小阪裕司「招客招福の法則2」日本経済新聞出版社

公開日: : 書評(書籍)

新聞の連載コラムの単行本化。内容的に日経の堅いイメージとは違うようにも感じるが、日経MJのほうのようだ 見開きの2ページで一つの話題になっていて細切れ時間でも読みやすい。一気に読むとあっという間に読み終わるくらいの分量。涙腺の緩むような話もある お客さんの信頼を勝ち得、そこから「正価」にこだわって物を販売していこうというメッセージが取れる。そのためには売り手の個性をアピールするので、プライバシーとは相容れないものがある
p16.店頭で価格の異なる2種類のサンマの実物を並べて比較し、「生サンマのおいしい見分け方!」「脂ののりが違う」「焼いてて肉汁がたれおちる」と、お客さんに高いほうのサンマを買うべき理由を大きく書いて教えてみた。結果は、表示し始めた週からサンマの売り上げが前週比70%増と大幅に伸びた。ほとんどのお客さんが高いほうのサンマを買っていったそうだ。また予期しなかった出来事として、こう表示し始めた途端に「ほかにお勧めの魚はどれ?」「こっちの魚はどう見分けるの?」と、声をかけられるようになった p105.私の知る店では、人形探しだけでなく、お客さんとじゃんけんやゲームをしたり、子どもに人気のガチャポンを大人のお客さんに楽しんでもらうために導入するなど、この手の企画を積極的に行うことが多い。このようなことをやろうとすると、スタッフなどから「こんな子供じみたことにお客さんが乗ってくれるでしょうか」と反対されることがある。よくある反応だ。そのときは、かのウォルト・ディズニーの言葉、「人はいつから子どもじゃなくなったんだね?」を思い出していただきたい。実は大人と子どもに境目はない p117.「売る」という行為には2種類ある。「お客さんが買いに来たものを売る」ことと、「お客さんを欲しい気持ちにさせて売る」ことだ。そして後者ができる商人はどんなものでも売れる。これもまた、商売の無限の可能性なのである p125.マニュアル作りの最大の効果は、各人が実際にセールストークを行うときの具体的な参考になるということだ。慣れないことには戸惑いがあるのが普通なのだが、たとえば今回のような販促活動の際、スタッフに「お客さんに何を話せばいいんでしょうか」と聞かれると、つい「そんなことは自分で考えろ」と言ってしまいがちだ。あるいはこういった細かいマニュアルを作って渡すと、各自が創意工夫をしなくなるといった懸念も聞かれるが、皆がスムーズに始められることで実際には成果につながる p132.売り手と買い手との間に人間関係があり、売り手が提案するものに常に嘘がなく、期待通りかときに上回るものであれば、商品の中身を知らずして顧客は商品を買うことがあるのだ。中身を知らずとも正価で買うのであれば、売り上げ作りは決して難しいものではなくなる。そして必ずしも店頭在庫を持つ必要もない。買い手はその商品が何なのかを知らないので、緊急の必要性とは関係なく買っているからだ。商品が入荷するまで待つことができる p168.「私は人形です。オリンピックを目指して体操の練習をしていました。平均台から落ちて足を負傷。手術は成功。夢は実現しませんでしたが、第2の目標で顔晴ります。こんな私ですが、お友達になってくれませんか?」 すると、来店した50代のご婦人がこのPOPを見て「人形を2体ください」と言った。女性スタッフが「1体は不良品ですので、1体しかありません」と応えると、そのお客さんはこう返した。「いいんです。けがした人形も含めて、2体ほしいのです」。そうして彼女は2体の人形とともに、そこに張られていたPOPまでも一緒に買っていった。もちろん2体とも「正価」である
20080930060000

google adsense

関連記事

no image

花村萬月「父の文章教室」集英社新書

実は、氏の小説は一つも読んだことがない。気にはなってはいるんだが。この本を最初に読んだということは、

記事を読む

no image

徳力基彦「デジタル・ワークスタイル」二見書房

ハックス的な各論だけでなく、もともとの考え方に共感。最近の中でもっとも良書を感じた p6.そもそも、

記事を読む

no image

山鳥重『「わかる」とはどういうことか』ちくま新書

アカデミックに書いてあり、いちいち納得がいく。しかし、よく考えてみれば当たり前と思われるようなことだ

記事を読む

no image

野口吉昭「コンサルタントの習慣術」朝日新書

p25.ある都市銀行の方と一緒に仕事をしたときに聞いた話がある。彼は、若いときに、ヒサヤ大黒堂の担当

記事を読む

no image

斎藤美奈子「文章読本さん江」ちくま文庫

20120205232924 文章術とかレトリックに関する本は私の好むジャンルのひとつ。それらのな

記事を読む

no image

キャリー・マリス「マリス博士の奇想天外な人生」ハヤカワ文庫

自分を信じることの大切さ。人が何のために動いているのかを知らずに影響されることの愚かさ。自分が楽しむ

記事を読む

no image

藤原和博「給料だけじゃわからない!」ちくま文庫

仕事に関する新たな視点をビジネスマンに提示。全体的なトーンは賛同。ルーチンワークに疲れたサラリーマン

記事を読む

no image

スティーヴン・D.レヴィットほか「ヤバい経済学」東洋経済新報社

買って、読まずにモタモタしていたら、増補改訂版が出てしまった。本も鮮度が結構大事。著者のブログを眺め

記事を読む

no image

山口正人・豊田圭一「自分がいなくてもまわるチームをつくろう!」明日香出版社

20090601013127 だいたい、こういうテーマの本は読むようにしている。新しい発見

記事を読む

no image

田村秀「データの罠 世論はこうしてつくられる」集英社新書

20061223220000 結構評判が高かったと理解していたが、期待したほどの驚きはなか

記事を読む

google adsense

google adsense

MediaPad M3 LTE プレミアムモデル購入して2か月

20170409130135 もう2か月が経ってしまったけど、記

Windows10アップグレード導入

20160307001116 2台のノートPCにつき、無料のWi

Nexus 6Pが届いた

20151105221617 無事に届いた。 海外荷物受付

Nexus 6Pが発送された

20151103103105 「発送しました」って内容のメールが

Nexus 6Pを発注した

20151031100625 それまでもネット経由でいろいろ調べ

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑