竹内薫「99・9%は仮説」光文社新書



20100507220350





これもかなり昔の本になってしまった。内容は面白いが、誰が読むべきなのか、はっきりしない気がする。毀誉褒貶の激しい本または作家。わたしは好きなほう

惑星ではないと思っているにもかかわらず、惑星だとあえて表現するセンスについては仕方がない。科学の世界でこうなのだから、実業の世界ではある程度の表現上の誇張は許されるとも思う。科学技術のためならば騙しが正当化されて、実業の世界であれば非難されるというのもどうか



p32.科学は絶対的なものごとの基準ではありません。あくまでも、ひとつの見方に過ぎないのです。よく「科学的根拠」がないものは無視されたりしますが、それはまったくナンセンスです。なぜなら、科学は全部「仮説にすぎない」からです

p47.逆行はふつうの星(恒星)には起こりませんが、惑星には起こります。もともと、逆行して「惑う」ように見えることから、「惑星」という名がついたのです

p59.常識にとらわれて、頭の中にある仮説の群れに気がつかなければ、それは「頭が固い」といわざるをえません。頭が固ければ、ただ社会の荒波に翻弄され、ただ流されていくだけです。逆に、常に常識を疑う癖をつけて、頭の中にある仮説の群れを意識するようになれば、それは「頭が柔らかい」ということなのです。旅をすると、そういった頭にこびりついた常識がくつがえる場面に出会うことがよくあります

p116.どうやら、海王星の外には、カイパー・ベストと呼ばれる小惑星対が広がっているのではないか、というのが現在の天文学の常識です。だから、2003UB313もその小惑星体の小惑星の1つにすぎないという考え方が、天文学者たちの間では一般的になっています。実際、わたしもそう思います。そういう常識があるのに、なんで10番目の惑星などといいだしたのかというと、そういったほうがカッコいいからなんです!? びっくりしないでくださいね。少々きな臭い話になりますが。現在、科学の世界では「話題作り」が大切なのです。マスコミに取り上げられて世間の注目を浴びると、その研究は重要だと思われて、研究資金の目処だってつきます。だから、科学者たちも研究機関も、自分たちの研究を宣伝しないといけません

p177.あらゆる問題のうちで、起源に関するものほど難しいものはありません。宇宙の起源、生命の起源、意識の起源――

p182.実際には、どんな人間でもたくさんの人格、つまり「役割」を演じているのです。だから役割理論と呼ぶんです。罪を犯した人がよく「魔が差した」などといいますが、あれって魔が差したわけではなくて、もともと悪い面をもっているんですよね。つまり、最初から、罪を犯すような面ももっている。もちろん、そうじゃない面ももっている。ただ、いろいろな役割をもっていただけの話なんです

p190.いまだに一般の人は相対性理論をよく理解できないでいますよね。「相対性理論がいまいちわからない」といった質問が、よくわたしのところにもきます。やっぱり、いくつもの仮説が対等の立場で共存しているというのがピンとこないみたいです。正直いうと、わたしだって気持ち悪いですよ。でも、その気持ち悪さが平気になってしまうと、意外と相対性理論というのは腑に落ちるんです。ある意味、諦めることが肝心なんです。太郎君からみたら世界はこうみえる。次郎君からみたら世界はこうみえる。また別の人からみたら別の世界がみえる。単にそういうことなんだって諦めがつく人は、相対性理論を理解できるようになります

「人を殺してはいけない」という戒律を破ってしまっている思想活動に対して、宗教という言葉は使いません。そんなのは、すでに宗教ではないと考えているからです。でも、宗教と関係ない人は、人殺しの行為も含めて「宗教」という言葉を使う。これじゃ、お互い、話は通じませんよね。「宗教」という言葉が同じで、発音が同じだと、人はそれらが同じ意味だと思ってしまうんです。でも実際は、まったくちがう仮説のネットワークの中に組み込まれてしまっているわけですよ。その言葉自体の意味は。文脈が違うといってもいいでしょう。だから、共約不可能性というのは、われわれの身のまわりに常に起こっている現象なんです





google adsense

関連記事

no image

齋藤孝「頭がよくなる必殺!読書術」PHP研究所

20050910212900 非常に簡単ではあるが、本を読むことの大切さ、本の読み方、感想

記事を読む

no image

杉山勝行ほか「自分ブランドの創り方」全日出版

12人の先駆者からのヒアリングを紹介しながら自分ブランドを作るために必要なノウハウを教えてくれる本

記事を読む

no image

横山秀夫「半落ち」講談社文庫

20140823142713 半落ち (講談社文庫)著者 : 横山秀夫講談社発売日 : 2005-

記事を読む

no image

金井寿宏・高橋俊介著「キャリアの常識の嘘」朝日新聞社

構成が面白い。2人がキャリアに関する20の質問にそれぞれの考えで答えを出していく。読者はそれを比較し

記事を読む

no image

津田倫男「60歳からのチャレンジ起業」KKベストセラーズ

あっさりして読みやすい導入の書 定年間近の人に勇気を与える。内容はすべて納得できることばかり。起業

記事を読む

no image

蔵研也「リバタリアン宣言」朝日新書

軽く読むことができる。タイトルから想像するとおりの内容。リバタリアンの考え方を理解する入門書としてよ

記事を読む

no image

横田好太郎「キヤノンとカネボウ」新潮新書

何かの雑誌で紹介されていた本。1時間程度で読み終わる内容 非常に対照的な職場に在籍した著者の貴

記事を読む

no image

田中森一「反転」幻冬舎

登場する人物や機関のものの考え方がわかる。世間を騒がせた刑事事件の内幕がわかる。大きな金の動いている

記事を読む

no image

ピーター・アーネル「人生を無理なく変えていく「シフト」の法則」ハヤカワ新書

内容はおもしろかったんだけど、メモをとってみると、それほど有益なようには見えなかったりする。翻訳に苦

記事を読む

no image

大前研一「遊ぶ奴ほどよくデキる!」小学館

昔買って読んだ本を読み返した かなり自由に好きなことを書いたな、という感じのする本である。確かに著

記事を読む

google adsense

google adsense

MediaPad M3 LTE プレミアムモデル購入して2か月

20170409130135 もう2か月が経ってしまったけど、記

Windows10アップグレード導入

20160307001116 2台のノートPCにつき、無料のWi

Nexus 6Pが届いた

20151105221617 無事に届いた。 海外荷物受付

Nexus 6Pが発送された

20151103103105 「発送しました」って内容のメールが

Nexus 6Pを発注した

20151031100625 それまでもネット経由でいろいろ調べ

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑