野口悠紀雄「われわれは生活防衛策を真剣に考える必要がある(『超』整理日記430)」週刊ダイヤモンド2008/09/20

公開日: : 最終更新日:2012/02/10 書評(雑誌), 週刊ダイヤモンド, 野口悠紀雄



このコラムにおける日本に対する著者の傾向は前からかなり悲観的であるが、今回は悲観そのもの。本旨とは違うところで2点気になった。一つはマスコミの取り上げ方、もう一つは列車運行の遅れ

マスコミは事実報道以外の部分を読み進めるにはかなり勇気が要る。このため、2紙以上の新聞、雑誌などを並行して読んでいかないと危険だ。できれば日本以外の新聞がいい

大局が見えていないというのがある。前提として勉強をしていないので、正常と異常の違いがわからないのだと思う。政治なら55年体制以前、政党政治が始まって以来から考えると自民党の与党が続いたことが、あまり普通ではなかったということになる

列車運行について。仕事をするときにはなるべくラッシュアワーを避けようとしている。人間の乗り物ではない。そのために必要な時間の2時間前まで早めて動いている。早朝の電車はいい。遅れない。空いている。もともと所要時間自体が短い。事故の原因も少ないし、テロなどの対象にもなりにくい。これで命の危険の可能性を逃れた実績が少なくとも一回ある

鉄道の遅延証明書を見せれば、出勤の刻限を過ぎても許されるということが、従来はあったかもしれない。しかし今後は、このような定刻とはならない列車運行を信頼することを前提としてはならないということになる



・新聞等の報道を読むと、福田首相は「ねじれ国会」のために思いどおりの政策展開ができないことを悩んでいたのだそうである。民主党との大連立に期待をかけたが、それが失敗したために意欲を失っていたのだそうだ。まったく理解できない。「いったい日本は民主主義国なのだろうか?」と深刻な疑問にとらわれてしまう。選挙がある以上、政権党とは異なる政治勢力が参議院で多数を占めるのは当然ありうることだ。「大連立で反対者がいなくなれば政策を推進できる」というのも、きわめて奇怪な論理だ。反対する者がいない状態で進められる政策とは、いったいどんなものだろう。新聞は、このような奇怪な論理を報道はするが、そうした考えが異常だとは思っていないようだ。私のようにごく自然で素朴な疑問を抱く者のほうが、今の日本では異常になってしまった

・80年代にイタリアを旅行したとき、「特急列車は200分遅れます」とか「この列車の運行はキャンセルされました」というアナウンスを何度も駅で聞いた。私が驚いたのは、人々がそれを平然と聞き流していたことだ。「なんという国だろう。日本だったら大騒ぎになるところだ」と呆れたことをよく覚えている。今の日本は、それと同じ状態になってしまった。駅に着くと、「人身事故のため電車の運行は休止しています。復旧の見込みは立っていません」というアナウンスが流れている。そして、人々は格別あわてもせず、諦めの表情だ。数十分の遅れなど、もはや日常茶飯事になってしまった。かつての日本では考えられなかった状況だ。日本は、かつてのイタリアのように、国家として体をなさぬ状態になりつつある



20080922060000

google adsense

関連記事

no image

臼井真粧美ほか『「御三家」沈没!国内勢も大不振 オークラ内部崩壊の真相。国内老舗ホテルの惨状(特集 ホテル&旅館 大淘汰)』週刊ダイヤモンド2009/03/28

20090324225925 はいはい、衰退してください ・財界の次世代をつなぎ止められない

記事を読む

no image

ジョセフ・E・スティグリッツ「ミット・ロムニーの所得税問題にあるアメリカの“不公正”(スティグリッツ教授の真説・グローバル経済)」週刊ダイヤモンド2012/10/06

20121002223608 このシリーズは、いつもは斜め読みである。しかし今回は通読して

記事を読む

no image

佐藤優「日本の組織で育ちにくい高度な専門的能力(知の技法 出世の作法)」週刊東洋経済2008.2.9

英語が話せても話せなくてもやっかいなのが日本人社会人の現状。話せるのに話せない振りをするというズルが

記事を読む

no image

佐藤優「1人に1億円投じる諜報機関の研修内容(知の技法出世の作法)」週刊東洋経済2008.1.12

氏の書き物についての過去のメモは、これ"手嶋龍一・佐藤優「インテリジェンス 武器なき戦争」幻冬舎新書

記事を読む

no image

「CSに「即効薬」なし(特集 2012年版アフターサービスランキング)」日経ビジネス2012.7.30

20120804164843 日経ビジネスの恒例の特集。かなり影響力を持つものと思う。自分でもこれ

記事を読む

no image

篠原匡「日本フィルム 成熟商品もヒット商品に(小さなトップランナー)」日経ビジネス2007年6月25日号

20070629064800 今回の日経ビジネスは特に分厚い。もともと広告が多い上に、今回は腕時計

記事を読む

no image

佐々木常夫『「捨てる仕事」を決める――出ない、会わない、読まない(ワークライフバランスを実現する仕事術)』週刊東洋経済2009.6.13

今日はone by oneで ・出なくて済む会議はできるだけ出ないようにしてきた。組織横断的会

記事を読む

no image

澤上篤人「interview 澤上さん、それでも日本株で資産を作れるのですか(特集/遠ざかる年金<全対策>)」週刊東洋経済2011.11.19

20111130233950 この人には長生きしてもらわないと困る。1947年生まれというから、い

記事を読む

no image

山口二郎「アメリカの大変革は日本にも波及する(FOCUS政治)」週刊東洋経済2008.11.22

20090104011300 記事の内容とは全然関係がないけれど 一見して、うまい表現!と思って

記事を読む

no image

大坪稚子ほか「劇団四季 経常利益率2ケタの高収益 劇団経営に革命を起こす(特集 エンタメ全解剖)」週刊ダイヤモンド2008/08/23

20080907060000 コンティンジェンシー・プランがしっかりしている。こういうのが業界特有

記事を読む

google adsense

google adsense

MediaPad M3 LTE プレミアムモデル購入して2か月

20170409130135 もう2か月が経ってしまったけど、記

Windows10アップグレード導入

20160307001116 2台のノートPCにつき、無料のWi

Nexus 6Pが届いた

20151105221617 無事に届いた。 海外荷物受付

Nexus 6Pが発送された

20151103103105 「発送しました」って内容のメールが

Nexus 6Pを発注した

20151031100625 それまでもネット経由でいろいろ調べ

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑