堀越千代「ゲレンデに客を呼び戻した白馬五竜スキー場の挑戦(カンパニー&ビジネス)」週刊東洋経済2008.3.22

公開日: : 最終更新日:2013/01/19 書評(雑誌), 週刊東洋経済



20080502060000

そのとおりだと思う。それが原因でスキーがあまり好きではなくなったようにも思う。そういったいろいろなことを一つ一つ改善していくことで楽しむためにくるスキー客の楽しみ部分をどんどん濃縮化させていくということは、別のビジネスでも当てはまる



・「客はリフトに乗りに来るのではない。スキーを楽しむために来る」。客が求めるものとスキー場に不足しているものを、一つずつ照らし合わせていった

・一流のスキー用具を提供するレンタルショップを設置した。スキー場のレンタル店で借りると、たいていの場合、使い古したボロボロの用具が出てくる。だが、いくら初心者とはいえ、それではスキーの楽しみを十分に感じることなどできるはずがない。つまり、マーケットが育たない





google adsense

関連記事

no image

須賀彩子「不動産市場に忍び寄る地殻変動で生き残り図る新興不動産の”逆バリ戦略”(産業レポート)」週刊ダイヤモンド2007/10/20

これって理屈がおかしいですよね。善解しても、相当端折った書き方か、または文章が推敲されていないという

記事を読む

no image

池田光史ほか「失業、減給時代を、どう生き抜くか(特集 大失業・減給危機)」週刊ダイヤモンド2009/05/16

20091006233445 ちょっと古くなった雑誌から そのリクルートコスモスが現在かなり危な

記事を読む

no image

菅原雅信ほか「化粧なき素顔をさらす(特別企画 人材奔流)」日経ビジネス2008年3月3日号

20080430060000 プロというのはいったい何だろうかと思わせる記事。やはり、「その人でな

記事を読む

no image

野口悠紀雄「株式会社はリスクに挑戦しなければ存在意義がない(社会科学の女王か金儲けの手段か)」週刊東洋経済2007.11.3

20080611060000 宮内義彦「経営論」において、会社がオーバープレゼンスだと言っていたこ

記事を読む

no image

佐藤優「女性の能力を生かす組織や上司のあり方(知の技法 出世の作法)」週刊東洋経済2011.9.3

20110920184946 ・モサドの別の男性幹部は、「ランクが同じ女性の同僚を食事

記事を読む

no image

山口圭介「三菱東京UFJ銀行(人事天命)」週刊ダイヤモンド2012/1/21

20120211215253 3代先まで誰が頭取になるか読める、ってスゴいことだと思うんで

記事を読む

no image

木崎伸也「反町康治「脱サラ」監督の正念場」週刊東洋経済2007.4.14

なんでもはっきりとコミュニケーションしなければ正確には伝わらないというのは当たり前のこと。難しいこと

記事を読む

no image

中島信也「『CMの巨匠』創造の源はコミュニケーション能力(達人に学ぶ)」週刊東洋経済2008.8.16-23

20090103220900 なるほど、かなり使えそうな話 ・私が「周富徳理論」と呼んでいる

記事を読む

no image

佐藤優「日本を危機から救う国際エリートの育成(第225回知の技法出世の作法)」週刊東洋経済2011.12.17

20111215001135 ほんと、この人の多作と教養には感服する。いつも目を見開きながら楽しみ

記事を読む

no image

田中陽「高田明氏 思いを電波に乗せて売る(ひと劇場 地方の異能経営者)」日経ビジネス2007年3月12日号

ジャパネットたかた社長の話。文章が上手だった。というよりも題材が良すぎた? 私が、心を揺すぶられる経

記事を読む

google adsense

google adsense

MediaPad M3 LTE プレミアムモデル購入して2か月

20170409130135 もう2か月が経ってしまったけど、記

Windows10アップグレード導入

20160307001116 2台のノートPCにつき、無料のWi

Nexus 6Pが届いた

20151105221617 無事に届いた。 海外荷物受付

Nexus 6Pが発送された

20151103103105 「発送しました」って内容のメールが

Nexus 6Pを発注した

20151031100625 それまでもネット経由でいろいろ調べ

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑