藤田紘一郎「飲み過ぎると水中毒に(水で健やか)」日経2009/11/08



20091118222223

「水はいくら飲んでも悪くならない/水は飲むほど体に良い」という俗説がある。これがガセであることがわかった



・水を限度以上飲み続ければ、細胞内に水が飽和状態に貯留し、体がむくんでくる。水中毒の始まりだ。症状が進めば、嘔吐やけいれんといった症状が現れ、さらに意識不明となり、命を落とすこともある。私たちは1日約2.5リットルの水分を排出している。普通に生活していれば、食事によって1リットル程度の水分を摂取できる。さらに、たんぱく質や炭水化物、脂肪などが体内で燃焼して約0.5リットルの水分ができる。残り1リットルの水を補給すればよいという計算が成り立つ





google adsense

関連記事

no image

前田昌孝「なぜか人気の『毎月分配』―合理的経済人はどこに(迷解迷答現代けいざい学)」日経平成17年8月17日夕刊

先日に読んだ本は為替に関する効率的な投資を行うためのものだった。ここで、銀行の提供する外貨預金がいか

記事を読む

no image

「会社とは」取材班「買収は『漢方薬』で防ぐ(会社とは何か)」日経平成17年6月24日朝刊

この特集記事は良くできていて興味深く読んでいる。この中に、少し古いだがどうしても忘れられない記事があ

記事を読む

no image

幸田真音「改革が残した「忘れ物」(さらりーまん生態学)」日経平成17年12月1日夕刊

ちょっと古い記事だが、気になっていたので 言ってることが逆だろう。いままでが単純すぎてこうした側面を

記事を読む

no image

西條都夫「自動車産業、勝負の分かれ目―日本勢「鍛錬」重ね快走(経営の視点)」日経平成17年8月29日朝刊

著者は、編集委員 こういう「まじめさ」や、「継続性」を肝に銘じたい。時節柄思い出すのは、義務教育の

記事を読む

no image

堺屋太一「世界を創った男 チンギス・ハン」日経平成18年2月27日朝刊

20060308231000 なかなか快調に読み進められている。モンゴルはほとんどはじめての題材な

記事を読む

no image

渾沌「資産運用産業の時代への備え(大機小機)」日経2012/2/29

20120328000736 「公正な価格形成の阻害など公益を害する行為にプロ向けもアマ向けもない

記事を読む

no image

渡辺淳一「愛の流刑地」日経新聞文化面

全国紙の一番最後のページは、ふつうテレビ番組表である。私は大学生くらいまで、新聞は後ろから見るほうだ

記事を読む

no image

国定浩一「マネードラマの結末を懸念(十字路)」日経平成18年5月23日夕刊

著者は大阪学院大学教授。このコーナーのこの人の書き物を何度か気になってメモしてきた "国定浩一「『

記事を読む

no image

「女性がよく飲むチルドコーヒー(何でもランキング)」日経平成18年1月14日NIKKEIプラス1

20060114205700 女性はチルドコーヒーを好み、缶コーヒーはあまり好まない、というのが面

記事を読む

no image

記者名無し「ハイウェイカード、来月15日に販売終了―利用も3月末停止」日経平成17年8月12日朝刊

この記事を見て、一消費者として、どう動くか。ある消費者の事例の紹介 私は車を持たず、必要に応じてタ

記事を読む

google adsense

google adsense

MediaPad M3 LTE プレミアムモデル購入して2か月

20170409130135 もう2か月が経ってしまったけど、記

Windows10アップグレード導入

20160307001116 2台のノートPCにつき、無料のWi

Nexus 6Pが届いた

20151105221617 無事に届いた。 海外荷物受付

Nexus 6Pが発送された

20151103103105 「発送しました」って内容のメールが

Nexus 6Pを発注した

20151031100625 それまでもネット経由でいろいろ調べ

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑