長谷川高宏「毒ギョーザ騒動と危険妄想のウソ」週刊東洋経済2008.2.16

公開日: : 最終更新日:2012/02/10 書評(雑誌), 週刊東洋経済

・どうやら“事件”の様相が強まってきた。JTの子会社が販売していた中国製商品によって各地で食中毒が引き起こされた毒入りギョーザ問題 ・しかし、世の中は今回の事件を「特殊なケース」とはとらえていないようだ。事件後の報道を見ても、中国商品の危険性をあおる見出しであふれている。一部の外食産業は「中国で最終加工している食品のうち加工度の高い一部の使用を見送る」(すかいらーく)対策をとったが、「暫定措置」であるにもかかわらず、「『中国製加工食品の使用をすべて中止』など、行き過ぎた報道のされ方をした」(同)と困惑する ・中国からの輸入食品が他国に比べ際立って危ないことを示す日本国内での“証拠”はない。検疫で見つかった輸入食品の食品衛生法違反を見ると、中国の違反件数は530件と絶対量こそ最大だが、これは輸入量が多いことと検査件数自体が多いため。違反が見つかる確率=違反率を見ると、エクアドルやベトナムなどのほうが高い
中国食品の危険性は、マスコミが一般化して報道している。しかし、まるで信用されていない。むしろ逆が真実ではないかと思わせる そのとおり。世の中は今回のケースを特殊なケースととらえている。私もそうだ 自分もこの餃子食べていたが、それが原因で体を壊したことはない。今回の報道で実際の工場の中を見てオペレーションを確認できたということは、むしろ上位レベルの中国食品の安全性を確認した気分だ 今後も中国食品であるという理由で購買を控えるということはしない 外食であれば中国食品であるか否かを確認すること自体が難しい。最終的には食品を提供するブランドの問題。昔からあることだ カゴメに中国産の材料を使っていることの安全性を聞いたことがある。使っていること自体は認め、チェック体制をしっかりしているという返事だった。あの会社なら大丈夫だろうと思わせられた そういう意味では、JTはブランドとは思えない。これまでもそうだったし、今後もそうだ。生協はブランドだと思っていた。ここに対する非難は激しかろう こういうときに、自分も同じ餃子を食べていたからと、特段のクレームを行うものではない。すでに多くのクレームがあるだろう。自分がさらにクレームしたところで生かされるかどうかわからない。向こうは神妙に聞くに決まっている。市場のルールとしては、今後このブランドからの購入を見合わせるということだ うっすらと気になるのは、店として魅力を感じないチェーン店のほうが確実に食の安全性は高いということ。安全性を考えるなら退屈でもチェーン店のほうがいいか なお、残念なのは避けられた被害のこと。最初に気がついてからの当局の連絡ミス。人が足りないのか?いい加減なのか? 20080216060000

google adsense

関連記事

no image

辻秀一「バレンタイン監督に学ぶ周りを巻き込む力(ビジネス・アカデミア)」週刊ダイヤモンド2005/10/29

私は野球をしない。観戦も行わない。プロもアマも問わず。稀に、おそらく10年に1度くらいはどうしても外

記事を読む

no image

山川龍雄「編集長インタビュー 小林健氏(三菱商事社長)内向きの時代に抗う」日経ビジネス2011.12.26・2012.1.2

20120109114821 雇用者側に理がある。しかし、学生だって、そのように教わってきているん

記事を読む

no image

リチャード・カッツ「外資ファンドのように日本の株主も声を出せ(世界の視点)」週刊東洋経済2007.8.11-18

昔読んだ本に、日本の近代産業勃興期の電力会社や鉄道会社の買収などを扱ったものがあった。そういうことは

記事を読む

no image

山村武彦「過去の大災害が揃って周年を迎える不気味な年に(特集総予測2007)」週刊ダイヤモンド2006/12/30・2007/01/06新年合併号

代表性というか、たまたま周年の一致するものを集めた気がする。統計のマジックという部分で割り引いて読む

記事を読む

no image

松崎隆司「三澤千代治氏[ミサワインターナショナル社長]『200年住宅』で夢よ再び」日経ビジネス2008年2月11日号

20080219060000 ・大学4年生の時、駅のホームを歩いていて突然大量の血を吐き、救急

記事を読む

no image

石川潤「アイフル全店処分の必然(時流超流)」日経ビジネス2006年4月24日号

与謝野大臣については前にも気になったことがあった。"「金融相、信用取引、担保除外を批判―ライブドア株

記事を読む

no image

後田亨「現役セールスマンが教える保険販売の”ウラ側”と対処法」週刊ダイヤモンド2008/02/02

20080207060000 数年前に保険を全面的に見直した。悪い商品を解約して、良い保険商品に乗

記事を読む

no image

塩田潮「政権奪取は可能か 試される小沢代表(Focus政治)」週刊東洋経済2007.9.1

普段、一応目を通すものの大体は特に強い感想も持たないコラムである。今回は、次の件だけが気になった ・

記事を読む

no image

塚田紀史「『マルクスは生きている』を書いた不破哲三氏に聞く(Books & Trends)」週刊東洋経済2009.6.13

週刊東洋経済の懐の深さ。この号は、リクルートやYahoo!などの広告業の特集もおもしろいし、佐藤優の

記事を読む

no image

内田通夫「マスメディアは事件を消費するだけか 耐震偽装事件に賞味期限はない(アウトルック)」週刊東洋経済2006.11.25

報道のいい加減さ、狡さの例。極めて共感したコラムだった 結局、記者クラブでなかよく開示された報道資

記事を読む

google adsense

google adsense

MediaPad M3 LTE プレミアムモデル購入して2か月

20170409130135 もう2か月が経ってしまったけど、記

Windows10アップグレード導入

20160307001116 2台のノートPCにつき、無料のWi

Nexus 6Pが届いた

20151105221617 無事に届いた。 海外荷物受付

Nexus 6Pが発送された

20151103103105 「発送しました」って内容のメールが

Nexus 6Pを発注した

20151031100625 それまでもネット経由でいろいろ調べ

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑