佐々木常夫『「捨てる仕事」を決める――出ない、会わない、読まない(ワークライフバランスを実現する仕事術)』週刊東洋経済2009.6.13

公開日: : 最終更新日:2012/02/10 書評(雑誌), 週刊東洋経済



今日はone by oneで



・出なくて済む会議はできるだけ出ないようにしてきた。組織横断的会議に、自分と同じ組織の人が2人も3人も出席するときは、自分は欠席し、出席した人に後から結果を聞くことで、「会議時間をいただく」ことができる。あまり出たくない会議だが、どうしても出なくてはならない場合、私はいつも自分の仕事を持ち込んで、アルバイトをしていた



問題なのは、1.会議においてのみ重要な情報がしかも口頭で伝えられること、そして、2.その会議に代表として出席した人間が内容をしかるべき人員に伝えないかまたは小出しにすることで自分の実質的には大したことのない権力の源泉としていること、さらには、3.そういった情報制限的な会議に限定的に出席を招待されることがステータスを示すカルチャーであること、この3点である。このため自ら会議に出席し、第3の観点を押さえた上で、1倍の速度をもって会議の内容を理解しなければならず、その一方で第1および第2の観点からのアンチテーゼとして、会議の内容を詳らかに活字化した上で完全な形で関係者に開示する。そんな闘争らしきことをまずは虚しく続けていたりする。こういうことはブレずに続けていればいつか世論が変わるときが来ると、小泉純一郎をイメージしながら只管打坐するのだ



・アポイントをとって私のところに来てくれるケースで、3-4人で来るのだが、その中に最初から最後まで一言も話さない人がいた。「いったいこの人は何のためについてきたのだろう?」と不思議で仕方がない。先日も「効率的な仕事の進め方」について社員向けの講演をしてほしいと依頼してきた会社があったが、その打ち合わせのために、なんと5人もが来社して、びっくりした。講演依頼のためなら、せいぜい2人がいいところではないか? そのような会社には、きっと”効率化のネタ”が山ほどあるに違いない



会議で話さない人のなかには、能力的に話ができない人がいる。また話すためでなく、聞くために来る場合がある。1人でないというのは、証人という価値としてよくわかる。それを超える人数である場合、経験的には、将来のための経験として育成的観点から同席させる場合、または、役職のある人が同席しないのはおかしいから目付役などの適当な役回りで立場上来るということがある。前者は若者であり、後者は老人である。問題なのは、こうやって同席で直接聞かせることでしか経験を分かち合うことできない、という言語能力または忍耐力の欠如。簡単にいうと、メモを作らない。だから、こういう場合に丁寧に話をしても、目の前の人間にしか伝わらないと考えても、そう間違いではない



・都内の会社や団体だと、ほとんどが事前説明に来る。しかし、わざわざ訪問しなくても、メールを使って対応すればよいのではないか? しっかりと要件を伝えるメールを作成するのに、30分ほど時間をとられるかもしれないが、そのほうがずっと効率的だ



わざわざ訪問に来るということは、先方の戦略の可能性がある。切り口としては、1.些細なことでも会うことで気に入ってもらう熟知の法則。これは筆者のような合理的な人間には訴えにくい。2.メールなど文書で示すことは情報を整理して保存容易な形で渡しきることであり、熟知の法則を使いたい営業サイドとしては今後に繋がる飯の種が少ないということ。あ、1.と2.って同じことだ。3.ずっと自分の職場にいると辛いので気分転換に外出しただけだ、訪問先の様子も見たいし。私の場合には、会議となった場合にもこちら側で嫌になるほどノートPCなどでメモをとるのであり、また今後の連絡でこちら側からはメールになるので、無効化する。3.についてもわからないではないが、もっとストレートに気分転換やお外の経験しようぜ

20091012210823

google adsense

関連記事

no image

「注目の高濃度ビタミンC点滴ガン治療には効果があるのか(特集超健康術)」週刊ダイヤモンド2011/12/31・2012/01/07新年合併号

20120114003115 今週号は力が入っている。この特集は面白い。読者層にうまくピントをあわ

記事を読む

no image

海老沢泰久「マスターズが世界一美しい理由」週刊東洋経済2005.5.21

20050613210245 マスターズが私的であるため、その運営において妥協なく理想を追求してい

記事を読む

no image

藤原秀次郎「専門家頼みではダメ/素人の『理屈』こそ宝(有訓無訓)」日経ビジネス2006年1月23日号

話し手は、しまむらの会長 我が意を得たり、というところ。専門家というのは一定の見方に凝り固まっており

記事を読む

no image

佐藤吉哉「梅棹忠夫氏 発想生む「頭の霧箱」(編集長インタビュー)」日経ビジネス2007年4月30日号

20070511060700 刺激ある文章。しかし、実際の話がそう行われていたとしても、そのまま関

記事を読む

no image

長谷川高宏「毒ギョーザ騒動と危険妄想のウソ」週刊東洋経済2008.2.16

・どうやら“事件”の様相が強まってきた。JTの子会社が販売していた中国製商品によって各地で食中毒が引

記事を読む

no image

佐藤吉哉「坂本幸雄氏 天下を取り、悪習を正す(編集長インタビュー)」日経ビジネス2008年3月10日号

20080323155400 最近、企業のオーバープレゼンスということに意識が行っている。そのよう

記事を読む

no image

林康史監修「Q&Aで読み解く必勝!投資の心理学」週刊東洋経済2006.4.8

この号の株投資の特集は面白くて一気に読んでしまった。その中で、この記事は最近流行の行動ファイナンスの

記事を読む

no image

田村俊一、小谷昌幸「検証・オリンパス問題 働かなかった外部チェック」日経ビジネス2011.12.26・2012.1.2

20120104090409 見えている会社や国民の困窮に手をさしのべることは、目の前のことであっ

記事を読む

no image

並木厚憲ほか「トヨタも見習う自動車販売の革命児(特集/日本で一番売れるサービス)」週刊東洋経済2007.8.11-18

20071026062800 BMWを買いたいとか乗りたいという気がどうも起こらない。高いし、燃費

記事を読む

no image

山田昌弘「結婚難の日本人男性 THE COMPASS」週刊東洋経済2012.6.30

20120628234327 いやらしいけど、こういう話が好き。この「女性上昇婚」って、結

記事を読む

google adsense

google adsense

MediaPad M3 LTE プレミアムモデル購入して2か月

20170409130135 もう2か月が経ってしまったけど、記

Windows10アップグレード導入

20160307001116 2台のノートPCにつき、無料のWi

Nexus 6Pが届いた

20151105221617 無事に届いた。 海外荷物受付

Nexus 6Pが発送された

20151103103105 「発送しました」って内容のメールが

Nexus 6Pを発注した

20151031100625 それまでもネット経由でいろいろ調べ

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑