2万円カー編集委員会「2万円で車を買う!」山海堂

公開日: : 最終更新日:2013/05/12 書評(書籍)



20090415221043





タイトルがやっぱり気を惹く。こういう「なんとか編集委員会」的な個人名のない「編集」の本というのはだいたい面白くないものなんだけど、このくらいのノウハウに特化した本になるとその辺の悪さというのはあまり目立たない

やっぱり2万円でひどい車を買って自分で修理や強度のメンテナンスをする気にはどうしてもなれないんだが、それでも読んでみると、なかなか見えにくい自家用車という制度とか、壊れやすいところとか、そんな普通に新車を買うような人にはあまり役立ちそうにない知識が得られたりして、要は面白い

後半部分は単なるYahoo!オークションの使い方というくらいの内容なので、その辺は知っている人はパス



google adsense

関連記事

no image

日垣隆「ラクをしないと成果は出ない」大和書房

20110719233440 つまらないことから撤退する。あらかじめ枠のある新聞、テレビの

記事を読む

no image

TVや雑誌や新聞が浅すぎる/森博嗣「常識にとらわれない100の講義 」大和書房②

20130218233119 普通であること/森博嗣「常識にとらわれない100の講義 」大

記事を読む

no image

コリン・ジョイス『「イギリス社会」入門―日本人に伝えたい本当の英国』NHK出版新書

20130213002054 こういう諸外国の各国物もたまにはいい。やっぱりロンドンオリン

記事を読む

カレン・フェラン「申し訳ない、御社をつぶしたのは私です。」大和書房

20140608110929 申し訳ない、御社をつぶしたのは私です。著者 : カレン・フェラン大和

記事を読む

no image

マーク・ピーターセン「日本人の英語」岩波新書

20090930220827 久しぶりに岩波新書を読んだ。古い本 不定冠詞のaとそれにつ

記事を読む

no image

養老孟司「バカの壁」新潮新書

3時間弱で一気に読み終わってしまった。面白い。やっぱりベストセラーはそれなりの理由があるということを

記事を読む

no image

畑村洋太郎「みるわかる伝える」講談社

面白い。いくつか具体的な事例の紹介もある。すんなりと読み進められる平易さ。人にものを理解させる、知識

記事を読む

no image

松島庸「追われ者」東洋経済新報社

昔の本だが、縁あって読むことになった いまとなっては旧聞に属するクレイフィッシュの事件。一つの企業

記事を読む

no image

鎌塚正良「日本マクドナルドホールディングス会長兼社長兼最高経営責任者(CEO)原田泳幸(編集長インタビュー)」週刊ダイヤモンド2011/11/05

20111101201027 1カ月前の週刊ダイヤモンドでも氏のインタビューが載っていた。

記事を読む

no image

ケン・ブランチャード「ザ・リーダーシップ」ダイヤモンド社

リーダーシップのいろはが、ストーリー仕立てでわかりやすく説明されている。ストーリーが陳腐になりがちな

記事を読む

google adsense

google adsense

MediaPad M3 LTE プレミアムモデル購入して2か月

20170409130135 もう2か月が経ってしまったけど、記

Windows10アップグレード導入

20160307001116 2台のノートPCにつき、無料のWi

Nexus 6Pが届いた

20151105221617 無事に届いた。 海外荷物受付

Nexus 6Pが発送された

20151103103105 「発送しました」って内容のメールが

Nexus 6Pを発注した

20151031100625 それまでもネット経由でいろいろ調べ

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑