佐々木俊尚「3時間で「専門家」になる私の方法」PHP

公開日: : 最終更新日:2012/10/22 書評(書籍)



20080818060000





インターネットで情報を仕入れることを全肯定しないところが立ち位置がちょうどいい。筆者の誠実さを感じる

マトリックスの強い主張を興味深く読んだ。今度、仕事のやり方をマトリックスにしてみよう

ここでメモしたのは自分が知らなかったサービス。はてな系はこれまでぜんぜん使ったことがなかった。逆に言うとそれ以外は結構知っていた話ばっかりだったので、大半はお浚いの意味で読んだ



p59.世界の成り立ちを描いたものがマトリックスであり、マトリックスを描くことこそが、世界を記述することとイコールになる

p64.クオリアは、簡単に言えば、人間の経験のうちで、最後まで数値化できない感覚のこと

p146.「キーワード site:2ch.net」

p194.注目すべきなのは「タグ検索」。利用者は、はてブを使って自分がおもしろいと思った記事をブックマークする際、タグ(記事がどのような内容を含んでいるのかを説明するために加えられる注釈のようなもの)で検索することができるのです。利用者が登録したこのタグを検索できるのが、はてブ検索の大きな特徴になっています

p215.「ニューシング」というソーシャルブックマーク。ユーザーはさまざまなネット上のニュースに投票することができるほか、それぞれのニュースに対して「○」「×」で評価したり、はてブと同じようにコメントやタグも付けられる仕組みになっています





google adsense

関連記事

no image

BS朝日・矢動丸プロジェクト編「賢者の選択」ソフトバンクパブリッシング

国内旅行で温泉旅館に泊まったとき、夕食に謎の食前酒が出てきて思い切って飲み干すことがある。この本はそ

記事を読む

no image

松田公太「すべては一杯のコーヒーから」新潮社

20051023000608 起業の話は好き。この本は起業を題材とした極めて典型的な内容。

記事を読む

no image

ピーター・アーネル「人生を無理なく変えていく「シフト」の法則」ハヤカワ新書

内容はおもしろかったんだけど、メモをとってみると、それほど有益なようには見えなかったりする。翻訳に苦

記事を読む

no image

杉山勝行「10人の達人に学ぶセルフブランドの創り方」三修社

昔読んだものを再読したもの。昔のチェックと今回のチェックの内容が微妙に異なっている。過去にチェックし

記事を読む

no image

竹村健一「竹村健一の最後に勝ちを拾う発想法」青春出版社

微妙だよな。興味深い事例に溢れており、楽しく読み通すことができる。そして著者の主張にも概ね首肯できる

記事を読む

no image

芦永奈雄「コミュニケーション力を高める文章の技術」フォレスト出版

20100918215229 文章の技術、というよりは、一言、「言いたいことを探せ」という

記事を読む

no image

中島義道「うるさい日本の私」新潮文庫

日本に住む人には一読をお勧めしたい 先日読んだ本"中島義道「私の嫌いな10の人びと」新潮社"が面白

記事を読む

no image

土井英司「「伝説の社員」になれ! 成功する5%になる秘密とセオリー」草思社

最近、よく目につくので購入したのがこの本。なんか本当に最近、こういう本ばかり読んでいるなあ、とかなり

記事を読む

no image

改定・保育士養成講座編纂委員会編「改定・保育士養成講座2006第3巻 発達心理学」全国社会福祉協議会

保育士試験受験シリーズ(4/11) 受験会場はこれまでの試験のなかで最も快適。建物が新しくて清潔な感

記事を読む

no image

松田道雄「定本育児の百科」岩波書店

多世代が同居しない家庭で育児を行うとき、この本を買わなければならない 育児本の古典。著者は数年前に亡

記事を読む

google adsense

google adsense

MediaPad M3 LTE プレミアムモデル購入して2か月

20170409130135 もう2か月が経ってしまったけど、記

Windows10アップグレード導入

20160307001116 2台のノートPCにつき、無料のWi

Nexus 6Pが届いた

20151105221617 無事に届いた。 海外荷物受付

Nexus 6Pが発送された

20151103103105 「発送しました」って内容のメールが

Nexus 6Pを発注した

20151031100625 それまでもネット経由でいろいろ調べ

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑