安田佳生「千円札は拾うな。」サンマーク出版③

公開日: : 最終更新日:2012/10/15 書評(書籍)



20071211060000





安田佳生「千円札は拾うな。」サンマーク出版①”と”安田佳生「千円札は拾うな。」サンマーク出版②”の続き



p107.「捨てられるものの量」がその人の「変化値」を決めている

p109.日本人にはよくも悪くも、それまで執着していたものに対する「こだわり」がない



確かに。自分としてはマインド的なこだわりは意識的に捨てるようにしてきたが、物に関してはなかなか捨てられない。思い立ったいま、全然使わない物はどんどん捨てていきたい。年末だし、大掃除で処分するか



p113.関東にオシャレでカッコイイ男性が多いのは、関東の女性がオシャレな男性を好み、甘やかさないからだ。イタリアの男性がオシャレにこだわるのも、イギリスの男性がジェントルマンたろうと努力するのも、アメリカの男性がひたすら体を鍛えるのも、すべてはその国の女性の「好み」が基本になっている



これも本当かね。サポートする事実を知りたい



p116.最悪なのは、彼女にすら飯もおごらず、20代でコツコツ貯金ばかりしているような男である。こういう男は絶対に大成しない。20代という人生で最も大きく成長できるチャンスのときに、持っている「道具」を使わずためておくなんて、まさに宝の持ち腐れである

p125.私の場合、決断を求められたときにどちらを選ぶか、答えを先に決めてしまっている。やるかやらないかというときは、それが新しいものであればやる。今やっていることを続けるか続けないかというときは、それが今までずっとやってきたことならやめる



ちょっとシンプル過ぎる判断基準ですね



p135.「捨てられるものの量」が、その人の成長の度合いを決めているという話を先述したが、物事を変えたがらない人、つまり捨てられない人は、よく「伝統」や「文化」という言葉を使い、自分を正当化する。だがそれは「言い訳」に過ぎない。それまで自分が持ち続けてきたものに固執することと、伝統を重んじることは、まったく別のことだからだ。たとえば、江戸時代には「ちょんまげ」や「刀」が武士の魂のように扱われた。しかし、今はもうそんなことを言う人はいない。これは、ちょんまげや刀が武士の本質ではなかったということを示している。ちょんまげや刀は、その時代の「トレンド」に過ぎない。武士にとって本当に大切な本質とは、もっと根元的なもの、たとえば「潔い生き様」のようなものだと私は思う。だからこそ、私たち現代人は、高潔な生き方をしている人を見ると、敬意を込めて「サムライ」と評す。それは、その人が武士の本質を受け継いでいる人だと感じるからだ。守り受け継ぐべき「伝統」や「文化」というのは、「トレンド」ではなく、そうした本質的なもののはずだ

p138.確かに彼の家は、その店をやってこれまで生活してきた。だから彼は「俺の代でつぶしたらご先祖に顔向けができない」というようなことを言ったのだが、私にはご先祖様がそんなことを望んでいるとは思えない。ひ孫が睡眠時間を削ってふらふらになっても、売り上げの上がらない店を続けてほしいと思っているはずがない。私に言わせれば、先の社名にこだわる社長も、その店の彼も、大切にすべき「本質」を見誤ってしまっている。時代の流れに合わせて、しっかりと利益を生むようなビジネスをやることで家族が豊かで幸せに暮らすことこそ、先祖が喜ぶことであり、大切にしなければならない本質なのではないか



私の親戚に、昔の土地をいつまで持ち続け、何の利用目的もないのに毎年固定資産税を払い続け、体面を保つため上物の家屋の修繕を行っている人がいる。まったく同じことを言ったことがある。土地家屋を残した先代は、住む必要のない家を後生大事に維持管理することをいまでも求めているのか、と。この部分は考えがまったく一緒だったので驚く



p148.「俺がいなければ」と思えるのは、当人にとっては気持ちのいいことかもしれない。だが、彼がいつまでもその状態にいたら、彼自身それ以上成長しないし、会社もそれ以上発展していかなくなる。ある特定の人がいなければ、会社が回らないというのは、会社にとっては決していい状態ではないのだ。自分が成長し、自分がその仕事のキーマンになったら、次はメンバーを育てて、自分がいなくてもできる状態を作ることが必要なのだ。その「自分がいなくてもいい状態」、つまり自分が不要な状態を作ること、これこそが「給料を下げる努力である。自分がいなくても仕事が回るということは、自分のすることがなくなるということである。することがなければ当然成果も上がらず給料も下がるというわけだ。これまでの言い方を使えば、過去に自分で築き上げた仕事と地位を「捨てる努力」と言ってもいい。これまで努力して極めた仕事を捨ているのは、とても勇気のいる決断だ。ましてやそれで給料が下がるとなればなおさらだろう。だが実際には、自分の給料を下げる努力をした人の給料は、さらに上がってしまうのである



この点も考え方が一緒だ。そしてそのとおりやってきた。残念なのは、これまでの仕事を初めてマニュアル化して誰でもできるようにしたところが、その仕事の重要性の主張が根拠を失い、自分の給料が下がっても、「どうしても上がってしまう」ということが実際に経験できていないということだろうか。仕事を抱え込んでしまう人のほうが「遅くまでよくやっている」と評価されてしまう、そういうカルチャーの会社に対してはどう向き合っていったらいいものか



p158.別に起業をしなかったとしても、リスクは常につきまとっているものだ。起業がリスクを伴うと考えている人の多くは、起業をしなければリスクがない、もしくはリスクが減ると感じているようだが、それは大きな間違いである





google adsense

関連記事

no image

小林秀之・神田秀樹『「法と経済学」入門』弘文堂

20121230083453 かなり古くなってしまった。しかし、現在も価値を感じる。各項で

記事を読む

no image

前田和彦「5年後にお金持ちになる海外投資」フォレスト出版

20071218060000 内容的には概ね違和感がない。特に、不動産投資が危ない、外貨預

記事を読む

no image

花村萬月「父の文章教室」集英社新書

実は、氏の小説は一つも読んだことがない。気にはなってはいるんだが。この本を最初に読んだということは、

記事を読む

no image

司馬遼太郎「功名が辻(2)」文春文庫

20050708090000 (2)は、山崎の戦いから始まって、秀吉の天下取りの時代を描く

記事を読む

no image

友野典男「行動経済学」光文社新書

新書のサイズではあるが、事例が豊富で、最初の勉強にはなかなか手頃だ。分厚いのは仕方がない。古典的な経

記事を読む

no image

山田修「タフ・ネゴシエーターの人を見抜く技術」講談社

この人の書き方は凄く偉そうで、また文章もそれほどうまくないんだけど、内容的にはうなずくこと多し。掘り

記事を読む

no image

西口貴憲「すべては戦略からはじまる」ダイヤモンド社

20110730005741 経営戦略を掻い摘んで理解するには最高の本。内容は基本的で、か

記事を読む

no image

佐藤優「獄中記」岩波現代文庫

著者の著作は、これでいったん打ち止め。以下を含めて3冊を立て続けに読んだ 佐藤優「国家の罠-外

記事を読む

no image

団藤重光「法学の基礎 第2版」有斐閣

20120211212529 久しぶりにこんな硬い本読んじゃったなあ。基礎というものの、難しくて最

記事を読む

no image

橘木俊詔・森剛志「日本のお金持ち研究」日本経済新聞社

著者が日本のお金持ちにアンケートを実施し、その結果をまとめて分析を加えたもの。日本の仕組みについて多

記事を読む

google adsense

google adsense

MediaPad M3 LTE プレミアムモデル購入して2か月

20170409130135 もう2か月が経ってしまったけど、記

Windows10アップグレード導入

20160307001116 2台のノートPCにつき、無料のWi

Nexus 6Pが届いた

20151105221617 無事に届いた。 海外荷物受付

Nexus 6Pが発送された

20151103103105 「発送しました」って内容のメールが

Nexus 6Pを発注した

20151031100625 それまでもネット経由でいろいろ調べ

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑