佐々木常夫「男性社員の育児休業は本人も会社にもプラス(ワークライフバランスを実現する仕事術 第33回)」週刊東洋経済2010.1.9



20100406092423



育児休暇は育児のための休暇であって、それ以上でも以下でもない。育児休暇が「出世をあきらめた」わけでもなければ、逆に「会社にとっても本人にとってもプラス」でもない

出世が遅れても、職場への貢献がそれだけ分は、別に差別と思わない。本人の経験が魂の成長に結びついたのは結果論に過ぎず、もとより何ごとからも得られない人もいる。やっぱり本質的には「子を育てる」ことが、「会社に貢献して対価を得る」ことと時間的または体力的に抵触し、かつ前者が極めて時期的な制約や代替不可能性を相対的に持っているから優先されるというに過ぎない、って感じ

そもそも育児休暇を論じられるのは大きな団体/会社の職員/従業員に限られる。自営業では望むべくもない、極めて贅沢なことだ。ただ自営業なら自立的に育児に時間を割り当てることもできよう

つまり、「1つのことに人生のほとんどを傾注する」ことへのアンチテーゼとして育児休暇を考える



・私は「1年間の育休を取れるか」と問われたら、とても自信がない。会社の自分の仕事を止めて1年間も休みをとるなど、とんでもないキャリアロスになるような気がするからだ

・しかし、よく考えてみるとビジネスマン人生では、重要でもない暇な部署や不遇な部署に配属されたり、海外でも滅多に人が来ない国の駐在員になった人が、そのときの経験を活かして特別なスキルを身に付けたり、自分なりの人生観を築いて、後で頭角を現してくる例がいくつもある。病気で2-3年会社を休んだ人の同じような例も少なくない。時間があるときに多くの本を読んだり、会社以外の場で違った経験をしたりすることが、人間の幅を広げていくのだろう

・60歳超まで40年間働き続ける期間の中で、1年や2年の休憩はどうということもない。山田さんのように職場に復帰してから仕事の風景が違って見え、そのことが組織によい意味での変化を起こすことに繋がるかもしれない。そう考えると男性の1年間の育休は、本人にとっても会社にとってもプラスになると考えていいのではないか

・私は長時間労働をする罪として、プロ意識の欠如、バランス感覚の欠如、想像力の欠如に加え、向上心の欠如を挙げている。すなわち自分に与えられた仕事ばかりしていて、自己啓発により自分の能力を高めようという志がないことを言っている。己の細かい仕事にのみ埋没して自分の成長投資をしない危うさを悲しむのである





google adsense

関連記事

no image

佐藤吉哉「梅棹忠夫氏 発想生む「頭の霧箱」(編集長インタビュー)」日経ビジネス2007年4月30日号

20070511060700 刺激ある文章。しかし、実際の話がそう行われていたとしても、そのまま関

記事を読む

no image

石川潤「アイフル全店処分の必然(時流超流)」日経ビジネス2006年4月24日号

与謝野大臣については前にも気になったことがあった。"「金融相、信用取引、担保除外を批判―ライブドア株

記事を読む

no image

野口悠紀雄「グーグルとトヨタは本質的に異なる企業(日本の選択第14回)」週刊東洋経済2011.9.17

グーグルについては、著者はこの本で絶賛している 野口悠紀雄「ゴールドラッシュの「超」ビジネスモデル

記事を読む

山と渓谷2014年01月号

20140412101940 山と溪谷 2014年1月号著者 : 山と渓谷社発売日 : 2013-

記事を読む

no image

山田昌弘「結婚難の日本人男性 THE COMPASS」週刊東洋経済2012.6.30

20120628234327 いやらしいけど、こういう話が好き。この「女性上昇婚」って、結

記事を読む

no image

大竹文雄「農家はなぜレタスを処分するのか(経済を見る眼)」週刊東洋経済2011.9.3

思い出したのが、高校でもうすぐ卒業のときの、クラスの担任でもない化学の先生の、最後の授業。ある宗教団

記事を読む

no image

大坪稚子ほか「劇団四季 経常利益率2ケタの高収益 劇団経営に革命を起こす(特集 エンタメ全解剖)」週刊ダイヤモンド2008/08/23

20080907060000 コンティンジェンシー・プランがしっかりしている。こういうのが業界特有

記事を読む

no image

長谷川隆ほか「浅野史郎・前宮城県知事に聞く 相次ぐ県知事の汚職 立ち直りのカギは選挙だ」週刊東洋経済2006.12.23

福島、和歌山、宮崎と知事が談合をめぐって逮捕されたときの頭の体操としては、3つの県がつぎつぎと挙げら

記事を読む

no image

菅原雅信「ドバイでも日本酒は売れる 4割市場で販売量5倍の秘密――桜井博志氏(特集 売れない時代に私が売る)」日経ビジネス2009年7月13日号

20090912080042 杜氏の存在理由がなくなる事例。誰でも酒造りができる体制。「この人でな

記事を読む

no image

杉山俊幸「”死んだ”男、ペットを救う 小森伸昭氏[アニコムインターナショナル社長](ひと劇場)」日経ビジネス2006年4月10日号

小森氏はペット保険ビジネスの創業者として、ビジネス誌を中心にときどき見かけるし、"ショーンKほか「成

記事を読む

google adsense

google adsense

MediaPad M3 LTE プレミアムモデル購入して2か月

20170409130135 もう2か月が経ってしまったけど、記

Windows10アップグレード導入

20160307001116 2台のノートPCにつき、無料のWi

Nexus 6Pが届いた

20151105221617 無事に届いた。 海外荷物受付

Nexus 6Pが発送された

20151103103105 「発送しました」って内容のメールが

Nexus 6Pを発注した

20151031100625 それまでもネット経由でいろいろ調べ

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑