藤田紘一郎「飲み過ぎると水中毒に(水で健やか)」日経2009/11/08



20091118222223

「水はいくら飲んでも悪くならない/水は飲むほど体に良い」という俗説がある。これがガセであることがわかった



・水を限度以上飲み続ければ、細胞内に水が飽和状態に貯留し、体がむくんでくる。水中毒の始まりだ。症状が進めば、嘔吐やけいれんといった症状が現れ、さらに意識不明となり、命を落とすこともある。私たちは1日約2.5リットルの水分を排出している。普通に生活していれば、食事によって1リットル程度の水分を摂取できる。さらに、たんぱく質や炭水化物、脂肪などが体内で燃焼して約0.5リットルの水分ができる。残り1リットルの水を補給すればよいという計算が成り立つ





google adsense

関連記事

no image

文鳥「民営化の大義(大機小機)」日経平成17年7月26日朝刊

日経新聞のマーケット面左上にある「大機小機」。それなりの名士が持ち回りで時事に対する評論を行う。匿名

記事を読む

no image

前田晃伸「銀行『冬の時代』を越えて②(ひとスクランブル)」日経平成18年4月25日夕刊

20060429023600 結局、日経夕刊はいくら梃入れされても読み応えを感じない。それどころか

記事を読む

no image

堺屋太一「世界を創った男 チンギス・ハン」日経平成18年2月27日朝刊

20060308231000 なかなか快調に読み進められている。モンゴルはほとんどはじめての題材な

記事を読む

no image

国定浩一「『ライブドア事件』の効果(十字路)」日経平成18年2月23日夕刊

著者は大阪学院大学教授 前にも、筆者のこのコラムに対する違和感を覚えて、メモしていたと思う(国定浩

記事を読む

no image

「女性がよく飲むチルドコーヒー(何でもランキング)」日経平成18年1月14日NIKKEIプラス1

20060114205700 女性はチルドコーヒーを好み、缶コーヒーはあまり好まない、というのが面

記事を読む

no image

岩倉正和「村上ファンド問題の真の意味(十字路)」日経平成18年5月31日夕刊

20060603000100 筆者は確か、かの岩倉具視の子孫だと記憶している。まあ、お公家の家柄で

記事を読む

no image

盤側「外国法に学ばなくなった日本(大機小機)」日経2012/03/08

20120309013254 大機小機ほどいい加減なコラムはないと思っているが、昨日のはひどいにも

記事を読む

no image

幸田真音「改革が残した「忘れ物」(さらりーまん生態学)」日経平成17年12月1日夕刊

ちょっと古い記事だが、気になっていたので 言ってることが逆だろう。いままでが単純すぎてこうした側面を

記事を読む

no image

春原剛「フィールズオブドリームズ(3)駐日米大使トーマス・シーファー氏(人間発見)」日経平成17年8月3日夕刊

20050804010200 日付は変わってしまって、昨日の夕刊の記事。著者は日経の編集委員でこの

記事を読む

no image

小堀宗慶「感情抑えきれず慟哭(私の履歴書)」日経平成18年8月30日朝刊

日経朝刊の「私の履歴書」で、これだけ心を揺さぶられたものは、終ぞなかった。肩書きと名前だけ見ると多分

記事を読む

google adsense

google adsense

MediaPad M3 LTE プレミアムモデル購入して2か月

20170409130135 もう2か月が経ってしまったけど、記

Windows10アップグレード導入

20160307001116 2台のノートPCにつき、無料のWi

Nexus 6Pが届いた

20151105221617 無事に届いた。 海外荷物受付

Nexus 6Pが発送された

20151103103105 「発送しました」って内容のメールが

Nexus 6Pを発注した

20151031100625 それまでもネット経由でいろいろ調べ

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑