片山善博「自民党は末期的症候群『パンと見せ物』の政治だ(特集/政治の混迷、改革の処方箋)」週刊東洋経済2008.9.20

公開日: : 最終更新日:2012/02/10 書評(雑誌), 週刊東洋経済

あまり政治を追いかけても仕方のないころだけど、末期的症状であることの再確認と、喩えがすごく面白かったのでメモ。とくに梶山静六の話 選挙にはかならず行くようにしている 別の利害を持つ人間が一度見てみるというだけでも、政権交代の意味はあると思っている。“塩田潮「政権奪取は可能か 試される小沢代表(Focus政治)」週刊東洋経済2007.9.1”と同じ考えだ
・我が国の政治史を振り返ると、リーダーの突然の交代は、政治の末期的症候群の一つとして、ある時期には頻繁に起きていました。原因は人材不足でしょう ・国民の側にも末期的症候群が見られます。2代続けて途中で投げ出すリーダーしか出せない政党には、国民はノーを突きつけるべき。ところがかわりの人が出てくると、たちまち支持率が上がったりする。こういう現象は異常です ・総理は各大臣を自分で任命できるのですから、官僚の天下りや、それを前提としたキャリアの人事システムを変えたいという志と力量を持った人を任命すればいい。ところが、自分で任命した大臣が役所に入った途端に、役所の代弁者のようになって、抵抗勢力の片棒を担ぐことをしている。最近の例では、厚生労働省の外郭団体で、「わたしの仕事館」というのがありました。舛添要一厚生労働省は大臣になると口が重くなり、あげくの果てに必要だと言い出した ・首相になる人がまったくの準備不足です。私は旧自治省時代に梶山静六・元自治相の大臣秘書官として使えましたが、梶山さんには信念があった。梶山さんは陸軍士官学校から軍人を目指しましたが、国が戦争に負けて、自分の人生ががらっと変わったという。やはり、戦争をする国にしてはいけない、日本は平和な国でなければならないと。自分だけでなく、戦争で人生を狂わされた人がこんなにいるではないかというのが、梶山さんが政治家を志した原点なんです。だから、石にかじりついてでも政治をやった。しかし、今の政治家は二世ばかり。二世の特徴として、先代の地盤を継ぐのがミッションなのです。大方の人は、燃えるような情念とか、良し悪しは別として恨みのようなものも含めたモチベーションがない。自分は政治家として、これだけは絶対にやりたいと思うものがないから準備もしていない ・政権の座を目指すと言うことは、音楽で言えばオペラのリサイタルのようなものです。オペラ歌手は入念な準備と訓練を欠かさない。それとは対照的に、自民党の総裁は、場末の酒場でカラオケを歌っているようなものです。「今度は僕だ」とか「次はお前歌え」とか、「いや、自分は下手だから」とか、そんなありさまです。カラオケ政治のいけないところは誰でも気軽にマイクを取れるし、誰も大して準備していないことです。もう一つは、あんな下手くそなのにあいつがマイクを持つなら、俺だってやれるなという気分になることです。この傾向は、竹下登元首相以来、顕著になりましたね
20080924060000

google adsense

関連記事

no image

鈴木宗男「渦中のひと 鈴木宗男元衆議院議員の告白 ロシア外交の灯を再び」日経ビジネス2011.11.28

20111129234013 現在、喜連川にて収監中という。そこで、ここまでの主張ができるとは驚く

記事を読む

no image

喜久川政樹「いよいよ私たちの時代が到来した『次世代PHS』は必ずやり遂げる」週刊ダイヤモンド2008/02/16

・インフラ作業というのは、泥臭い作業の積み重ねで、ネットワークを維持しながらサービスを開発してい

記事を読む

no image

竹田孝洋「日経平均より経済実態を反映 『大証修正平均株価』」週刊ダイヤモンド2005/10/22

景気の動向が日経平均の騰落で論じられることについて、以前から気になっていた。この思いを強くしたのが、

記事を読む

no image

梯郁太郎「ロックウォーク殿堂入り「ライフワークは音楽」 長老智慧」週刊東洋経済2007.6.23

20070627033300 こういう長期の見通しというのは大事 ・社名のローランドという言

記事を読む

no image

山田昌弘「女性が結婚しないのは高収入男性を求めるため(The Compass)」週刊東洋経済2006.7.1

こういうおもしろい記事があるから、週刊東洋経済は読まないわけにはいかないのだなあ すっきりする

記事を読む

no image

藤原秀次郎「専門家頼みではダメ/素人の『理屈』こそ宝(有訓無訓)」日経ビジネス2006年1月23日号

話し手は、しまむらの会長 我が意を得たり、というところ。専門家というのは一定の見方に凝り固まっており

記事を読む

no image

菅原雅信ほか「化粧なき素顔をさらす(特別企画 人材奔流)」日経ビジネス2008年3月3日号

20080430060000 プロというのはいったい何だろうかと思わせる記事。やはり、「その人でな

記事を読む

no image

金田信一郎「鈴木二郎氏 頭取辞し、パンに賭ける(ひと劇場)」日経ビジネス2007年11月19日号

内容自体はつまらないわけではない。しかし、特段の共感を得るでもなかったこの記事。わずかに引っかかりを

記事を読む

no image

冨岡耕「豪空港ファンドが日本上陸 狙われた「羽田」視界不良の攻防戦(スペシャルレポート)」週刊東洋経済2007.10.27

タイトルの羽田になぜカギカッコがつくのかもわからないが、下に引用する文において空港ビル関係者がなぜ「

記事を読む

no image

塩田潮「政権奪取は可能か 試される小沢代表(Focus政治)」週刊東洋経済2007.9.1

普段、一応目を通すものの大体は特に強い感想も持たないコラムである。今回は、次の件だけが気になった ・

記事を読む

google adsense

google adsense

MediaPad M3 LTE プレミアムモデル購入して2か月

20170409130135 もう2か月が経ってしまったけど、記

Windows10アップグレード導入

20160307001116 2台のノートPCにつき、無料のWi

Nexus 6Pが届いた

20151105221617 無事に届いた。 海外荷物受付

Nexus 6Pが発送された

20151103103105 「発送しました」って内容のメールが

Nexus 6Pを発注した

20151031100625 それまでもネット経由でいろいろ調べ

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑