ひすいこたろう『心にズドン!と響く「運命」の言葉』王様文庫

ガンジーのこの言葉って好きなんだよなあ。英語で Good travels at a snail’s pace. でいいのかな なんか、このメモを見ても、自分の心境というか、読む人によって、汲み取る物が違うんだろうなあ、と思わせられる あと、タイトルが羨ましい。「心にズドン」で検索すると、この本しか引っ掛かってこない
p21.「お前はいつもそこで何をしてるんだ!? 見せろ!」トレーラーの中にはなんと、トレーニングマシンがズラリと並んでいました。シューマッハは、ミーティングの後、一人で体を鍛えていたのです。そのとき、シューマッハはこう言いました。「俺はフェラーリを世界一にする」チームのメンバーは何も言えませんでした。次の人から、チームフェラーリは変わりました。「何が何でも、シューマッハを世界一にしよう」を合言葉に、チーム一丸となったのです。それは、チームだけにとどまらず、フェラーリ全社員にもおよびました p25.ピカソは1日5作品以上のペースで書き続けていたことがわかります。心理学博士の小林正観先生から、「天才は数」と教わりました p41.「確信を持て、いや、確信があるように振る舞え。そうすれば次第に本物の確信が生まれてくる」ヴィンセント・ヴァン・ゴッホ p81.人からもらった気持ちやプレゼントは心にガツンと響きます。同じ物でも、ものすごく効きます。つまり、人が『持っている力』とは、自分を幸せにする力ではなく、『他人を幸せにする力』なんです p94.アニメ「アルプスの少女ハイジ」に出てくるワンシーンで、ハイジがアルムじいさんにこう質問します。「おじいちゃん。夕焼けは、なぜ、こんなに美しいの?」アルムじいさんの答えはこうです。「人間であろうと、何であろうと、お別れするときが一番美しいんだ。いま、太陽がね、地球からお別れをしているから、こんなにも、人の心を打つんだよ」 p101.すぐれた魂ほど、大きく悩む。坂口安吾 p115.ないものを嘆くな、あるものを活かせ。松下幸之助 p115.青がないときは赤を使えばいい。ピカソ p116.不足を不足とするは、わびにあらず。千宗旦 p152.アートの世界というのは、ある瞬間にものすごくとんでもなく飛躍するの。なぜかと言われても、何も、誰もわからない。だけど飛躍する作家としない作家がいる。そこなんだ。飛躍するときは、破れかぶれなんですよ。池田満寿夫 p198.善きことは、カタツムリの速度で動く。マハトマ・ガンジー p202.雨だれが石を穿つのは、激しく落ちるからではなく、何度も落ちるからだ。ルクレティウス p214.チャレンジして失敗を恐れるよりも、何もしないことを恐れろ。本多宗一郎 p221.見えないところをきれいにすると、見えるところが光りだす。松下幸之助 p231.「あなたが美しいのは、愛されようとするときより、愛するとき」聖書 p236.晴れの日は枝が伸びる。雨の日は根が伸びる。福島正伸 p241.「何によって人に憶えられたいか」を自らに問い続ける。ピーター・ドラッカー p248.「失敗は小さな成功」菅野一勢
20091103103735

google adsense

関連記事

no image

ポール グレアム Paul Graham「ハッカーと画家」オーム社

20130128225245 コンピュータ関係の仕事に関係するならば読んでおかなければと思

記事を読む

no image

小堺桂悦郎「なぜ、社長のベンツは4ドアなのか?」フォレスト出版

会計制度の説明も行いつつ、中小企業の節税などに関するちょっとしたティップスを本の体裁にしたもの。難な

記事を読む

no image

橋元淳一郎「時間はどこで生まれるのか」集英社新書

20080929060000 一応通読したけど、概観しかないので、それだけではまだまだ難し

記事を読む

no image

デイジー・ウェイドマン「ハーバードからの贈り物」ランダムハウス講談社

お得な読み物。学者が精魂を込めて語る話。それぞれが短くて完結しているのが良い。 読後直ちに感じた、

記事を読む

no image

改定・保育士養成講座編纂委員会編「改定・保育士養成講座2006第5巻 小児保健」全国社会福祉協議会

保育士試験受験シリーズ(6/11) ここまでの5科目で1日目の試験は終了。明日の試験ための勉強時間を

記事を読む

no image

ジム・レーヤー「ビジネスマンのためのメンタルタフネス」TBSブリタニカ

精神の状態を4つの分類にわけて、精神コントロールに重要な切り口から各章で説明していく。なかなか説得的

記事を読む

no image

水野敬也「夢をかなえるゾウ」飛鳥新社

ビジネス上の成功ための秘訣を各章に持ってきて簡単に説明する。それを架空のストーリーの上で展開する感じ

記事を読む

no image

酒井順子「負け犬の遠吠え」講談社

このベストセラーは旬は過ぎてしまった感はある。しかし、そういう読み方が多いのが私 これは、現代の奇

記事を読む

no image

徳大寺有恒「徳大寺有恒のクルマ運転術」草思社

内容をざらっと見ておくと極めて有益。車を運転する人もそうでない人も 小さな項目ごとに独立した内容とな

記事を読む

no image

中崎タツヤ「もたない男」飛鳥新社

もう、大昔になるが、当時、出入りしていたスペースに置かれていた、誰かの読み終えたビッグコミックスピリ

記事を読む

google adsense

google adsense

MediaPad M3 LTE プレミアムモデル購入して2か月

20170409130135 もう2か月が経ってしまったけど、記

Windows10アップグレード導入

20160307001116 2台のノートPCにつき、無料のWi

Nexus 6Pが届いた

20151105221617 無事に届いた。 海外荷物受付

Nexus 6Pが発送された

20151103103105 「発送しました」って内容のメールが

Nexus 6Pを発注した

20151031100625 それまでもネット経由でいろいろ調べ

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑