杉山勝行「10人の達人に学ぶセルフブランドの創り方」三修社

公開日: : 最終更新日:2011/09/19 書評(書籍)



昔読んだものを再読したもの。昔のチェックと今回のチェックの内容が微妙に異なっている。過去にチェックしたとおりに朝7:00から仕事が始められているというところから自分にとって大事なポイントでなくなった部分があったり、一方で大病が転機となったというところに目が行くようになったり。いずれにせよ再読なので、読み進めるスピードは速い

過去にも、同じ著者の同じようなものも読んでいるではないか!

hiog: 杉山勝行ほか「自分ブランドの創り方」全日出版



p33.松山真一氏「たしか、3Mだったと思いますが、15%ルールというものがあって、就業時間の15%は個人が何に使ってもいい。自分を高めるためには外で映画を見ても本を読んでもいい。ただし、それが結果として個人の能力を高め、それが社業に貢献すればいいというものです。そういう度量が企業にあったとすれば、仕事は仕事としてやりながらもお昼休みに、自分のテーマの情報を発信するということを、もっと積極的に行ったらいいですね。情報発信はそれ以上に入ってくるものがたくさんあります。是非やるべきです」

p130.堀明浩氏「若いビジネスパーソンは心理学を絶対に学ぶべきです。会社というのは組織ですから、組織力学で動くものです。その中で『個の確立』が最も重要だと思います」

p178.野村正樹氏。入院生活を送ったことによって、会社内でも『大病を患った』というレッテルを貼られてしまった私は、がむしゃらに働いて昇進競争を勝ち抜き、将来、サントリーの幹部や役員になるという道を完全に閉ざされてしまったのです

p184.「仕事は辛くてあたりまえ。楽しかったら金を出せ」

p197.藤原和博氏。この病気の時、藤原氏は”自己の客体化”というキーワードに出会う。「どうやったら自分らしく、自分にしかできない生き方が探し出せるのか」河村幹彦氏が自己実現として本を出版しようと思ったのが、胃潰瘍で倒れた病院の病室であったという。著書の中でも、『寄る辺もない病室で、妻と子供の将来をいろいろと案じました。結論は会社だけに頼ってはいけない。自分の価値を高める生き方をしよう。自分しかできないものは何か? これを追求してみよう』と考えた河村氏は自己啓発に励み、リスクマネージメントの本を後日、出版することになる。また本書で登場するサントリー出身の作家・野村正樹氏も河村氏と同じ心理状況を味わっている。そう考えていくと病気というのは、人生を深く思索させる効用を持つのではないかと思えてならない

p202.「『公というのは会社の時間であり、私というのはプライベートな時間で、それらを混同していけない』という考え方を私はまったくしていない」



松山氏の書評メルマガはもう10年くらい講読し続けている

野村氏の本も鉄道や時間管理を中心によく読んだ

“hiog: 野村正樹「「鉄道式」時間活用術」講談社”

“hiog: 野村正樹「上に立つ人の24時間管理術」すばる舎”

藤原氏についても、少し気に入らないものの、たくさん読んでいる

“hiog: 藤原和博「人生がつまらない人へ」ダイヤモンド社”

“hiog: 藤原和博「味方をふやす技術」ちくま文庫”

“hiog: 藤原和博「お金じゃ買えない。」ちくま文庫”

“hiog: 藤原和博「建てどき」情報センター出版局”

“hiog: 藤原和博「給料だけじゃわからない!」ちくま文庫”

20090112130800


google adsense

関連記事

no image

朝日新聞社編「『育休父さん』の成長日誌 育児休業を取った6人の男たち」朝日新聞社

育児休業した6人の男性の文章をまとめ、最後に弁護士による男性の育児休業の解説と実際の取得者に対して行

記事を読む

no image

平秀信「『行列のできるスーパー工務店』の秘密」日本実業出版社

実体験に基づく工務店の経営指南書。自分のビジネスモデルをこうもあからさまに書いてくれるのはありがたい

記事を読む

no image

鈴木理生「東京の地理がわかる事典」日本実業出版社

じっくりと1ページ1ページ読み込んでしまう良書。本当かどうか分からないが、かなりマニアックな内容で、

記事を読む

no image

竹村公太郎「日本史の謎は「地形」で解ける」PHP文庫

20141008223058 日本史の謎は「地形」で解ける (PHP文庫)著者 : 竹村公太郎PH

記事を読む

no image

三枝匡「戦略プロフェッショナル」日経ビジネス人文庫

タイトルは少し堅苦しい。しかし、内容は物語のかたちをとっているのでスラスラと読み進められる。少し単純

記事を読む

no image

司馬遼太郎「功名が辻(1)」文春文庫

20050701213500 山内一豊とその妻千代の出世物語。司馬遼太郎の本はハズレがない

記事を読む

no image

倉田真由美・山崎元「ダメだ!この会社」小学館

第2章以降は会社をいろいろな切り口からダメ出ししてくれる。特に、山崎さんの経験に基づく話が面白い。そ

記事を読む

no image

大山泰弘「働く幸せ」WAVE出版

会社経営の理想。自分の信じた道を進んで、その夢を実現する。ヤマト運輸の後の小倉昌男のよう。政府など時

記事を読む

no image

加登豊「管理会計入門」日経文庫

これと同じ方の本だ hiog: 加登豊「インサイト管理会計」中央経済社 最近、管理会計の本をよく

記事を読む

no image

竹内淳「外国為替投資の基礎常識」実業之日本社

最近、外国為替証袖金取引がツイている。このところ毎週、万から10万の単位で利益を出している。ある金融

記事を読む

google adsense

Comment

  1. 近藤 功 より:

    ブログ拝見させて頂きました!
    またお邪魔させて頂きま~す!!

google adsense

MediaPad M3 LTE プレミアムモデル購入して2か月

20170409130135 もう2か月が経ってしまったけど、記

Windows10アップグレード導入

20160307001116 2台のノートPCにつき、無料のWi

Nexus 6Pが届いた

20151105221617 無事に届いた。 海外荷物受付

Nexus 6Pが発送された

20151103103105 「発送しました」って内容のメールが

Nexus 6Pを発注した

20151031100625 それまでもネット経由でいろいろ調べ

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑