橋元淳一郎「時間はどこで生まれるのか」集英社新書

公開日: : 最終更新日:2012/12/05 書評(書籍)



20080929060000





一応通読したけど、概観しかないので、それだけではまだまだ難しくてよく分からなかったよ。別の本で同じようなことを知るつもり



p16.1個の原子は運動エネルギーを持っているが、それを温度とは呼ばない。実際、1個の原子が自分の皮膚にぶつかっても、人は熱いとも冷たいとも感じない。熱い・冷たいという感覚が生じるためには、原子がたくさん皮膚にぶつからなければならない(少なくとも、感覚細胞を刺激できるほどに)。さらに、その原子の大集団が、ほとんど同じ方向に飛んでいれば、われわれはそれを風と感じ、熱いとか冷たいなどとは感じない。つまり、原子の動きは乱雑でなければならない。この乱雑な動きが非常に激しいとき、われわれの皮膚細胞は激しく揺さぶられ、それを脳は熱いと理解するのである。よって、1個の原子の温度などというものを考えることはできない





google adsense

関連記事

no image

蔵研也「リバタリアン宣言」朝日新書

軽く読むことができる。タイトルから想像するとおりの内容。リバタリアンの考え方を理解する入門書としてよ

記事を読む

no image

改定・保育士養成講座編纂委員会編「改定・保育士養成講座2006第5巻 小児保健」全国社会福祉協議会

保育士試験受験シリーズ(6/11) ここまでの5科目で1日目の試験は終了。明日の試験ための勉強時間を

記事を読む

no image

林成之「勝負脳の鍛え方」講談社現代新書

筆者をテレビの特集で見たことがあると思う。脳外科の救急病院で、従来では助からないような脳障害の救急患

記事を読む

no image

吉越浩一郎「革命社長 なぜトリンプは社員が元気で、消費者からも愛されるのか?」日本実業出版社

本書を貫く「成功するまでやり抜く」、「情報の共有が大事」、「ロジカルに物を考える」、「デッドラインを

記事を読む

no image

林則行「「銅メダル英語」をめざせ!」光文社新書

20120818045503 英語って、やっぱり、日本人にとってのひとつの引っかかりなんだと思

記事を読む

no image

平野敦士カール、アンドレイ・ハギウ「プラットフォーム戦略」東洋経済新報社

20101011163303 前評判ほどの満足感はなかったが、良書 こういうビジネススク

記事を読む

no image

藤原和博「建てどき」情報センター出版局

筆者が自分の家を建てるため、長い年月をかけて得た知識と経験の集大成。その知識を施主の立場において必要

記事を読む

no image

畑村洋太郎「みるわかる伝える」講談社

面白い。いくつか具体的な事例の紹介もある。すんなりと読み進められる平易さ。人にものを理解させる、知識

記事を読む

no image

マーク・ルイス「悪いヤツほど成功する7つの法則」ベストセラーズ

なぜいま5年前の本を読んでいるのか分からないけど そしてどうでもいいことに気づいたんだけど、KKベス

記事を読む

no image

武光誠「県民性の日本地図」文春新書

国内を旅していると、この本の言っていることが分かるような気がする。県によって異なる文化は、藩の影響を

記事を読む

google adsense

google adsense

MediaPad M3 LTE プレミアムモデル購入して2か月

20170409130135 もう2か月が経ってしまったけど、記

Windows10アップグレード導入

20160307001116 2台のノートPCにつき、無料のWi

Nexus 6Pが届いた

20151105221617 無事に届いた。 海外荷物受付

Nexus 6Pが発送された

20151103103105 「発送しました」って内容のメールが

Nexus 6Pを発注した

20151031100625 それまでもネット経由でいろいろ調べ

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑