藤井孝一「週末起業」ちくま新書

公開日: : 最終更新日:2012/12/23 書評(書籍)



20071229060000





不況やリストラに立ち向かい、副収入や独立を得るための考え方の整理とノウハウの本。ベストセラーとなった2003年初版当時はタイミングが良かった。しかし、タイミングだけでは計れない本書の魅力がある

下に引用したとおり、サラリーマンに対して勤務先でがんばる以外の選択肢を有効に示せていること。そして、それを自らの経験と自らが集めた他社の経験を引き合いに説得できていることである

いま読むと制度に関する多くの記載はすでに時代遅れになってしまっている。そこは間引いても、本質的な主張は決して色褪せていない

往時のベストセラーとして当時買って放置してあったものを数年経って、いまさら読んだ自分って何?



p041.会社を辞めずに、週末などを利用して二重生活をしていること以外に、彼らに共通していたのは、お金をかけずにはじめたこと、インターネットを駆使していること、などです。そして何より大事なことは、自分の大好きなことをビジネスにしていることです。「自分がすでに持っているものを、どうしたらお金に変えられるのか」を考えることに時間をあてて、結果的にそこからお金を生み出すことに成功していたのです



自分はここをネガティブに読んだ。自分の好きなこと、自分のすでに持っているものを前提としてビジネスを開始することは、一つの大きな制約だと思う。というか、どっか別の本に書いてあった



p048.起業すると仕事が楽しくて、寝てなんかいられないのです。もっと正確にいうならば、仕事が仕事ではなく、娯楽のようになってきます。これは私にとってもパラダイムシフトでした



ここもネガティブに読んだ。仕事を娯楽にしてしまうことがいいのかどうか。娯楽の位置づけを自分で明確にしておかなければならないように思う。自分が楽しいと思うことだけをしていればいいのか、ということをある時期に考え始めるようになる



p050.副業でやるアルバイトが儲からないのは、いちばん安く、いちばん大変で、いちばん割りに合わない仕事を、自分から手を挙げてやらせてもらうことだからです。自分で仕事をデザインせずに、他人のビジネスの末端で、誰でもできる単純な仕事をすることを選ぶのですから、当然そうなります。アルバイトの仕事は割に合わないからこそ、わざわざ募集広告まで出してやり手を捜すわけです



確かに道理だけど、それを言ってはおしまいという気も。ただ、筆者もこの後続けているのは、そのように利用されるのも手だということ。このように、既存の社会の仕組みをスクラッチから考えることができる習慣をもっと意識したい



p053.多くの人が告白していることですが、実は週末起業をすると本業にもプラスの効果が現れはじめます。社外人脈の構築、知識・経験の獲得、ビジネスをトータルに捉える感覚の獲得。少なくとも、週末起業をすると、むしろ本業もがんばる傾向にあります。週末起業をしたために本業がおろそかになったら困るからです



同意



p061.大企業が始める場合でも「新規事業」は最初、赤字です。ではその間。その赤字の「新規事業」を誰が支えているのでしょうか。答えは、すでに軌道に乗っている事業です。投資回収がとうの昔に済んだ、コアになる事業が十分利益を生み出し、「新規事業」を支えることができるからこそ、リスクの伴う冒険ができるのです。それでも企業が新しいことをやるのは「黒字事業」が衰退したとき、その企業を支える次の「黒字事業」を育てておく必要があるからです。振り返って、これを個人に置き換えてみると「黒字事業」を「現在の勤務先」、赤字の「新規事業」を「週末起業」に当てはめることができないでしょうか?



スケールの大小の観点から発想を展開した、上手な主張の好事例だ



google adsense

関連記事

no image

マイケル・ルボーフ「自宅にいながらお金持ちになる方法」ダイヤモンド社②

20071120064500 ”マイケル・ルボーフ「自宅にいながらお金持ちになる方法」ダイ

記事を読む

no image

佐々木紀彦「米国製エリートは本当にすごいのか?」東洋経済新報社

20120501004816 著者のスタンフォード大学への留学記。に近い。留学にかこつけて

記事を読む

no image

石川知裕「雑巾がけ 小沢一郎という試練」新潮新書

20121205232517 面白い。政治が好きだから。小沢一郎が好きだから。有罪判決を受

記事を読む

no image

梅原猛 町田宗鳳『仏教入門 法然の「ゆるし」』新潮社とんぼの本

20111120154722 法然が気になる。正確にいうと、昔から気になっている。子供向けの、日本

記事を読む

no image

司馬遼太郎「王城の護衛者」講談社文庫③

20130320010123 最後まで読んだけど、やっぱり松平容保のところがいちばん面白く

記事を読む

no image

倉田真由美・山崎元「ダメだ!この会社」小学館

第2章以降は会社をいろいろな切り口からダメ出ししてくれる。特に、山崎さんの経験に基づく話が面白い。そ

記事を読む

no image

小阪裕司「招客招福の法則2」日本経済新聞出版社

新聞の連載コラムの単行本化。内容的に日経の堅いイメージとは違うようにも感じるが、日経MJのほうのよう

記事を読む

no image

山根一眞「メタルカラーの時代2」小学館文庫

20111224103333 山根一眞「メタルカラーの時代1」小学館文庫 | hiogの次の巻

記事を読む

no image

日本科学者会議「地震と津波」」本の泉社

20140916183550 地震と津波―メカニズムと備え著者 : 本の泉社発売日 : 2012-

記事を読む

no image

小池良次「クラウドの未来」講談社現代新書

20120228223955 近頃、amazon cloud playerを使い始めた。結構、普通

記事を読む

google adsense

google adsense

MediaPad M3 LTE プレミアムモデル購入して2か月

20170409130135 もう2か月が経ってしまったけど、記

Windows10アップグレード導入

20160307001116 2台のノートPCにつき、無料のWi

Nexus 6Pが届いた

20151105221617 無事に届いた。 海外荷物受付

Nexus 6Pが発送された

20151103103105 「発送しました」って内容のメールが

Nexus 6Pを発注した

20151031100625 それまでもネット経由でいろいろ調べ

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑