木下是雄「レポートの組み立て方」ちくま学芸文庫

公開日: : 書評(書籍)

この本を読んで、特に目新しい感じは持たなかった。同様の本ばかり読んでいるからだ。だか自分の得たものという意味では、これまでの理解を補強する事実のメモに終わった感がある。悩ましいのは、同じ本がたくさんあって、その本がどれも決定版らしく見えるものの、それぞれによい特色を持っていて甲乙つけがたいこと。本書もその一つにあたる 特にチャーチルが官僚にあてたレポートの書き方に関する指示は興味深かった。自分も最近、かなり上席の人に対しても、普通はちょっと勇気のいるようなぶっきらぼうな書き方をしているのも、この点の意識があるのだと思う。ウヌボレだが、やはりそういうぶっきらぼうな書き方のほうがわかりやすくていいと思う。内容が伴ってこそだ
p026.事実とは証拠をあげて裏づけすることのできるものである。意見というのは何事かについてある人が下す判断である。ほかの人はその判断に同意するかもしれないし、同意しないかもしれない p041.理論(theory)証明になりそうな事実が相当にあるが、まだ万人に容認させる域には達していない仮説。たとえば進化論 p172.ドナルド・キーンの言葉:「鮮明でない言葉はフランス語ではない」という言葉があるが、日本語の場合、「はっきりした表現は日本語ではない」といえるのではないか。…数年前に日本人に手紙を出したが、その中に「5日間病気でした」と書いたので、友人は「日本語として正確すぎる」と言って「5日ほど」と直してくれた p175.チャーチルの言葉:複雑な要因の分析にもとづく報告や、統計にもとづく報告では、要因の分析や統計は付録とせよ。思い切って、短い、パッと意味の通じる言い方を使え、くだけすぎた言い方でもかまわない p196.私は図のような構造のぶんを逆茂木型の文と呼ぶ。ご承知と思うが逆茂木というのは、ヨロイ・カブトの時代に、敵が攻めこんでくるのを防ぐために樹を伐り倒して尖った枝を外に向けて並べてつくった障害物のことだ p204.ある米国人の反応は、私には意外なものだった。「ぼくらだって、当然、理由を先に考える。結論はその後からだ。しかし、ぼくらは、ひとに話すときには結論から先に言うようにしっかり教育されているんだ」
20080130060000

google adsense

関連記事

伊藤邦生「年収1000万円の貧乏人 年収300万円のお金持ち」中経出版

20130821012021 年収1000万円の貧乏人 年収300万円のお金持ち著者 : 伊藤邦生

記事を読む

no image

佐久協「高校生が感動した「論語」」祥伝社新書

20070517001200 孔子ってあんまり好きじゃない。なんか言っていることが破綻して

記事を読む

no image

林則行「「銅メダル英語」をめざせ!」光文社新書

20120818045503 英語って、やっぱり、日本人にとってのひとつの引っかかりなんだと思

記事を読む

no image

林成之「勝負脳の鍛え方」講談社現代新書

筆者をテレビの特集で見たことがあると思う。脳外科の救急病院で、従来では助からないような脳障害の救急患

記事を読む

no image

一川誠「大人の時間はなぜ短いのか」集英社新書

タイトルどおりの内容かというと、少し偽りがあるような気がする。実際の内容は、もっと広範。新書という性

記事を読む

no image

シティランナー編「ゼロからのマラソン」学習研究社

マラソンを最近考えていて、基礎的な理解のためにまず手に取った本。確かにタイトルどおりの内容。はじめて

記事を読む

no image

内藤誼人「悪魔の対話術」ダイヤモンド社

著者の本はたくさん読んでいる。メモをとったのは、これだけだけど hiog: 内藤誼人「勝つための「

記事を読む

no image

村上隆「芸術起業論」幻冬舎

刊行当初から雑誌の書評などで取り上げられていたので読むつもりでいた。近い具体的な知人からの薦

記事を読む

no image

金森誠也監修「30ポイントで読み解くクラウゼヴィッツ『戦争論』」PHP文庫

こっち用に購入した本のうちの1つ 戦争を専門家として分析したのであって、正当化したのではない。なん

記事を読む

no image

竹村健一「竹村健一の最後に勝ちを拾う発想法」青春出版社

微妙だよな。興味深い事例に溢れており、楽しく読み通すことができる。そして著者の主張にも概ね首肯できる

記事を読む

google adsense

google adsense

MediaPad M3 LTE プレミアムモデル購入して2か月

20170409130135 もう2か月が経ってしまったけど、記

Windows10アップグレード導入

20160307001116 2台のノートPCにつき、無料のWi

Nexus 6Pが届いた

20151105221617 無事に届いた。 海外荷物受付

Nexus 6Pが発送された

20151103103105 「発送しました」って内容のメールが

Nexus 6Pを発注した

20151031100625 それまでもネット経由でいろいろ調べ

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑