今尾恵介監修「日本鉄道旅行地図帳」新潮社

公開日: : 最終更新日:2013/04/27 書評(書籍)



20081220202100





地図に廃線を含めた記載がある。昔これほど多くの鉄道があったということが分かる。例えば、軽井沢から万座温泉まで北上する鉄道があったことなんか、信じられない。車でドライブするルートとしてのみ理解していたので

北海道、東北、関東などで分冊になっている。地元の部分については必ずしも鉄道に興味がない人にも面白いかもしれない。自分にゆかりのない地域の本はこういった共感が感じられない。例えば東北はほとんど感じるものがなかった

鉄道に関係する施設の案内がある。行ってみたくなる。実際に動く機関車があるとかいう情報もある。その辺に旅行に行ったときに立ち寄ってみたいと思ったりする

碓氷峠や青函トンネルの断面図など図示が豊富なところもいい

鉄道マニアでもなく、地図マニアでもないが、いずれも好きなほうなので、それなりに楽しめる。いずれも興味がないのであればお勧めできない



google adsense

関連記事

no image

マイケル・J・ロオジエ「引き寄せの法則」講談社

読みやすいし、適当に流して読んでいても内容がしっくりと頭に入ってくる良書。元々この類の本は、読む側の

記事を読む

no image

村上春樹「走ることについて語るときに僕の語ること」文藝春秋

村上春樹の本を久しぶりに読んだ。しかも、こういった小説でないものを。少しマラソンに興味を持ち始めたこ

記事を読む

no image

苫米地英人「頭の回転が50倍速くなる脳の作り方」フォレスト出版

読了の所要時間は1時間くらい 英語のドラマをずっと見続けるというのはおもしろい方法だ。内容によって

記事を読む

no image

今井雅人「外国為替トレード勝利の方程式 投資を極める!本当は教えたくないプロのノウハウ」日本実業出版社

20050905224400 程よくまとまっている外国為替取引のノウハウ本。難しそうな取引

記事を読む

no image

鎌田浩毅「次に来る自然災害」PHP新書

20120702005354 今回の東日本大震災を解説し、そんな災害が発生するに至った前提とし

記事を読む

no image

中西輝政「日本人として知っておきたい近代史(明治編)」PHP新書

誤植の目立つ、雑な作り。内容との関係では十分に買いの一冊。新書だし 大学受験のときに、近現代史はか

記事を読む

no image

朝日新聞社編「『育休父さん』の成長日誌 育児休業を取った6人の男たち」朝日新聞社

育児休業した6人の男性の文章をまとめ、最後に弁護士による男性の育児休業の解説と実際の取得者に対して行

記事を読む

no image

山鳥重『「わかる」とはどういうことか』ちくま新書

アカデミックに書いてあり、いちいち納得がいく。しかし、よく考えてみれば当たり前と思われるようなことだ

記事を読む

no image

司馬遼太郎「功名が辻(3)」文春文庫

20050711165100 (3)でも最初のほうは秀吉の話ばかり。仮想園遊会や醍醐の花見

記事を読む

no image

門倉貴史「こっそり儲ける経済学」三笠書房

20080121060000 前に読んだ別の著作"門倉貴史「出世はヨイショが9割」朝日新書

記事を読む

google adsense

google adsense

MediaPad M3 LTE プレミアムモデル購入して2か月

20170409130135 もう2か月が経ってしまったけど、記

Windows10アップグレード導入

20160307001116 2台のノートPCにつき、無料のWi

Nexus 6Pが届いた

20151105221617 無事に届いた。 海外荷物受付

Nexus 6Pが発送された

20151103103105 「発送しました」って内容のメールが

Nexus 6Pを発注した

20151031100625 それまでもネット経由でいろいろ調べ

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑