ケン・ブランチャード「ザ・リーダーシップ」ダイヤモンド社

公開日: : 最終更新日:2011/12/21 書評(書籍)



リーダーシップのいろはが、ストーリー仕立てでわかりやすく説明されている。ストーリーが陳腐になりがちなのがこの手の本の難しさ。しかし、その本論が簡潔にまとまっているので、嫌みをあまり感じずに読み進めることができる。カバーがきれいな赤い色をしている。これも読破の目標としては30分程度



p52.「そこで彼は、ガソリンスタンドをスピーディで楽しいところにしようと思ったんだ。彼のガソリンスタンドは、まるでカーレースのコックピットみたいに手際がいい。スタッフは小遣い稼ぎをしたい子持ち女性や定年退職者で、おそろいのオレンジの服を着ている。そのガソリンスタンドに入ると彼らが飛んできて、ガソリンを入れたり、ボンネットを開けて点検したり、窓ガラスを拭いたり、現金やクレジットカードを受け取ったりする。それも、革命的な速さでね。全員の行動基準になっている価値観は、『安全・スピード・楽しさ』だ。用事を終えたお客様に差し出す名刺には、こう書いてある―『ご注意・ガソリンも売ってます』ってね。友人には、『これまでにないガソリンスタンド』という明確なビジョンがあった。そして彼のスタッフにも、お客様にも、そのことが伝わっていた。『未来を見通す』ということは、説得力あるビジョンをもつということだ。これこそリーダーに許された特権であり、最重要の任務でもある」

p54.「確かにリーダーの頭は絶えず、現在と未来の間で引き裂かれている。私はよく言うんだが、いわばヘッドアップ(遠目)とヘッドダウン(目先)の葛藤なんだ」

p72.「そうだ。もうひとつあった。実は最終面接で、応募者に応募をあきらめるよう説得するんだ。説得されてあきらめるようなら、私たちのチームに加わる必要はない。やっぱりこの仕事は自分に合っていないと、その場で分かってもらうほうが、半年後、1年後に気づかれるよりずっといい。仲間が抜けていくより、応募の段階で去られるほうがずっと楽なんだ」

p91.「そのことに気づいていないリーダーが多いんだ。彼らは一生、もともと向いていない仕事を部下にやらせようとして努力し続けている。最初からふさわしい人材を選ぶことが大切なのは、そのためなんだ。人を変える、つまりきみが言ったように矯正するのは、非常に難しいことなんだ『どんなに滑走路が長くても、ブタは飛べない』ってね。たくさんのリーダーが、決して飛べない人間に飛び方を教えようとして、膨大な時間とエネルギーと資金を費やしている。人には決して学べないこともあるという事実を、リーダーは受け入れるべきだ。それは決して悪いことじゃないんだ」

p99.「学ぶことをやめたらリーダーは終わりなんだ」



20080606060000

google adsense

関連記事

no image

田村秀「データの罠 世論はこうしてつくられる」集英社新書

20061223220000 結構評判が高かったと理解していたが、期待したほどの驚きはなか

記事を読む

no image

デイル・ドーテン「笑って仕事をしてますか?」小学館プロダクション

この本も、買ってから2年くらい放っておいたものだ。なぜ今まで読まなかったのかと後悔しきり。しかも当時

記事を読む

no image

中島隆信「これも経済学だ!」ちくま新書

前評判どおりに面白かった。角界の話や、江戸時代の固定的な社会システムに関する説明は新鮮だった。茶、絵

記事を読む

no image

ポール グレアム Paul Graham「ハッカーと画家」オーム社

20130128225245 コンピュータ関係の仕事に関係するならば読んでおかなければと思

記事を読む

no image

長谷川洋三「ゴーンさんの下で働きたいですか」日経ビジネス人文庫

第1章が面白い。ゴーンの経営を垣間見るのがこの部分。彼の動きについては強く賛同できる 本書のタイトル

記事を読む

no image

倉田真由美・山崎元「ダメだ!この会社」小学館

第2章以降は会社をいろいろな切り口からダメ出ししてくれる。特に、山崎さんの経験に基づく話が面白い。そ

記事を読む

no image

安田佳生「千円札は拾うな。」サンマーク出版②

20071210060000 ”安田佳生「千円札は拾うな。」サンマーク出版①”の続き

記事を読む

no image

山田修「タフ・ネゴシエーターの人を見抜く技術」講談社

この人の書き方は凄く偉そうで、また文章もそれほどうまくないんだけど、内容的にはうなずくこと多し。掘り

記事を読む

no image

山口正人・豊田圭一「自分がいなくてもまわるチームをつくろう!」明日香出版社

20090601013127 だいたい、こういうテーマの本は読むようにしている。新しい発見

記事を読む

no image

江藤淳「閉された言語空間」文春文庫

ずっと、名前が残る作家と、同世代の支持のみで終わる作家がいる。江藤淳という作家は後者で終わるのかもし

記事を読む

google adsense

Comment

  1. senda より:

    Ken Blanchard氏が次のような推薦の言葉をお寄せになった「サンキューパワー」というアメリカのベストセラーがあります。
    “My mother used to say that the world would be a much better place if people would say thank you more often. Drawing on uplifting stories from all walks of life, Deborah Norville shows that an attitude of gratitude not only makes for a nicer world but also makes you a happier person.”
    Deborah Norvilleというのは著者のことで、アメリカでは有名なジャーナリストです。ジャーナリストとしてさまざまな人に出会うなかで、本当に成功している人、幸せに生きている人に共通する1つの真実=「感謝の習慣を持っている」に気づき、それを深く調べ、一冊の本にまとめあげました。
    アメリカではベストセラーになり、韓国語版は発売されてから3ヶ月で10万部を超えるなど多くの人に読まれていますが、日本語版が12月上旬に弊社バベルプレスより出版する運びとなり、もしご興味があれば、と思い、コメントをさせていだだきました。特典つきの予約注文(好評につき第2弾)は、12月15日までです。詳細はHPでご確認ください。
    http://www.thankyoupower.jp/

google adsense

MediaPad M3 LTE プレミアムモデル購入して2か月

20170409130135 もう2か月が経ってしまったけど、記

Windows10アップグレード導入

20160307001116 2台のノートPCにつき、無料のWi

Nexus 6Pが届いた

20151105221617 無事に届いた。 海外荷物受付

Nexus 6Pが発送された

20151103103105 「発送しました」って内容のメールが

Nexus 6Pを発注した

20151031100625 それまでもネット経由でいろいろ調べ

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑