橋元淳一郎「時間はどこで生まれるのか」集英社新書

公開日: : 最終更新日:2012/12/05 書評(書籍)



20080929060000





一応通読したけど、概観しかないので、それだけではまだまだ難しくてよく分からなかったよ。別の本で同じようなことを知るつもり



p16.1個の原子は運動エネルギーを持っているが、それを温度とは呼ばない。実際、1個の原子が自分の皮膚にぶつかっても、人は熱いとも冷たいとも感じない。熱い・冷たいという感覚が生じるためには、原子がたくさん皮膚にぶつからなければならない(少なくとも、感覚細胞を刺激できるほどに)。さらに、その原子の大集団が、ほとんど同じ方向に飛んでいれば、われわれはそれを風と感じ、熱いとか冷たいなどとは感じない。つまり、原子の動きは乱雑でなければならない。この乱雑な動きが非常に激しいとき、われわれの皮膚細胞は激しく揺さぶられ、それを脳は熱いと理解するのである。よって、1個の原子の温度などというものを考えることはできない





google adsense

関連記事

後藤利夫「あなたの知らない乳酸菌力」小学館

20140202222910 あなたの知らない乳酸菌力 (実用単行本)著者 : 後藤利夫小学館発売

記事を読む

no image

小松俊明「シンプル時間整理術」インデックス・コミュニケーションズ

著者はヘッドハンターだそうだ。次の4つの点に付箋をつけた。読むのに必要な時間は30分程度が目安。外国

記事を読む

no image

築山節「脳が冴える15の習慣」NHK出版生活人新書

ベストセラーだし、ハック物でもあるので読まない理由がない。その期待に違わず読んでいて面白いし、かつ、

記事を読む

no image

外山滋比古「思考の整理学」ちくま文庫

本の帯に魅力的な惹句がある。”もっと若い時に読んでいれば…”。確かにそう思わせる一冊。1986年発売

記事を読む

no image

改定・保育士養成講座編纂委員会編「改定・保育士養成講座2006第9巻 教育原理」全国社会福祉協議会

保育士試験受験シリーズ(9/11) ここだけなぜか、試験範囲の記述とテキストで順番が違う 試験問題の

記事を読む

no image

三浦展「下流社会」光文社新書

挿入されている写真が何ともいえない。パックツアーのパンフレットの「イメージ」の写真のようなもの。「昼

記事を読む

no image

森岡孝二「働きすぎの時代」岩波新書

岩波新書を読んだのは久しぶりな気がする。この本は、タイトルのような問題意識を持つ者にとっての勉強の取

記事を読む

no image

津田大介「情報の呼吸法」朝日出版社

20120912234428 今回は水色だ。前回は黄緑色(グリーンズ編「ソーシャルデザイン ―

記事を読む

no image

ロビン・ダンバー「友達の数は何人?」インターシフト

20120426224053 生物学づいている。身も蓋もない分析のオンパレード。ポリティカ

記事を読む

no image

池田信夫「古典で読み解く現代経済」PHPビジネス新書

20120211000945 セミナーでの講演録。スミス、マルクス、ナイト、ケインズ、ハイエク、フ

記事を読む

google adsense

google adsense

MediaPad M3 LTE プレミアムモデル購入して2か月

20170409130135 もう2か月が経ってしまったけど、記

Windows10アップグレード導入

20160307001116 2台のノートPCにつき、無料のWi

Nexus 6Pが届いた

20151105221617 無事に届いた。 海外荷物受付

Nexus 6Pが発送された

20151103103105 「発送しました」って内容のメールが

Nexus 6Pを発注した

20151031100625 それまでもネット経由でいろいろ調べ

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑