西村英俊「会社は毎日つぶれている」日経プレミアシリーズ

公開日: : 最終更新日:2012/09/24 書評(書籍)



20090816214933





日商岩井や双日が経営危機だったときに経営者だった人であり、その辺のエピソードがところどころにあり、おもしろい

役員になったばかりの人や自営業の人によい指導書となるように思う

タイトルからは、冷静な経営の仕組みに関する分析とヒントを与えることを請け負っているように、なぜか思えた。そのような予断を持ってこの本を手に取ったのかどうかさえ忘れてしまったのだが、確かに、タイトルと中身が違う。もっと「訓」という言葉が似合いそうな内容だ

語調に極めて違和感を感じる。これを改善すると内容が半分くらいになってしまうのかもしれない



p153.社長、あなた自身が知って、事実を発信する、公表する、恐れない、そして評価する。あなたが情報を使って見せれば、なるほど社長が訓辞で言っている、何でもオープンにせよ、とはこういうことなのかと、役員、職員が実際に理解して、不祥事に関する情報も聞こえてきやすくなります。もちろん安心してしまってはいけませんがね。内部告発をさせないためには、自らが発信元になってどんな小さな事故や事件も公表する透明度の高い体質の会社なのだと実感させることです





google adsense

関連記事

no image

井上功「借金1兆円を10年で返したリクルートの現場力」ダイヤモンド社

リクルートの仕組みの解説。細かく記述されており参考になる。特に、人材育成、目標管理、チームアップなど

記事を読む

no image

横田好太郎「キヤノンとカネボウ」新潮新書

何かの雑誌で紹介されていた本。1時間程度で読み終わる内容 非常に対照的な職場に在籍した著者の貴

記事を読む

no image

金井寿宏・高橋俊介著「キャリアの常識の嘘」朝日新聞社

構成が面白い。2人がキャリアに関する20の質問にそれぞれの考えで答えを出していく。読者はそれを比較し

記事を読む

no image

片岡正人「市町村合併で『地名』を殺すな」洋泉社

主要ビジネス誌で、ここのところ時をおいて紹介される奇書。タイトルのとおり、市町村合併で新たな地名が慎

記事を読む

no image

山根一眞「メタルカラーの時代3」小学館文庫

20111226181926 このシリーズを連続で読んでいる。たぶん、全部読む 山根一眞「メタル

記事を読む

no image

門倉貴史「出世はヨイショが9割」朝日新書

20071228060000 正直、この本には後悔している。自分の信頼するある書店にて平積

記事を読む

no image

内藤誼人「悪魔の対話術」ダイヤモンド社

著者の本はたくさん読んでいる。メモをとったのは、これだけだけど hiog: 内藤誼人「勝つための「

記事を読む

no image

野村正樹「「鉄道式」時間活用術」講談社

最近、この本の文庫版が出たような気がする。それを契機に昔から気になっていたこの本を読んでみた 目の

記事を読む

no image

西岡常一「木に学べ」小学館

学者をやり込めた話。具体的な名前も出てくる。学者に対する不信 経験からくる確信。祖父から教わったこ

記事を読む

no image

司馬遼太郎「関ヶ原(中)」新潮文庫

20090106100100 "司馬遼太郎「関ヶ原(上)」新潮文庫"の続き 先日、今年の

記事を読む

google adsense

google adsense

MediaPad M3 LTE プレミアムモデル購入して2か月

20170409130135 もう2か月が経ってしまったけど、記

Windows10アップグレード導入

20160307001116 2台のノートPCにつき、無料のWi

Nexus 6Pが届いた

20151105221617 無事に届いた。 海外荷物受付

Nexus 6Pが発送された

20151103103105 「発送しました」って内容のメールが

Nexus 6Pを発注した

20151031100625 それまでもネット経由でいろいろ調べ

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑