松下幸之助「リーダーになる人に知っておいてほしいこと」PHP

ばらばらな語録を集めたものなので、知らない人が読めばかなり微妙だ。それこそ、この中で言われているとおり、何度も唱えればわかるかもしれないが、であればもっと古今東西の名言格言でも大差ないことを言ってる 信長、秀吉、家康を引き合いに出しての話が多かったのは以外だ。経営者の戦国時代好き、三国志好きは、このあたりもそうだったのかなと思ったりして。それも松下政経塾の関係だからだろうか。そんな、政治向きの話も多いけど、すべてではない ちょっとタイトルと内容が違うのではないかな。自分の入り方としても、松下幸之助のことを通して理解したことがないことが、この本へのリテラシーを低下させているのかもしれない 何度も唱えなければ、実際の読了は30分ほどの所要時間 引用したうち、最後の3つについては、使えると思った
p3.成功の条件は頭の良さで。勤勉さでもない。「運」と「愛嬌」、そしてそのうえでの賢さ、勤勉さなどの能力 p20.これほどはっきりしたことはないと思うんや。不倶戴天ということをいちばん忠実にやったのは秀吉や。負けるか勝つかわからんと。勝つか負けるかというよりも大事なことは、倶に生きてることはいかんと。わしが死ぬか、光秀が死ぬかどっちかやと。ほかの息子やとか忠臣はそばにおっても形勢を観望しとったわけや。で、秀吉は誰にも相談せんと、自分の手勢で駆けつけてやっつけてしもうたんや。だからいちばん素直やった秀吉に運命が転がり込んできたのは当たり前やと思うな。それを後世の史家は、あれは、「しめた」というて喜んだとかいうてるけども、あんなことは頭の中で勝手に考えられたことや。きわめて簡単や。当時の道徳にいちばん忠実に従ったのは秀吉や。形勢観望なんかしなかったわけや。そこが非常に大事なところやな p25.ぼくは、知識も健康も力もないしな、ケンカしたら負けるし、弱い男や。それが、今日こうしてあるというのは、自分の才覚というのも、ないとは言わんけど、ある程度あったんやと思うけども、その才覚の前に他人の意見を、いいなと思うものは素直に取り入れたわけやな。それで今日の成功があると思うんや p59.悩みというものがある人には、生きがいがある。悩む生きがいがあるわけや。何もかも都合よくいって、いいことずくめであったら、生きがいがなくなってしまう。だから、自分で生きがいをつくらないといけないわけやな。個々に悩みがあるのは結構なことや。それは、うまくいっている証拠や p81.服装とか、身の回りをきちんとする。何事もこれが基本。昔の武士は、武士道の精神から入っていくわけだが、その最初が「座る」こと。つまりいずまいを正すことだった。同じように仕事にも礼儀があるわけや。現在、いくら業績がよく順調であっても、結局において成功するのは、そういう基本的なことをまじめにやっているところやな。企業を支えるのは最終的には人なのだから、その人間ができていなければだめである p86.どんな仕事でも、単純な仕事でも、真心をこめてやらないと具合が悪い。そこからいろいろなものが生まれてくるわけや。掃除の仕方でも、やっているうちに、こういう掃除の仕方があるということがわかってくる。植木のあいだを掃除していても、こういうふうにしたほうがもっと早くきれいになる、木のためにもなると気づく。そんなことまで考えるような人は、しまいには植木の職人になるかもわからん。そうすると、植木屋になっても非常にいい仕事ができる。君が植木屋になるわけやないけれども、どんなにつまらんと思う仕事でも、やる以上は精神を込めてやらなければいけない p91.接客の基本は、かゆいところに手が届くような心配りをすることや。宴席での座布団のそろえ方が悪ければ、お客さんが来られる前に自分から直しにいくくらい気をつけないといかん。また会議でも、資料の並べ方、席の配列、すべてお客さんの立場に立ち、ほんとうに喜んでいただけるよう配慮する。おみやげがある場合には、吟味に吟味を重ねて、満足してもらえるものを持って帰ってもらわないといけない。こういう考えは、なにも取引先に対してばかりではない。人間と人間の関係は、すべてお得意さんの関係と見ていい。会社で言えば、経営者にとって従業員もみなお得意さんや p110.おぼろげにはわかるやろ。おぼろげにわかったらそれで十分や。それを得心するまで究めるのはなかなか不可能なことや。だいたいそうかなと思ったら、それでいいわけである。その、君の多少の疑問もまあよくわかる。腹の底から得心できるというものがもてなくて、ほんとうにそれでいいのかなという感じがするわけやな。しかし腹の底から得心できたら結構やけれども、得心できないのが大部分や、この世の中というものは。大部分はみな半信半疑でやっとるわけや
20100329104913

google adsense

関連記事

no image

荒井千暁「勝手に絶望する若者たち」幻冬舎新書

世代を切り取るものなので、スノビッシュな興味からスムーズにページが繰られる。ときどき的確な指摘があり

記事を読む

no image

ブライアン・トレーシー「フォーカル・ポイント-労働時間を半分にして、生産性と収入を倍にする思考術-」ディスカヴァー・トゥエンティワン

20120306191328 ブレット・ポイントで整理してくれているところが多く、直ちに役立つ。た

記事を読む

no image

江藤淳「閉された言語空間」文春文庫

ずっと、名前が残る作家と、同世代の支持のみで終わる作家がいる。江藤淳という作家は後者で終わるのかもし

記事を読む

no image

松永真理「なぜ仕事するの」角川文庫

軽めの内容で読みやすい。著者が女性であることと仕事人であることの葛藤をテーマとしている。そういう悩み

記事を読む

no image

藤本壱「これだけは知っておきたい Webアプリケーションの常識」技術評論社

20120525004813 思うところあって、少しずつネットやウェッブやプログラミングの基礎を勉

記事を読む

no image

野村正樹「上に立つ人の24時間管理術」すばる舎

自分でも、よくもこの類の本ばかり読んでいるという気がする 上司の立場から、時間管理という切り口でハッ

記事を読む

カレン・フェラン「申し訳ない、御社をつぶしたのは私です。」大和書房

20140608110929 申し訳ない、御社をつぶしたのは私です。著者 : カレン・フェラン大和

記事を読む

no image

村上隆「芸術起業論」幻冬舎

刊行当初から雑誌の書評などで取り上げられていたので読むつもりでいた。近い具体的な知人からの薦

記事を読む

no image

林成之「脳に悪い7つの習慣」幻冬舎新書

脳を低温にすることで救急患者の救命の率を上げるという、日大板橋病院で有名だった医師 三歳児神話をサ

記事を読む

no image

箱田忠昭「いつも忙しい人、なぜか余裕のある人 最後に笑う人の時間管理術」PHP研究所

主張のトーンがハードで気に入ったな。おもしろくて休憩を入れずにあっという間に読み終わってしまった で

記事を読む

google adsense

google adsense

MediaPad M3 LTE プレミアムモデル購入して2か月

20170409130135 もう2か月が経ってしまったけど、記

Windows10アップグレード導入

20160307001116 2台のノートPCにつき、無料のWi

Nexus 6Pが届いた

20151105221617 無事に届いた。 海外荷物受付

Nexus 6Pが発送された

20151103103105 「発送しました」って内容のメールが

Nexus 6Pを発注した

20151031100625 それまでもネット経由でいろいろ調べ

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑