前田和彦「5年後にお金持ちになる海外投資」フォレスト出版

公開日: : 最終更新日:2012/10/15 書評(書籍)



20071218060000





内容的には概ね違和感がない。特に、不動産投資が危ない、外貨預金は意味がない、銀行口座より証券口座を使え、というあたりはもっともだ

言葉足らずと感じる部分も多いが、まあ価格なりの価値は十分にある。タイトルをそのまま受け取るのではなく、タイトルに興味を持つくらいのレベルの人が読むべき内容だという逆説ということだと思う

自分も3年位前までは外貨MMFで運用していたが、証拠金取引を知ってからはやめてしまった。適度なレバレッジが簡単に使えるのに、利用しない手はない。銀行も純粋に決済の目的にのみ使っている。口座維持や振込手数料の観点から必要最低限の残高などを持つことはあるけど。決して銀行にとっておいしい客ではない

最近、諸国で海外投資が盛んであると聞く。日本ではかなり前から海外に投資する投信が盛んに設定されて円安圧力の原因とも言われているし、最近はアメリカも海外投資が増えてきているという。また中国国内の投資家もまもなく外国への投資が解禁されるという。これを踏まえて香港市場がもっとも有望だろうと一財産注ぎ込んだが、この1週間程度では結果は裏目に出ている。この本にも書かれているとおり、短期的な結果で一喜一憂してはいけないのだろうと自戒する



p32.今の預金金利の50倍の話が本当にうまくいくのなら、銀行や機関投資家がみんな投資するのではないでしょうか。銀行や機関投資家は損をするのがわかりきっているから投資しないのです。それなのに投資家は、「リスクなしで50倍の金利がもらえる」といううまい話がなぜ自分のところにくるのかとさえ考えません

p46.経費は必要なものに対して使うお金ですが、それとは逆に、どうでもいいものに対して無駄に使うお金を冗費といいます。騙される人は、個人でも法人でも経費と冗費の区別がつかないのです。海外との交渉に弁護士や通訳を連れて行くのは当然の経費でしょう。にもかかわらず、騙される人はそうした必要最低限の経費をもったいない、冗費だと考え、カットするわけです

p106.私が以前、関東財務局という役所に投資ファンドの届出に行ったとき、役所はその届出を受け取ってくれませんでした。届出というのは書類を提出すればよいのですが、何と手を引っ込めて受け取らないのです。そこで「ここに置いていきます」というと「手渡ししない限り届出したことにはならない」と手を引っ込めたまま言い放ったのです。内容とかそういう問題ではなく、嫌だから受け取らない。これが日本の役所の実体です

p109.日本から離れられないという人は、たいてい身内の問題があるとか、仕事があるとか言いますが、自分で何かしらの理由をつけて、日本から出たくないだけの話です。日本にいながら資産を守ることは不可能です。資産の大部分を日本に奪われることを覚悟しなくてはならないでしょう

p156.アメリカ型のPBは担当者を定期的に交代させることで、お客様と担当者の関係をビジネスライクの状態に保ちます。そうすることで、担当者とお客様の関係が密接になり、担当者とお客様が一緒にほかのPBに移ることを避けるのです。その背景には、同じスタッフに長期間勤めてもらうよりも、随時新しいスタッフと入れ替えたほうがコストが割安になるというアメリカ型の企業経営に対する発想があります。担当者をお客様から切り離し、担当者はいつ辞めても構わない状態にしておくことは、銀行を経営するうえでとても重要なのです

p194.高度成長期は日本のあらゆる企業の業績が右肩上がりの時代でした。みんなが毎日同じことを繰り返しているだけで、自然と業績は上がったのです。だから社員には特別な能力も独自の発想も要求されませんでした。そのとき、社員に格差をつけるためにたまたま使われたのが学歴です。有名大学の出身者は優秀な社員として扱われ、出世コースにのれたのです





google adsense

関連記事

no image

山田真哉「さおだけ屋はなぜ潰れないのか?」光文社新書

万人に薦められる 流行り本系の香りがするので、速やかに売り飛ばすつもりで読み始めた。軽やかに読むこ

記事を読む

no image

野口吉昭「コンサルタントの習慣術」朝日新書

p25.ある都市銀行の方と一緒に仕事をしたときに聞いた話がある。彼は、若いときに、ヒサヤ大黒堂の担当

記事を読む

no image

藤川太「サラリーマンは2度破産する」朝日選書

良書。内容はオーソドクスであり、平均的だ。家計のプランニングにおいて必要最低限のことは網羅されている

記事を読む

no image

宮城谷昌光「新三河物語 中巻」新潮社

hiog: 宮城谷昌光「新三河物語 上巻」新潮社 のつづき 中巻における主な目線は、割合の順とし

記事を読む

no image

金出武雄「素人のように考え、玄人として実行する」PHP文庫

ページを繰るたびに新鮮な刺激を受ける。コンピューターと人、発想の仕方、研究の仕方。素朴な分析と深い考

記事を読む

no image

福岡伸一「動的平衡2」木楽舎

20120416004929 これまでに読んだ著者の本は次の2つ 福岡伸一「生物と無生物のあいだ

記事を読む

no image

松田道雄「定本育児の百科」岩波書店

多世代が同居しない家庭で育児を行うとき、この本を買わなければならない 育児本の古典。著者は数年前に亡

記事を読む

no image

小山龍介「TIME HACKS!」東洋経済新報社

この本"原尻淳一・小山龍介「IDEA HACKS!」東洋経済新報社"の第2弾的な存在。前回同様に結構

記事を読む

no image

梅田望夫「ウェブ進化論」ちくま新書

最近のベストセラー。ちょっと読むのが遅れたけど。「あちら側/こちら側」だの「ロングテール」だの、最近

記事を読む

no image

カーマイン・ガロ「スティーブ・ジョブズ驚異のプレゼン」日経BP社

20110305225307 この本を読んでからスティーブ・ジョブズのプレゼンを見るように

記事を読む

google adsense

google adsense

MediaPad M3 LTE プレミアムモデル購入して2か月

20170409130135 もう2か月が経ってしまったけど、記

Windows10アップグレード導入

20160307001116 2台のノートPCにつき、無料のWi

Nexus 6Pが届いた

20151105221617 無事に届いた。 海外荷物受付

Nexus 6Pが発送された

20151103103105 「発送しました」って内容のメールが

Nexus 6Pを発注した

20151031100625 それまでもネット経由でいろいろ調べ

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑