門倉貴史「出世はヨイショが9割」朝日新書

公開日: : 最終更新日:2012/12/05 書評(書籍)



20071228060000





正直、この本には後悔している。自分の信頼するある書店にて平積みになっていたので買ったのだ。同時に買ったほかの本はなかなかよかっただけに残念

内容は平々凡々としている。しかしここで取り上げるのは、そのような内容でも新社会人に会社の表層的な仕組みを大体理解してもらうには手っとり早いと思うからだ。ここで取り上げられている話はゴシップ的であったり、考え方の重心が定まらず乱暴な主張になっていたりするが、それも含めた総花的な記載となっているところに一定の価値、少なくとも価格なりの価値はあるのだろうと思う



p40.独創性やオリジナリティーが求められる仕事については、先輩サラリーマンはあまり新説に教えてくれない。付加価値の高い仕事ができるからこそ、出世して高い給料がもらえるわけで、そのような秘密を簡単には後輩に教えたくないという気持ちはよくわかる。筆者がシンクタンクに入ったときも、先輩の研究員はいろいろな試算や計算の方法を親切には教えてくれなかった



筆者の実際の経験はそうだったかもしれないが、自分の経験の範囲では、実は、そのような付加価値の高い仕事はないと思うし、先輩が教えてくれないのも、教え方や、そもそも教えるべきこと、そしてその内容まで知らないのだということが、しかもかなりの確率であったりすることに驚く



google adsense

関連記事

Dustin Boswellほか「リーダブルコード」オライリージャパン

20140215005631 リーダブルコード ―より良いコードを書くためのシンプルで実践的なテク

記事を読む

no image

小山龍介「TIME HACKS!」東洋経済新報社

この本"原尻淳一・小山龍介「IDEA HACKS!」東洋経済新報社"の第2弾的な存在。前回同様に結構

記事を読む

佐藤優「サバイバル宗教論」文春新書

20140712165447 サバイバル宗教論 (文春新書)著者 : 佐藤優文藝春秋発売日 : 2

記事を読む

no image

佐藤優「読書の技法」東洋経済新報社

20130428215646 相変わらず、おもしろい 本は外側から攻める。表紙と裏表紙、

記事を読む

no image

金井寿宏「仕事で「一皮むける」」光文社新書

過去に読んだ"金井寿宏・高橋俊介著「キャリアの常識の嘘」朝日新聞社"で紹介されていたことから興味を持

記事を読む

no image

山田ズーニー「伝わる・揺さぶる!文章を書く」PHP新書

文章を7つの要件に分けて丁寧に解説してくれる。意見、望む結果、論点、読み手、自分の立場、論拠、根本思

記事を読む

no image

ダニエル・ピンク「ハイコンセプト」三笠書房

20121014112137 ちょっと古い本だけど、早く読んでおけばよかった。評価の高い本

記事を読む

no image

門倉貴史「こっそり儲ける経済学」三笠書房

20080121060000 前に読んだ別の著作"門倉貴史「出世はヨイショが9割」朝日新書

記事を読む

no image

柴田英寿ほか「オフィスからパソコンがなくなる日」東洋経済新報社

おもしろい。一言で言い表せない多くの内容を含む本。これで1,400円は極めて廉価 パソコン業界と主

記事を読む

no image

堀E.正岳「情報ダイエット仕事術」大和書房

20120130000747 確かに電子メールに対してすぐに見てもらえるという期待をなくしたい。常

記事を読む

google adsense

google adsense

MediaPad M3 LTE プレミアムモデル購入して2か月

20170409130135 もう2か月が経ってしまったけど、記

Windows10アップグレード導入

20160307001116 2台のノートPCにつき、無料のWi

Nexus 6Pが届いた

20151105221617 無事に届いた。 海外荷物受付

Nexus 6Pが発送された

20151103103105 「発送しました」って内容のメールが

Nexus 6Pを発注した

20151031100625 それまでもネット経由でいろいろ調べ

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑