林信行「スティーブ・ジョブズ」アスキー



20080102060000





こんな大判で写真が豊富な本だとは思わなかった。ジョブズ関係の情報に触れる機会が多く、その理由のひとつがこの本にあることを知って購入したもの。写真が多く、内容も平易なので実際には2時間程度で読み終わる分量。このように生きられたらいいと思う

アップルやスティーブ・ジョブズを知るための入門書としては適切な本だ。これを踏まえてもう少し詳細な評伝に当たるか考えたい

昔、アップルの株式を持っていたことがある。iMacが出たころに売却して少しの利益を出した。その後の猛進の果実を得られなかった。自分の相場観のなさを感じる

当初mp3プレーヤーとして携帯電話の機能を使っていたが、その限界を感じ、去年の秋にiPodを購入し、同時にソフトもiTunesに切り替えた。しかし、このソフトが重いので大変だ。いまもiTunesでブルックナーの交響曲6番を聞いているが、能動的に動かしているソフトがあとはFirefoxとTerapadだけなのに、メモリの使用割合は84%にまで行っている。常駐ソフトも多いということもある

Windowsが動く以上、次に買うパソコンもアップルでいいのではないかと思ったりもする。そういう思いを補強させてくれる本だ



p015.ジョブズのエキスポの講演は、ウェイン・グレツキーというアイスホッケー選手の言葉を借りて締めくくられた。「私が目指すのは玉が向かう先であって、それがあった場所ではない」

p027.ジョブズは、ウォズニアックが開発していたコンピューターの商品化の話を方々に持ちかける。しかし、ヒューレット・パッカードやアタリの経営者らは、趣味の同好会のコンピューターがビジネスになろうとは思いも寄らず、取り合ってくれなかった

p027.アップル、つまりリンゴは、当時、果食主義者だったジョブズのお気に入りの食べ物だった

p031.その一方で、アップルを会社らしく見せる努力も始めた。納品した12台の売上金で、郵便用の住所を取り、電話受付サービスに申し込み、雑誌2冊に広告を出す

p031.「物事を自分が思う方法で好きにやるチャンスを手に入れたんだ。もはやアタリを辞めても失うものは何もないと思った」

p037.ジョブズは瞑想の妨げになる騒音を嫌い、アップルIIに冷却ファンを内蔵することを嫌がった

p042.トリップ・ホーキンズはジョブズの信念の強さをこう評している。「スティーブのビジョンの強さは恐ろしいところがある。スティーブが、一度こうだと信じたら、そのビジョンの強さによって、どんな反対や障害もはねのけられ、消滅してしまうんだ」

p049.ジョブズと一緒にリサの計画を練ったトリップ・ホーキンズは、「スティーブは人を激励するのが本当にうまかった。ごくありきたりの目的に宇宙規模の使命感を持たせることができたのだ」と評している

p050.「僕たちはマックを誰のためでもない自分自身のためにつくっている。我々が問題にしたのは、そのマシンが素晴らしいかどうかであって、わざわざ市場調査をしようなどとは思わなかった」

p050.アップルIIのときと同様、ジョブズのこだわりは、内部の基盤にまで及び、「偉大な大工は、誰も見ないからといってキャビネットの裏側にひどい木材を使ったりはしない」と言って、最初に完成した基盤を突き返した

p065.「コンピューター製品の寿命は短いが、ディズニーの白雪姫のような優れた作品は何十年の時を経ても生き続ける」あるインタビューでジョブズが語った言葉だ。彼のクリエイターとしてのスタンスは、この言葉に集約されている

p066.ジョブズは、社内のクリエイターをそうしたいざこざに巻き込まれないように防波堤の役目を務めた。ラセターは言う。「ビジネス上の問題はいろいろあるようだが、スティーブは常に矢面に立ってくれた。だからわれわれは、そういった問題をさほど気にせず、作品の製作に集中できた」彼はまた、ジョブズが作品に対して示すアドバイスにも敬意を払う。毎月、製作中のラッシュを確認し、作品に少しでも手抜かりがあると、それを見抜いて「お前がやりたいのは本当にこんなことなのか」と問いただしてくるという。「そしてお金や制作の遅れを気にして妥協するよりも、後悔しないように、本当に満足がいくまで作品づくりをするように諭していくのさ」初代マックの開発で海賊をアーティストに仕立てようとしていたジョブズは、いつの間にか本当のアーティストたちのリーダーにもなっていた

p092.ジョブズは悪あのユーザーインターフェースの要素を、まずはスライドで披露、「ボタンのデザインだけでも数ヶ月を費やした」ことを明かした

p110.iTunesストアで、もう一つ画期的だったことは、曲の価格が一律99セントと低価格だったこと。低価格であることは、違法ダウンロードと競争していく上では重要なことで、この価格はアップルがほとんどマージンを取らないことで成り立っていた。アップルは曲の販売では儲けず、代わりに曲を聴くためのデバイスであるiPodの売り上げから利益を得る戦略を取ったのだ





google adsense

関連記事

no image

佐藤優「交渉術」文春文庫

20120227001208 交渉術というのも、私が好むジャンルのひとつ。だた、これは交渉術にかこ

記事を読む

no image

林田正光「リッツ・カールトンで学んだ仕事でいちばん大事なこと」あさ出版

ホテル勤務経験の長い著者による接客サービス術に関する知見の集大成。頷ける記述が多く、買って正解。

記事を読む

no image

田中靖浩「儲けるための会計-強い経営をつくる管理会計入門」日本経済新聞社

20090223190000 若干、古い本だが、管理会計の入門書として評判が良いので読んで

記事を読む

no image

佐藤富雄「コロリ力」経済界

面白い内容でスラスラと読み進められる。たまたま温泉に行っていたときに読んでいた本。そういう読んだとき

記事を読む

no image

渡辺賢治「日本人が知らない漢方の力」祥伝社新書

20120915111952 これを読むと、大したことのない病気でも漢方の専門医に診てもら

記事を読む

no image

山根一眞「メタルカラーの時代2」小学館文庫

20111224103333 山根一眞「メタルカラーの時代1」小学館文庫 | hiogの次の巻

記事を読む

no image

青木高夫「ずるい!? なぜ欧米人は平気でルールを変えるのか」ディスカヴァー携書

内容がコンパクトにうまく整理できている良書 ホンダの人。排ガスやF1のルールについての言及 よー

記事を読む

no image

金谷武洋「日本語に主語はいらない」講談社選書メチエ

20111113231930 言語学というのだろうか。日本語の構造についてのタイトルどおりの内容の

記事を読む

no image

丸紅経済研究所監修・造事務所編著「コーヒー1杯からわかる経済」大和書房

20090311231000 この本の最大の魅力はイラスト。すごく変で面白い。忘れられない

記事を読む

no image

安田佳生「千円札は拾うな。」サンマーク出版②

20071210060000 ”安田佳生「千円札は拾うな。」サンマーク出版①”の続き

記事を読む

google adsense

google adsense

MediaPad M3 LTE プレミアムモデル購入して2か月

20170409130135 もう2か月が経ってしまったけど、記

Windows10アップグレード導入

20160307001116 2台のノートPCにつき、無料のWi

Nexus 6Pが届いた

20151105221617 無事に届いた。 海外荷物受付

Nexus 6Pが発送された

20151103103105 「発送しました」って内容のメールが

Nexus 6Pを発注した

20151031100625 それまでもネット経由でいろいろ調べ

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑