斎藤一人「変な人が書いた人生が100倍楽しく笑える話」角川書店

公開日: : 最終更新日:2012/07/04 書評(書籍)



また、ちょっと古くなった本だけど

CDが付いている。本著によると、これがあるのでこの本では利益が上がらないそうだ。CDの内容は、著者のこれまでの、または今回の話と重複するところがだいぶあるけれども、やっぱり肉声だというところに、よい味わいがある。何度も聴いた

いい話がある。別に涙をボロボロ流すような話ではない。そして、実はよくある自己啓発の話のエッセンスに通じるところもある。しかし、目をギラギラさせて、勝間本や神田本を読むよりも、なんだかカッコがいいです

なんか民間信仰みたいな、たしかに漢方を売る人だなあ、という気もする。揚げ足取りはしないほうがいい。これは悪口ではないです



p31.どこかで人の機嫌をとってませんか? たとえば、自分の隣に、機嫌の悪い人がいます。そうすると、「どうしたの? 何かあったの?」って、機嫌をとっちゃダメですよ。あちらは、あちらの都合で機嫌が悪いんです。こちらは、こちらの都合で機嫌がいいんです。わかりますか? 隣の人がどんなにブスッとしていても、自分の機嫌をとるんです。それで、自分だけニコニコしているんです

p40.全力を出し切ると損だ、と思ってる人がいるかもしれないけれど、そうじゃないの。本田宗一郎さんってご存じですよね、あのホンダの創始者の。あの方は、元々小さな町工場をやっていたんだけど、ハンマーを朝から晩までふってたらしい。それで本田さんが使ってたハンマーの柄のほうは削れたけれど、本田さんの手が削れた、ってことはないんです。手は、丈夫になって、皮が厚くなってきた。それで、タコだらけ。タコだらけだけど、精密機械で測っても、測れないぐらいの微妙な、微差も、そのタコだらけの手でふっと触っただけで、わかっちゃう

p43.頭を使わないから、ボーッとしちゃうんじゃないですか? 頭でもそうだけど、アイディアでも使わないとダメなんです。自分に出た知恵を、惜しんじゃダメなんです。一生懸命、一生懸命、教えあうの

p48.徳って何ですか? って、いうことなんですけど……。人の心が軽くなること。それから、人の心が明るくなること。こういうことをする人が「徳がある」っていうんです。いつも暗そうな顔してる人がいるでしょ? 実はあれ、あれだけで罪なんですよ。だって、その顔を見てるだけで暗くなっちゃう

p53.「タダより、高いものはない」の、本当の意味って、そういうことではない。どういう意味かというと。あなたの顔についてる、その目は、おいくらで買ったんですか? タダですよね。ところで、その2つの耳は、いくらでお買いになりました? タダですよね。じゃあ、「その耳、オレ、100万円出すから切っていい?」って、いわれたら、ちょっと嫌ですよね。100万円を出しても、切られちゃうのは嫌だと思う耳を、神さまは、タダで、あなたにつけてくれてる。それから、空気だって、お勘定を払ってないじゃない? だけど、これ、貴重品なんですよ。雨だってタダで降ってくるでしょ。本当にお水がなくなったら困るんですよ。鼻だってそうです。なくなったら、メガネがずれる程度の問題じゃないんだから、ね。そういう、本当の貴重品、頭でも何でもそうだよ、タダでいただいてるの。命だってそうですよ。だから、「タダより高いものはない」って、本当の意味はこっちなんです

p72.悪い行いをして出てくる結果を「カルマ」という。だけど、いいことをするじゃない? みんなに、いいことをして、出てくる結果のことを「ダルマ」っていうんです。ただ、「こうやって、いいこと、しよう」って、思っても、自分ではいいことをするつもりでも、失敗しちゃうこともあるんです。だけど、ダルマさんって、すぐ起き上がるでしょ? そのダルマさんになればいいんです。みんなの気持ちが明るくなる話し方を研究しよう、とかね。このいい方、ちょっと変えようとかって、すぐ起き上がる。それで、また、挑戦する。わかりますか?

p84.見るところは自分が勝っているところではないんです。「私が、相手より負けてるところはどこだろう」そうやって、本気で、相手のいいことを学ぼうとしたとき、相手の悪いところなんか、どうでもよくなるんです

p122.「あの人は大金持ちだから、ナツメは半分でもいいんだ」と、思っている。それで、だまされたお金持ちのほうも、そんなことは知っているんです。だけど、ナツメ半分ぐらいで、ギャーギャー騒がないんです。それで、そういう人のことを、「大人の大金持ちだ」と、思っているんです



20090320203100

google adsense

関連記事

no image

グリーンズ編「ソーシャルデザイン ―― 社会をつくるグッドアイデア集」朝日出版社

20120912002026 書き殴った感じの文章。本当にアイデアをいただくための本であり、何

記事を読む

no image

大前研一「私はこうして発想する」文藝春秋

20090304230300 先日、古い本(hiog: 大前研一「遊ぶ奴ほどよくデキる!」

記事を読む

no image

金井寿宏「仕事で「一皮むける」」光文社新書

過去に読んだ"金井寿宏・高橋俊介著「キャリアの常識の嘘」朝日新聞社"で紹介されていたことから興味を持

記事を読む

no image

加藤昌治「考具」TBSブリタニカ

20070826061000 多くのことが書かれているが、かといって翻訳本的なびっしりと活

記事を読む

no image

マイケル・J・ロオジエ「引き寄せの法則」講談社

読みやすいし、適当に流して読んでいても内容がしっくりと頭に入ってくる良書。元々この類の本は、読む側の

記事を読む

no image

デイジー・ウェイドマン「ハーバードからの贈り物」ランダムハウス講談社

お得な読み物。学者が精魂を込めて語る話。それぞれが短くて完結しているのが良い。 読後直ちに感じた、

記事を読む

no image

カズオ・イシグロ「日の名残り」ハヤカワepi文庫

外国を舞台に外国人が活躍する小説には、登場人物の名前を覚えることから始まる、一定の負担がある。しかし

記事を読む

no image

スティーブ・シーボルド「金持ちになる男、貧乏になる男」サンマーク出版

20121015233140 この類の本をちょっとでも読んでいれば、目次で100項目を読ん

記事を読む

no image

松田道雄「定本育児の百科」岩波書店

多世代が同居しない家庭で育児を行うとき、この本を買わなければならない 育児本の古典。著者は数年前に亡

記事を読む

no image

奈良本辰也監修「図説戦国武将おもしろ事典」知的生きかた文庫

内容はコモディティ。9割5分まですでに知っていた情報。戦国時代を通しでお浚いするのに便利。義務教育で

記事を読む

google adsense

google adsense

MediaPad M3 LTE プレミアムモデル購入して2か月

20170409130135 もう2か月が経ってしまったけど、記

Windows10アップグレード導入

20160307001116 2台のノートPCにつき、無料のWi

Nexus 6Pが届いた

20151105221617 無事に届いた。 海外荷物受付

Nexus 6Pが発送された

20151103103105 「発送しました」って内容のメールが

Nexus 6Pを発注した

20151031100625 それまでもネット経由でいろいろ調べ

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑