鴨下一郎『ひとつ「捨てると」人生がひとつ「楽になる」』新講社

公開日: : 書評(書籍)

期待する路線とは少し違った。というのもあまり理屈だったことは書かれておらず、かなりさらっと書き流したような文体で、診療内科的なカウンセリングを行うようなものであった 働く女性に向けた内容が多かったりするが、それで首尾一貫しているわけでもない。想定する読者像というものが明確になっていないように映る あと、この人の本はタイトルにかぎ括弧が多いことを発見した。というか、本文の中にもかなり独自の使い方のかぎ括弧があり、結果としてすごく多い このくらいの本であれば、10分くらいで読み終わるのが普通という感じ
p29.初志貫徹といいますが、途中で失敗だったと気づいたときは、すぐに修正することが大切です。ぐずぐずと「初志」にしがみついていること自体、すでに自分を不幸にしているのです。「看板をかけ直す」こと。人生は何度でもやり直せます。後悔しながら現状に留まっているより、まず動くことが大切です。「心機一転」のほうが、実践的であるように思うのです p42.心配性の人にアドバイスしたいのは、「とにかく体を動かせ」です。じっとしていては、「ああなったらどうしよう。こうなったらたいへんだ」が頭の中を駆け回り、収拾がつかなくなります p58.多弁、多動の人は、普通の人よりも心筋梗塞のリスクが高い、という研究報告さえあります。血圧が上がって、心臓に負担をかけているのです。一方で聞き上手の人は、おだやかで、せかせかと動くことはありません。ゆったりとした態度で耳を傾けますが、それは精神的にリラックスできている証です。病気になるリスクも低いのです p97.残業するときは、さまざまな邪念を捨てて、たんたんと仕事をこなしていくのがいいのです。それが「疲れない」コツとなります p106.「ああ忙しい」が口癖になっている人ほど、じつは「忙しくない」ことがあります。職場の同僚たちはみんな忙しそうなのに、自分だけボーッとしていると仕事ができない人間だと思われるから、「忙しい、忙しい」と。いわゆる見栄です。見栄というのは人を疲れさせるものです。ここで私は、「見栄は、お捨てなさい」……といいたいのです p108.オシャレとは自己演出です。オシャレひとつで自分が「できる人」に生まれ変わり、はつらつと仕事に向かえるような気がしてきます p118.平安文学の紫式部が残した日記には、「自分は宮中では『一』という字の書き方も知らないような、愚かな女を演じていた」という一節があるそうです。これも「できる女」の処世術なのでしょう。しかし「愚かな女」を演じることは、「できる女」にとっては、そうとうのストレスとなっていたはずです p129.いいではありませんか、ひとりでお昼休みを過ごすことにしても。あまり気にしないことです。お昼休みは、あなたの自由にできる時間なのですから。よけいなことで気を惑わされることはありません p135.仕事を持つ女性はしばしばこういう性格を現すものですが、これはその女性の生来のキャラクターというよりも、女であることで損をしているというコンプレックス、そして負けず嫌いの競争心からもたらされている面が強いのでしょう。しかし、こういう精神状態でいることは、いつもイライラ、カリカリさせられることであり、心が安まらないのです。だからこそ女性にとっては「いかに休むか」ということが、とても大切な問題となってくるともいえます。しかし残念なことに、意欲が旺盛なこのタイプの女性ほど「休めない」という現状があります。休むと不安になってくるのです p136.勝ったとか負けたとか、何かの役に立たないかとか、よけいな意識は捨ててください。仕事のことも忘れてほしいのです。無になれたときに初めて心は深く休まるのですから、「ただ夢中になっている」ということを楽しめるようになってください p145.「休んでいるよりも、働いているほうが調子がいいんです」こんなことをいう人がいますが、これは、それだけ強靱な肉体と精神を持っているからではありません。たんに働きすぎて、ストレスや疲労といったものを感じるセンサーが麻痺しているだけなのです p152.休日であっても、いつも起きる時間に目覚めてほしいものです。朝寝坊するとしても一時間までです。その代わり、ゆっくり時間をかけて朝食をいただき、贅沢な朝のひとときを味わったらどうでしょうか
20090327231532

google adsense

関連記事

no image

青木高夫「ずるい!? なぜ欧米人は平気でルールを変えるのか」ディスカヴァー携書

内容がコンパクトにうまく整理できている良書 ホンダの人。排ガスやF1のルールについての言及 よー

記事を読む

no image

コリン・ジョイス『「イギリス社会」入門―日本人に伝えたい本当の英国』NHK出版新書

20130213002054 こういう諸外国の各国物もたまにはいい。やっぱりロンドンオリン

記事を読む

no image

カーマイン・ガロ「スティーブ・ジョブズ 驚異のイノベーション」日経BP

20111221223951 タイトルと内容に齟齬がある悪い見本だ。半分くらいはアップル以外の話だ

記事を読む

no image

松田公太「すべては一杯のコーヒーから」新潮社

20051023000608 起業の話は好き。この本は起業を題材とした極めて典型的な内容。

記事を読む

no image

工藤美代子「悪名の棺 笹川良一伝」幻冬舎

20111124234838 読み応えのあった一冊。夜更かしして体調を崩してしまいそうでも読み続け

記事を読む

no image

宮脇修一「造形集団海洋堂の発想」光文社新書

20130319225803 なにかの書評で見て面白そうなので読んだ。実は10年以上前の古

記事を読む

no image

スティーブ・シーボルド「金持ちになる男、貧乏になる男」サンマーク出版

20121015233140 この類の本をちょっとでも読んでいれば、目次で100項目を読ん

記事を読む

no image

マイケル・ルボーフ「自宅にいながらお金持ちになる方法」ダイヤモンド社①

20071119060000 大昔に買っていたのだが、最近まで読まなかったこの本。そろそろ

記事を読む

no image

倉田真由美・山崎元「ダメだ!この会社」小学館

第2章以降は会社をいろいろな切り口からダメ出ししてくれる。特に、山崎さんの経験に基づく話が面白い。そ

記事を読む

no image

手嶋龍一・佐藤優「インテリジェンス 武器なき戦争」幻冬舎新書

実は諜報関係の話は好き。こうやって気になるところをメモしていると、佐藤氏の発言のほうが圧倒的に多いな

記事を読む

google adsense

google adsense

MediaPad M3 LTE プレミアムモデル購入して2か月

20170409130135 もう2か月が経ってしまったけど、記

Windows10アップグレード導入

20160307001116 2台のノートPCにつき、無料のWi

Nexus 6Pが届いた

20151105221617 無事に届いた。 海外荷物受付

Nexus 6Pが発送された

20151103103105 「発送しました」って内容のメールが

Nexus 6Pを発注した

20151031100625 それまでもネット経由でいろいろ調べ

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑