門倉貴史「こっそり儲ける経済学」三笠書房

公開日: : 最終更新日:2012/10/14 書評(書籍)



20080121060000





前に読んだ別の著作“門倉貴史「出世はヨイショが9割」朝日新書”と同じ印象を受ける

広範囲にわたって様々なことの概要が書かれており、目次を見てまったくイメージが持てない読者層が知識の幅を広げ、発想を豊かにするための触媒の一つとしてであれば、読む価値がある。その意味からは、所要時間は30分程度か

愉快でないのが、タイトルで提示した問いに満足に答えられていないこと。本のタイトルも、中の小見出しにも。なぜ中村屋のカレーが人気を集めたのか、周辺の事実の紹介だけで理由の記載がない。また、スターバックスがなぜ消費者の心をとらえたのか、水不足がなぜ最大のビジネスチャンスなのか、説得力のある理由を提示できていない

これで顕名で出版するほどの内容かという気がする



google adsense

関連記事

no image

マニュアルの存在理由/森博嗣「常識にとらわれない100の講義 」大和書房⑤

20130405010158 私はマニュアルの効用を完全に信じている。しかし、マニュアルの

記事を読む

no image

安田佳生「千円札は拾うな。」サンマーク出版②

20071210060000 ”安田佳生「千円札は拾うな。」サンマーク出版①”の続き

記事を読む

no image

冨山和彦「会社は頭から腐る」ダイヤモンド社

この人の容姿がいまいち好きになれない。しかし、この本を強く勧める人がいて、読んでみることにした。結果

記事を読む

no image

デイル・ドーテン「笑って仕事をしてますか?」小学館プロダクション

この本も、買ってから2年くらい放っておいたものだ。なぜ今まで読まなかったのかと後悔しきり。しかも当時

記事を読む

no image

坂本桂一「頭のいい人が儲からない理由」講談社

20070717003000 かなり刺激的な本だ。とりわけ、学校の成績や会社での評価の高そ

記事を読む

no image

ショーンKほか「成功前夜 21の起業ストーリー」ソフトバンクパブリッシング

起業モノは好きなんです。そこで、この本は外せなかった まず表紙を開いたところに配置されている著者の

記事を読む

no image

野村正樹「「鉄道式」時間活用術」講談社

最近、この本の文庫版が出たような気がする。それを契機に昔から気になっていたこの本を読んでみた 目の

記事を読む

no image

今井雅人「外国為替トレード勝利の方程式 投資を極める!本当は教えたくないプロのノウハウ」日本実業出版社

20050905224400 程よくまとまっている外国為替取引のノウハウ本。難しそうな取引

記事を読む

no image

山口正洋ほか「ヤバい日本経済」東洋経済新報社

20141019105250 ヤバい日本経済著者 : 山口正洋東洋経済新報社発売日 : 2014-

記事を読む

藤田紘一郎「人の命は腸が9割 ~大切な腸を病気から守る30の方法」ワニブックスPLUS新書

20140204231325 人の命は腸が9割 ~大切な腸を病気から守る30の方法 (ワニブックス

記事を読む

google adsense

google adsense

MediaPad M3 LTE プレミアムモデル購入して2か月

20170409130135 もう2か月が経ってしまったけど、記

Windows10アップグレード導入

20160307001116 2台のノートPCにつき、無料のWi

Nexus 6Pが届いた

20151105221617 無事に届いた。 海外荷物受付

Nexus 6Pが発送された

20151103103105 「発送しました」って内容のメールが

Nexus 6Pを発注した

20151031100625 それまでもネット経由でいろいろ調べ

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑