佐藤可士和「佐藤可士和の超整理術」日本経済新聞出版社

超整理術というよりは、仕事術として読んだ。というのは、整理術に関する新しい知識をい感じなかったら。むしろ、それを踏まえて、どのように著者が考え、目の前のプロジェクトを進めていったかの自白がおもしろい 2ケタの番号で管理すると100を越えられないので、より汎用性の高いものにすべきという。Y2Kの議論から先は、私は、やりすぎかもしれないが、いつも「YYYYMMDD-HHMM_」というタイムスタンプをファイルのプレフィクスとしている。プライベートな環境であれば、SSまでスタンプできる設定を用意している 要は、よく考えましょう、頭を使いましょう、そのための環境作りも、また考えましょう、ということだ 先日、これを元ネタとしたようなNHKの番組を観た。明治学院大学の件など紹介していたようだが、内容はあまり響いてこない。この本を読んでいたからか。一方で著者の声の甲高いところが気になった
p134.「以前からこのマークだったような気がします」プレゼンの際にこう言われたのは、すごくうれしいことでした。すっと馴染んでもらえたのも、自分のエゴという視点を入れずに、対象のなかからビジョンを引き出せたからだと思います p143.これらを考え合わせてみると、ふっと”新しい”というキーワードが浮かび上がりました。どの要素も、いままでにないことです。これを”新しい”という視点でプラスに転化すれば、スムーズに整理し直せるのではないか。この視点が見つかった瞬間に、すべての要素がすらすらと置き換えられました。”新しい”という言葉でソートすると、いちばんマイナスだったものがプラスの先頭になったのです p192.さらにうれしかったのが「このマークは、たぶん簡単にできたと思います」とも言われたこと。これは最上級の褒め言葉だと感じました。会社のシンボルとなるマークは、いじくりまわした感じがあると絶対ダメだと思っているからです。それはつまり、整理しきれていないということなのです。シンボルマークは崇高なものですから、スパッと明快な方向性を指し示していないといけません
20100103193341

google adsense

関連記事

no image

日下公人「男性的日本へ」PHPソフトウェア・グループ

また著者の新刊を買ってしまった 著者の良さ、売れる秘訣はこの辺か。固定観念への挑戦、新しい見方の提示

記事を読む

no image

小倉昌男「小倉昌男経営学」日経BP社

時節柄、追悼の記事がそこかしこに掲載される。日経ビジネス2005年7月11日号の記事は、この本の執筆

記事を読む

no image

阿刀田高「アイデアを捜せ」文藝春秋

20120211211338 聖書を知っていますか、の一連は昔読んだ。軽妙洒脱な味わいの文

記事を読む

no image

松下幸之助「リーダーになる人に知っておいてほしいこと」PHP

ばらばらな語録を集めたものなので、知らない人が読めばかなり微妙だ。それこそ、この中で言われているとお

記事を読む

no image

佐藤優「自壊する帝国」新潮文庫

筆者の単行本として読んだのは2冊目 佐藤優「国家の罠-外務省のラスプーチンと呼ばれて-」新潮文

記事を読む

no image

遠藤秀紀「人体失敗の進化史」光文社新書

知的好奇心を擽られる。おそらく、「生物と無生物のあいだ」からの連想でこの本を手に取ったと思う。あちら

記事を読む

no image

山田真哉「さおだけ屋はなぜ潰れないのか?」光文社新書

万人に薦められる 流行り本系の香りがするので、速やかに売り飛ばすつもりで読み始めた。軽やかに読むこ

記事を読む

no image

マイケル・フランゼーゼ「最強マフィアの仕事術」ディスカヴァー・トゥエンティワン

20120311114632 おどろおどろしくイタリアン・マフィアなどと名乗る。そのくせバフェット

記事を読む

no image

白取春彦「勉学術」ディスカヴァー・トゥエンティワン

書店で何気なく手に取った一冊。大人向けの記載もあるが、レベル的には、おそらく実質的には高校生程度向け

記事を読む

no image

小林吉弥「田中角栄の人を動かすスピーチ術」講談社+α文庫

20060902015900 書店にあったものをその場で買ったもの。文庫本なのでダメでも損

記事を読む

google adsense

google adsense

MediaPad M3 LTE プレミアムモデル購入して2か月

20170409130135 もう2か月が経ってしまったけど、記

Windows10アップグレード導入

20160307001116 2台のノートPCにつき、無料のWi

Nexus 6Pが届いた

20151105221617 無事に届いた。 海外荷物受付

Nexus 6Pが発送された

20151103103105 「発送しました」って内容のメールが

Nexus 6Pを発注した

20151031100625 それまでもネット経由でいろいろ調べ

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑