スティーヴン・D.レヴィットほか「ヤバい経済学」東洋経済新報社

公開日: : 最終更新日:2011/10/03 書評(書籍)



買って、読まずにモタモタしていたら、増補改訂版が出てしまった。本も鮮度が結構大事。著者のブログを眺めるようになった。中国の女子体操選手の身長が年齢詐称との関係で、統計的にも公称の年齢である確率は極めて低いという分析があったりして、主張を押え気味にするあたりがなかなかスマート



p11.不動産屋さんの営業担当者は自分の家を平均で10日長く市場に出していて、3%強、つまり30万ドルの家なら1万ドルほど高く売却していることがわかった

p16.インセンティブは現在の日常の礎である。そしてインセンティブを理解することが―おうおうにして壊してしまうことにもなるけれども―凶悪犯罪からスポーツの八百長、出会い系サイトまで、どんな問題もほとんど解決できる鍵になる

p28.トーマス・ジェファーソンは、ボストン茶会事件からアメリカ独立戦争までも引き起こしたそもそものインセンティブが、ほんのちょっとしたことだったのを振り返ってこう述べている。「この世界の原因と結果の関係は本当に不可解だ。僻地で不当に課されたたった2ペニーの茶税が世界の住人すべてのその後を変えてしまった」

p77.ある日、男の子たちがスパイごっこみたいなことをしていて、たわいのない秘密の合い言葉を言い合っているのを見かけて思った。KKKの合い言葉やなんかの秘密を国中の子供たちにばら撒いたらすごくないか? 秘密結社の牙を抜くのに、結社の最高機密をガキ扱いする―さらに公にする―よりもうまいやり方なんてあるだろうか。ケネディはスーパーマンのプロデューサーたちに最高のKKK情報を流した

p79.ステットン・ケネディが考えついた差別と戦うためのアイディア全部の中で、スーパーマン作戦はずば抜けて巧妙だった。願ったとおりの効果があった―KKKの秘密主義を逆手に取り、貴重な知識をネタに変えて彼らを全米の笑いものにした

p82.実際は、あらゆるところでインターネットが情報の非対称性に致命的な打撃を与えている

p89.不動産屋さんの主な仕事は、どうやら、家の持ち主を説得して希望する売値よりも安く売らせ、同時に買い手候補には掲げてある値段よりも安く買えるぞと教えることらしい。もちろん、バカ正直に買い叩けと買い手に教えるよりももっと芸は細かい

p103.出会い系サイトにいる白人女性のだいたい半分、また白人男性の80%が人種は「どうでもいい」と宣言している。でも、レスのデータを見るとそうでもないようだ。人種は関係ないと言った白人男性たちのメールの行き先は90%が白人女性だ。人種は関係ないといった白人女性たちのメールは97%ほどが白人男性宛である

p111.専門家はマスコミが必要だし、マスコミも同じくらい専門家が必要だ。新聞の紙面やテレビのニュースは毎日埋めなければならないわけで、人騒がせなことをしたり顔でしゃべれる専門家はいつでも大歓迎だ。マスコミと専門家が手に手を取って、ほとんどの通念をでっち上げている

p113.最近の監査によれば、アトランタ市警は1990年代の初め以来、犯罪を激しく過少申告していた。明らかに、そういうやり方が始まったのはアトランタ市が1996年のオリンピックを招致しようと動き始めたころだ。同市の暴力的なイメージを拭い去る必要があったのだ、それもすばやく

p132.派手な仕事―映画、スポーツ、音楽、ファッション―には普通と違う仕組みが働いている。二線級の派手な仕事、たとえば出版、広告、マスコミなんかでも、給料の悪い、それでいて徹底的に働かされるつらい仕事に、頭のいい若い人たちが飛び込んでいる。彼らはみんな同じゲームをやっている。このゲームはトーナメント制だと考えると一番ぴったりくる

p135.歩兵のインセンティブは名を上げることだ。対するJ.T.のインセンティブは、事実上、歩兵に名を上げさせないことなのである

p149.ソヴィエト連邦の崩壊前後に権力を追われた共産党の指導者の中で、惨殺されたのはニコラエ・チャウシェスクだけだ。彼が殺されたのは、ルーマニアの若者たちの手によるところが大きい点は決して見過ごせない。彼らの多くはチャウシェスクの中絶禁止がなければ生まれてこなかった子供たちだった

p164.強いやつとそうでもなやつの代わりに高校生の女の子を思い描こう。彼女が夜、散歩していて強盗に出くわしたとする。強盗だけが銃を持っていたらどうなる? 女の子だけが銃を持っていたら? 両方とも銃を持っていたら? 銃に反対の人なら、そもそも強盗の手に銃が渡らないようにしなければいけないんだと言うだろう。銃に賛成の人は、今ではすっかり自然になってしまった成り行きに高校生の女の子が抗うためには銃が必要だと言うだろう。つまり、いまどきの悪いやつらは普通に銃を持っているってことだ(もし、女の子が銃で強盗を撃退できたなら、シナリオに銃を持ち込んだことでひどいことにならずに済んだことになる。アメリカみたいに銃のブラックマーケットが繁盛していて誰でも銃が手に入る国では、強盗をやろうとちょっとでも思えばまず銃を手に入れるに決まってる

p175.実際、アメリカでは中絶の合法化がさまざまな結果を招いた。子殺しが劇的に減った。できちゃった結婚も減ったし、養子に出される赤ん坊の数も減った(代わりに外国で生まれた赤ん坊を養子にするのが流行った)。妊娠は30%近く増え、一方出産のほうは6%減った。つまり、女性たちは中絶を産児制限の方法として使い始めたわけだ。さしずめ、荒っぽくも劇的な保険といったところなんだろうか

p181.毎年アメリカではだいたい150万件の中絶が行われている。生まれた赤ん坊1人は胎児100人分の価値があると考える人にとって、この150万件の中絶は、1万5000人の命が失われるのに等しい。この数字は、実は毎年アメリカで殺される人の数とほぼ同じなのだ。そしてこの数字は、中絶合法化のおかげで起きずに済んだ殺人の件数よりはるかに多い。だから、胎児は人間の100分の1の価値しかないと思う人にとってさえ、中絶増加と犯罪現象の交換条件は、経済学者の言葉を使えば、ひどく非効率なのである

p184.「もしあなたが銃を持っていて、裏庭にはプールがあるとする。プールがあるせいで子供が死ぬ可能性は銃のおよそ100倍である」

p187.他の分野でもそうだけれど、典型的な子育ての専門家はやたらと自信たっぷりな言い方をする。条件とかニュアンスとか、そういうものの臭いがすることを言う専門家の話なんて誰も聞いちゃくれないからだ。自分が編み上げた平凡な説を通念に押し上げるなんて錬金術をやろうと思ったら、専門家はあつかましくやらなければいけない。それには一般の人たちの感情に訴えるのが一番だ。感情は筋の通った議論の天敵だからである

p200.子育てパラノイアの親御さんたちには残念でした:この場合、学校選びはほとんど関係ない。統計的には、学校を変えると勉強の面で何かいいことがあるわけではなかった

p206.ECLSのデータによると、家にたくさん本がある子は本がない子よりも試験の点が高い。つまり、これら2つは相関している。ひょっとすると、子供の家にある本の数は親御さんがどれくらい稼いでいるかを表しているだけかもしれない

p209.ECLSの幅広いデータから、子供それぞれの事情と学校の成績の間に有力な相関がたくさん見つかった。たとえば、他の要因を全部調整すると、田舎に住む生徒は平均より成績が悪いという傾向が現れる。一方、都市近郊に住む生徒は中ぐらい、都市部に住む生徒は平均より成績がいい(教育水準の高い働き手、つまり賢い子の親は都会に集まりがちだということかもしれない)。平均で見ると、女の子のほうが男の子より成績がよく、アジア系は白人より成績がいい―すでに見たように、黒人は同じようなバックグラウンドで同じような学校に通う白人と同じような成績である

p214.子供が幼稚園に入園するまで母親が仕事に就かずに家にいても成績がよくなったりはしないようだ

p218.ECLSのデータによると、子供の試験の点とどれぐらいテレビを見るかは関係ない

p218.家に本がたくさんある子は、実際、試験の成績もいい。でも、子供によく本を読んでやっても試験の成績には関係ない

p220.本は本当は、知恵をくれるものじゃなくて知恵を映すものなのだ

p234.子供にとてもクロい名前をつけるのはどんな親御さんだろう? データの答えははっきりしていた。黒人が大多数を占める地域に住む、未婚、低所得、学のないティーンエイジャーで、自分もとてもクロい名前の母親だ。フライヤーの考えでは、子供に超クロい名前をつけるのは、黒人の親が地域社会に送る連帯の意思表示だ。「僕が子供にマディスンっていう名前をつけたとすると」と彼は言う。「みんなは『ほほう、おまえ、線路のあっち側に住みたいって思ってるんだな、そうだろ?』って思うんだよ」

p238.調査によると、デショーン・ウィリアムズとジェイク・ウィリアムズがまったく同じ履歴書を同じ会社に送ったら、ジェイク・ウィリアムズのほうが呼び出しの電話をもらえる可能性は高い。つまり、クロい名前だと経済的に不利なのだ

p260.ここにはっきりしたパターンがある―高所得・高学歴の親の間で流行った名前が社会・経済のはしごを下へ伝っていく。アンバーやヘザーも最初は高級な名前だったし、ステファニーやブリタニーもそうだ。ステファニーやブリタニーという名前の赤ん坊がはしごの上のほうに1人いれば、10年以内にそういう名前の女の子がはしごの下のほうに5人生まれる



20080918060000

google adsense

関連記事

no image

アンソニー・ロビンズ「人生を変えた贈り物」成甲書房

忘れていた元気と快活さを思い出させてくれるような本。いいねえ。筆者の紹介において、極めて高名な人に対

記事を読む

no image

本田直之「ノマドライフ」朝日新聞出版

20120914004829 流行の本なので、カバーをかけずに公衆の空間で読むのが小っ恥ずかし

記事を読む

no image

西口貴憲「すべては戦略からはじまる」ダイヤモンド社

20110730005741 経営戦略を掻い摘んで理解するには最高の本。内容は基本的で、か

記事を読む

no image

河田惠昭「津波災害」岩波新書

20140901232857 津波災害――減災社会を築く (岩波新書)著者 : 河田惠昭岩波書店発

記事を読む

no image

ユーキャン保育士試験研究会編「U-CANの保育士過去&予想問題集2006年版」主婦の友社

保育士試験受験シリーズ(2/11) 保育士試験のための問題集は、ユーキャンのものを使うことにした。次

記事を読む

no image

ピーター・アーネル「人生を無理なく変えていく「シフト」の法則」ハヤカワ新書

内容はおもしろかったんだけど、メモをとってみると、それほど有益なようには見えなかったりする。翻訳に苦

記事を読む

no image

宮内義彦「経営論」日経ビジネス人文庫

20080325060000 真っ当でオーソドックスなことが書いてある。もっと難しいことが

記事を読む

no image

山鳥重『「わかる」とはどういうことか』ちくま新書

アカデミックに書いてあり、いちいち納得がいく。しかし、よく考えてみれば当たり前と思われるようなことだ

記事を読む

no image

佐久協「高校生が感動した「論語」」祥伝社新書

20070517001200 孔子ってあんまり好きじゃない。なんか言っていることが破綻して

記事を読む

no image

ハロルド・ウィンター「人でなしの経済理論」バジリコ

その副題のとおり、トレード・オフについて手を変え品を変え論じている。いくつか印象的なケースを紹介しな

記事を読む

google adsense

google adsense

MediaPad M3 LTE プレミアムモデル購入して2か月

20170409130135 もう2か月が経ってしまったけど、記

Windows10アップグレード導入

20160307001116 2台のノートPCにつき、無料のWi

Nexus 6Pが届いた

20151105221617 無事に届いた。 海外荷物受付

Nexus 6Pが発送された

20151103103105 「発送しました」って内容のメールが

Nexus 6Pを発注した

20151031100625 それまでもネット経由でいろいろ調べ

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑