田中森一「反転」幻冬舎

公開日: : 最終更新日:2012/03/10 書評(書籍), 有罪判決



登場する人物や機関のものの考え方がわかる。世間を騒がせた刑事事件の内幕がわかる。大きな金の動いている場面がわかる。上層部と下層部がつながっているところがわかる

失礼ながら、当初は著者は少しおかしい人なのかという予断があった。しかし、文章を読んでいると、著者は頭の切れを感じ、にわかに信じがたい内容も真実性を帯びて見える

著者が検察の組織に対して失望し、アウトローな人たちに対する親近感を強めていく部分は読ませる力を感じる

建前と本音の違う世界がここにもあるかと思うが、今回のポイントは、それを追求する国家機関が事実上存在しないというところだ。自分自身が追求するわけにもいかない。決して将来的にも検事が現職時代のことがらについて刑事捜査されることはないと言って差し支えない



p143.「うちと同和団体とのあいだに取り決めがあって、動こうにも動けへんのです」税務署の幹部はこうも言う。大阪国税局長と部落解放同盟近畿ブロックとのあいだで、関連企業や関係者の税務処理に関する取り決めができていた

p152.「私が了解しないばっかりにここまで手間をかけて、事務官に申し訳ありません」「そう思うやろ。書き直しても大して変わらんのやから、もうこのへんでええんと違うか」結果、落ちた。「わかりました。本意ではありませんが、あまりにも気の%E

google adsense

関連記事

no image

原賀真紀子『「伝わる英語」習得術-理系の巨匠に学ぶ-』朝日新書

面白かった。勉強になるというよりも、参考になる。蘊蓄系の読み物としても楽しい 「英語を習得するのな

記事を読む

no image

マイケル・ボルダック「1063人の収入を60日で41%アップさせた目標達成する技術」フォレスト出版

20090905205640 おもしろい本だけど、ベストセラーにまでなるような本かな。内容

記事を読む

no image

渡辺賢治「日本人が知らない漢方の力」祥伝社新書

20120915111952 これを読むと、大したことのない病気でも漢方の専門医に診てもら

記事を読む

no image

門倉貴史「こっそり儲ける経済学」三笠書房

20080121060000 前に読んだ別の著作"門倉貴史「出世はヨイショが9割」朝日新書

記事を読む

no image

清水克衛ほか「本調子」総合法令

読書と成功を紐付ける。明るい、前向き、アツい、ワクワク感。有名だったり、そうでなかったりする6人の著

記事を読む

no image

山名宏和「アイデアを盗む技術」幻冬舎新書

20111210235255 正直、序盤は退屈だったが、尻上がりに面白くなってきた新書。この著作な

記事を読む

no image

後藤忠政「憚りながら」宝島社

ヤクザの歴史や論理が分かって興味深い。なぜ昔のヤクザは顔に傷があるのか。なぜ山口組が大きな組織となっ

記事を読む

no image

ブライアン・トレーシー「フォーカル・ポイント-労働時間を半分にして、生産性と収入を倍にする思考術-」ディスカヴァー・トゥエンティワン

20120306191328 ブレット・ポイントで整理してくれているところが多く、直ちに役立つ。た

記事を読む

no image

チャールズ・R・ジェンキンス「告白」角川書店

何せ、本人が書いたのだから真実味を帯びている。この件にはテレビ報道でしか理解していない。しかし、同時

記事を読む

no image

ムギ「インディでいこう!」ディスカヴァー・トゥエンティワン

20060602034600 装丁がカッコいい。読むのが早い人なら20分程度で読み終わる内

記事を読む

google adsense

google adsense

MediaPad M3 LTE プレミアムモデル購入して2か月

20170409130135 もう2か月が経ってしまったけど、記

Windows10アップグレード導入

20160307001116 2台のノートPCにつき、無料のWi

Nexus 6Pが届いた

20151105221617 無事に届いた。 海外荷物受付

Nexus 6Pが発送された

20151103103105 「発送しました」って内容のメールが

Nexus 6Pを発注した

20151031100625 それまでもネット経由でいろいろ調べ

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑