山田ズーニー「話すチカラをつくる本」三笠書房知的生きかた文庫

公開日: : 最終更新日:2012/02/10 書評(書籍), 文章術/レトリック



極めて平易に、話すチカラをつける方法を教えてくれる。正攻法であり、しかも必要なことは容易。分量も少ないので30分くらいで2回読み終わるイメージで何度も読んで身につけてしまおうと思わせる

特に病気を克服しようと気負うよりも一度受け入れてしまうという話は、本論からは外れた部分かもしれないが、興味深かった

信頼をどのように獲得するかという点も著者の明快な説明があっていい。これが最後に出てきてこの本のまとめになっていくところは構成がうまい

挿絵も雰囲気が出ている。装丁の緑と黄色と白のコントラストもなかなかいい。机に飾っておくだけでも価値がありそうだ



p41.伝わる7つの要件。1.自分のメディア力 2.意見 3.論拠 4.目指す結果 5.論点 6.相手にとっての意味 7.根本思想

p46.いまの若い人が、「考えることを放棄して、その結果、苦しんでいる」。受験生を指導していた友人に言われたのですが、学習にしても、進路にしても、「苦しんでいることを自覚していれば、まだいい」と。「何となくで生きている子たちこそ、いま受けている傷は深いのではないか」

p72.その移った病院で、母は回復の契機をつかんだのです。それは、お医者さんのあまりにも意外な一言でした。「(心臓病になったのだから、治療しても)もとの(健康体の)ようには元気になりません」という言葉です

p76.正論が通じない理由のひとつは、正論を言うとき、自分の目線は、必ず相手より高くなっているからです

p89.これがわかったら、大丈夫。「カラスって黒いですよね」で通じ合いましょう。自分も相手も想いは同じ、だって、もともと誤解なのですから。「カラスは黒い」が共感ポイントです

p100.これは、つながりの危機です。過去から現在そして未来へと続く時の中で、その人がなんのつながりも、脈絡も持たず、ブツッ、ブツッと途切れた感じでいる。こういう状態は不安になります

p102.信頼されない条件をひっくり返すと信頼の条件が見えてきます。そう、「つながり」を示すことです。1過去→現在→未来という、時間の中での、その人の連続性 2その人と、人や社会とのつながり

p107.過去→現在→未来のつながりの中で指示されると、人は、意味・やりがいを感じます。「編集をがんばっていた山田さんですね」「新しい部署の人に、こんなスゴイ編集の世界があることを教えてやってくれ!」



20080206060000

google adsense

関連記事

no image

デブラ・E・メイヤーソン「静かなる改革者」ダイヤモンド社

タイトルやその考え方には唸らせるものがあったが、実際に内容を読んでみると、アメリカの本の邦訳によくあ

記事を読む

no image

竹内一郎「人は見た目が9割」新潮新書

だいぶ前、この本が流行っているころに読んだのだが、メモするのがだいぶ遅れた。改めて読み直してみると、

記事を読む

no image

藤原和博「お金じゃ買えない。」ちくま文庫

こういう本や、こういう本を読んだので、せっかくなので、あわせて読むことを勧められていたものを読んでみ

記事を読む

no image

井沢元彦「古寺歩きのツボ」角川oneテーマ21

おもしろかった。内容は簡単。しかし、半分以上は既に知っている知識だったので、これは話半分というところ

記事を読む

no image

粂和彦「時間の分子生物学」講談社現代新書①

最近読んだ本の参考文献となっていたのがこの本。生物学系の本は好奇心をくすぐられて結構はまる 前半が

記事を読む

no image

青木高夫「ずるい!? なぜ欧米人は平気でルールを変えるのか」ディスカヴァー携書

内容がコンパクトにうまく整理できている良書 ホンダの人。排ガスやF1のルールについての言及 よー

記事を読む

no image

ダイヤモンド社編訳「世界で最も偉大な経営者」ダイヤモンド社

これを読むと、偉大な経営者は時代の波にうまく乗った者ということができるのではないかと思う。そうでない

記事を読む

no image

津田倫男「60歳からのチャレンジ起業」KKベストセラーズ

あっさりして読みやすい導入の書 定年間近の人に勇気を与える。内容はすべて納得できることばかり。起業

記事を読む

no image

中西輝政「情報亡国の危機」東洋経済新報社

インテリジェンス関係の本は好んで読むもののひとつ。と言うと、かなりとんでもない印象を持たれかねないか

記事を読む

no image

ウィリアム・リード「記憶力・発想力が驚くほど高まるマインドマップ・ノート術」フォレスト出版

20060830014300 読書術や自己啓発に関する本は結構読む。そしてその中でよく出て

記事を読む

google adsense

Comment

  1. 山田ズーニー『話すチカラをつくる本―この一冊で想いが通じる! 』

    話すチカラをつくる本―この一冊で想いが通じる! (知的生きかた文庫 や 25-1)山田 ズーニー三笠書房このアイテムの詳細を見る
    今回は、山田ズーニー『話すチカラをつくる本―この一冊で想いが通じる! 』を紹介します。本書を読んでみると、コミュニケーションの基礎を学ぶことが出来ます。
    自分の想いが伝わる7つの要件
    1、相手から見た自分の信頼性は?(メディア力)
    →つながり(時間軸;過去→現在→未来、社会や人とのつながり)
    2、自分が一番言いたいことは?(意見)
    3、意見の根拠は?(論拠)
    4、誰がどうなることを目指すのか?(目指す結果)
    →人の心が動くのか(納得・共感・発見)
    5、今、どんな問いに基づいて話しているのか?(論点)
    →問い(論点)と答え(意見)の関係、論点→論拠→意見、
    自問自答を繰り返すことが考えることになり、それが問い(論点)を探すことになる。
    6、自分がいいたいことはあなたにとって何の意味がありますか?(相手にとっての意味)
    →相手理解(納得・共感・発見)から信頼へ
    7、自分の根っこにある思いは何か?(根本思想)
    →どんな気持ちで伝えるか?

google adsense

MediaPad M3 LTE プレミアムモデル購入して2か月

20170409130135 もう2か月が経ってしまったけど、記

Windows10アップグレード導入

20160307001116 2台のノートPCにつき、無料のWi

Nexus 6Pが届いた

20151105221617 無事に届いた。 海外荷物受付

Nexus 6Pが発送された

20151103103105 「発送しました」って内容のメールが

Nexus 6Pを発注した

20151031100625 それまでもネット経由でいろいろ調べ

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑