたもの。難な

記事を読む

google adsense

google adsense

MediaPad M3 LTE プレミアムモデル購入して2か月

20170409130135 もう2か月が経ってしまったけど、記

Windows10アップグレード導入

20160307001116 2台のノートPCにつき、無料のWi

Nexus 6Pが届いた

20151105221617 無事に届いた。 海外荷物受付

Nexus 6Pが発送された

20151103103105 「発送しました」って内容のメールが

Nexus 6Pを発注した

20151031100625 それまでもネット経由でいろいろ調べ

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑