河村望「上総の飛鳥」人間の科学社

公開日: : 最終更新日:2013/01/28 書評(書籍)



20080910060000





教養のために、読んでいく分にはなかなか楽しいのだけれど

こんな悪文を読んだのは久しぶりだ。エピソード集みたいなもんで、あっちへ行ったりこっちへ行ったり、斑のある文章。そして結局何を言いたいのかが明示されていない。接続詞の使い方を含めた、単純なまた文章術もどうにも。昔の学者はこのような悪文でも許されたということなんだろう

内容として特に記憶に残るのは、メインのテーマである、上総に大きな都があったという示唆。また壬申の乱で破れた大友皇子=弘文天皇が上総まで落ち延びたということ。いずれも根拠はあまり書いてない。後者については上総の地元の民話にそのようなことが言い伝えられ、かつそれと平仄の合う神社の謂われなどが残っているということでロマンがある。たまたま同時期に読んでいた別の本で、大海人皇子は実は天智天皇よりも年上であり、兄弟ではないのではないかという本も読んでいたので、この辺りの時代のことが印象に残った。それにしてもこの辺りの時代に魅力を感じる要素って何なのだろうか。自分だけじゃないと思うけど



google adsense

関連記事

no image

工藤美代子「悪名の棺 笹川良一伝」幻冬舎

20111124234838 読み応えのあった一冊。夜更かしして体調を崩してしまいそうでも読み続け

記事を読む

no image

司馬遼太郎「関ヶ原(下)」新潮文庫

20090108215000 "司馬遼太郎「関ヶ原(上)」新潮文庫"、そして"司馬遼太郎「

記事を読む

no image

本城武則「なぜ私たちは3カ月で英語が話せるようになったのか」実業之日本社

IQよりもEQを重視。対人恐怖という切り口から日本人と外国人の違いを主張。日本語と英語の違いを言語と

記事を読む

no image

阿刀田高「アイデアを捜せ」文藝春秋

20120211211338 聖書を知っていますか、の一連は昔読んだ。軽妙洒脱な味わいの文

記事を読む

no image

夏川賀央「時間泥棒を探せ!」扶桑社

著者は60分というけれど、この程度の濃さであれば40分くらいで読み終わりたい。内容は平易だし、言われ

記事を読む

no image

坂本桂一「頭のいい人が儲からない理由」講談社

20070717003000 かなり刺激的な本だ。とりわけ、学校の成績や会社での評価の高そ

記事を読む

no image

野口悠紀雄「ゴールドラッシュの「超」ビジネスモデル」新潮社

面白い。東海岸と西海岸の違い、ゴールドラッシュとシリコンバレーの要点を理解できる。それだけではない。

記事を読む

no image

藤原和博「人生がつまらない人へ」ダイヤモンド社

最近、リクルートの人とよく会うようになった。そういうときにexリクルートの著作を引用して話をしたりす

記事を読む

no image

株式会社ジェネラルパシフィック「Windows Vista/XPではじめるお気軽無線・有線L―Wii、DS、ロケフリでのインターネット接続もきっちり解説!」ソシム

20090317231100 半年以上前の話 インターネットに接続させた20台程度のPC

記事を読む

佐藤優「サバイバル宗教論」文春新書

20140712165447 サバイバル宗教論 (文春新書)著者 : 佐藤優文藝春秋発売日 : 2

記事を読む

google adsense

google adsense

MediaPad M3 LTE プレミアムモデル購入して2か月

20170409130135 もう2か月が経ってしまったけど、記

Windows10アップグレード導入

20160307001116 2台のノートPCにつき、無料のWi

Nexus 6Pが届いた

20151105221617 無事に届いた。 海外荷物受付

Nexus 6Pが発送された

20151103103105 「発送しました」って内容のメールが

Nexus 6Pを発注した

20151031100625 それまでもネット経由でいろいろ調べ

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑