鈴木真二「部品点数は自動車の100倍 究極の“すりあわせ”技術(特集/ボーイングvs.三菱vs.HONDA)」週刊東洋経済2008.9.20

公開日: : 最終更新日:2012/11/16 書評(雑誌), 週刊東洋経済



20080926060000

執念を感じる一場面。アメリカの巨大企業が日本のラジオ体操をしていた



・90年に開発が決まったB777を機に、ボーイングは体質改善に乗り出した。当時、米国に駐在した日本の重工メーカーの技術者は不思議な光景を目にしている。ボーイングの工場で毎朝、ラジオ体操が始まるようになったというのだ。ボーイングは日本の自動車メーカーなどの生産方式を研究し合理化に取り入れた。その象徴がラジオ体操。「The Japanese Way」という言葉が当時のボーイングでよく聞かれたという





google adsense

関連記事

no image

堀越千代「ゲレンデに客を呼び戻した白馬五竜スキー場の挑戦(カンパニー&ビジネス)」週刊東洋経済2008.3.22

20080502060000 そのとおりだと思う。それが原因でスキーがあまり好きではなくなったよう

記事を読む

no image

片山善博「自民党は末期的症候群『パンと見せ物』の政治だ(特集/政治の混迷、改革の処方箋)」週刊東洋経済2008.9.20

あまり政治を追いかけても仕方のないころだけど、末期的症状であることの再確認と、喩えがすごく面白かった

記事を読む

no image

山村武彦「過去の大災害が揃って周年を迎える不気味な年に(特集総予測2007)」週刊ダイヤモンド2006/12/30・2007/01/06新年合併号

代表性というか、たまたま周年の一致するものを集めた気がする。統計のマジックという部分で割り引いて読む

記事を読む

no image

佐藤吉哉「佃和夫氏 三菱重工業社長 環境技術で世界派遣を(編集長インタビュー)」日経ビジネス2008年3月31日号

20080429060000 プリンスホテルの契約違反の件があったが、同時期にさりげなく三菱重工の

記事を読む

no image

草刈隆郎「“全員参加型社会”構築は急務 だが職種別同一賃金には反対」週刊ダイヤモンド2008/03/08

20080324060000 多様な人材の活用を考えるとき、フルタイムの長期雇用は引き続きコア

記事を読む

no image

田中陽「高田明氏 思いを電波に乗せて売る(ひと劇場 地方の異能経営者)」日経ビジネス2007年3月12日号

ジャパネットたかた社長の話。文章が上手だった。というよりも題材が良すぎた? 私が、心を揺すぶられる経

記事を読む

no image

仲宇佐ゆり「野村貿易 マクラーレン社のベビーカー(マーケティングの達人に会いたい第148回)」週刊東洋経済2006.10.14

20061101222200 マクラーレンのベビーカーを最近見るようになった。これを誇らしげに押す

記事を読む

no image

「IPOから疑え! 歪められた『価格発見機能』公募株求め個人殺到するが合理性欠いた株価変動も」週刊東洋経済2006.2.4

週刊東洋経済という雑誌に対する評価は見極めがたい。ビジネス・スキャンダルの萌芽をしつこく追いかける姿

記事を読む

no image

野口悠紀雄「出生率の引き上げは少子化社会対策として適切ではない(通説粉砕経済塾)」週刊東洋経済2006.4.1

ここで急に1年以上前の記事をメモしておく ・出産費用がゼロになったところで、出生率に大きな影響

記事を読む

no image

佐藤優「がっついたビジネスパーソン諸君!何でも聞いてくれ!(知の技法 出世の作法)」週刊東洋経済2009.5.30

情報は共有したうえで、競争することが大事。という導入部分だけメモメモ ・他の雑誌の読者

記事を読む

google adsense

google adsense

MediaPad M3 LTE プレミアムモデル購入して2か月

20170409130135 もう2か月が経ってしまったけど、記

Windows10アップグレード導入

20160307001116 2台のノートPCにつき、無料のWi

Nexus 6Pが届いた

20151105221617 無事に届いた。 海外荷物受付

Nexus 6Pが発送された

20151103103105 「発送しました」って内容のメールが

Nexus 6Pを発注した

20151031100625 それまでもネット経由でいろいろ調べ

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑