BusinessWeek「バフェット氏のCEO操縦法(リポート)」日経ビジネス2010.4.5

公開日: : 最終更新日:2012/12/31 書評(雑誌), 日経ビジネス



20100725121313



投資先の1つである米地銀M&Tバンクのロバート・ウィルマーズCEOは、バフェット氏をすばらしい助言をくれる「プライスレスな相談相手だ」と話す。1979年に米クライスラーの救済に参加するよう当局や投資銀行から圧力をかけられた時、ウィルマーズ氏は相談した。その時のバフェット氏の簡潔な助言は「儲けさせてくれない奴ほど話が長い」だった。バフェット氏は投資銀行家を「役に立たない、利己的なおしゃべり」としか見ていない



「仕事のできない奴」と「話が長い奴」には優位な相関関係がある。レポート先に多大な時間をとらせるべきではない。長い話をすることは「熟知の法則」の観点から合理的な行動であることは、なんとなく気づいてやっている。しかし、仕事のできない奴が、そんな概念を知っているようには思えない。これを見抜き、防止する意志が必要



google adsense

関連記事

no image

大竹文雄「ウィキノミクスで経済効果(経済を見る眼)週刊東洋経済2007.8.4

まあ、そうは簡単にはいかないでしょうけれども、と思った話。だってインセンティブがないものさ ・

記事を読む

no image

佐藤優「女性の能力を生かす組織や上司のあり方(知の技法 出世の作法)」週刊東洋経済2011.9.3

20110920184946 ・モサドの別の男性幹部は、「ランクが同じ女性の同僚を食事

記事を読む

no image

山崎元「株式投資と経営者の人物評価について」週刊ダイヤモンド2005/05/28

この方の言葉は、語り口が軽く、内容が平易かつ合理的で、若干の皮肉も効いていて、腹にストンと落ちてくる

記事を読む

no image

高橋由里ほか「産科・小児科・外科…医療の担い手が消える(特集/日本の医者・病院・診療所)」週刊東洋経済2007.11.3

どういう意味なのか、よく分からないけど、興味深かった記事。近所にいつも携帯電話で話をしているお母

記事を読む

no image

白壁達久「白井智子 教育界のジャンヌ・ダルク(旗手たちのアリア)」日経ビジネス2012.1.16

20120218110316 このエピソードだけ目にとまった 白井の教育改革の原点は、幼少期

記事を読む

no image

「シリーズ 正念場の巨大企業 平井一夫 ソニー社長兼CEO(最高経営責任者)に聞く」日経ビジネス2013/01/21

20130202000228 残念なことですが、ソニー社員が、自分たちの商品に対する情熱や思い

記事を読む

no image

塚越寛「トレンドに翻弄されず「社員の幸せ」を優先(有訓無訓)」日経ビジネス2007年9月3日号

200710130742 人を雇い、人を使うということは何と難しいことかと思う半面、その可能性を強

記事を読む

no image

金田信一郎「鈴木二郎氏 頭取辞し、パンに賭ける(ひと劇場)」日経ビジネス2007年11月19日号

内容自体はつまらないわけではない。しかし、特段の共感を得るでもなかったこの記事。わずかに引っかかりを

記事を読む

no image

並木厚憲「大詰め迎えたオリジン東秀TOB合戦 ドンキ流買収策、法の不備を突く」週刊東洋経済2006.3.4

明白な間違い。専門家と名乗り、またはそう称せられる人がどの程度のものであるか、いい一例 ・企業法務に

記事を読む

no image

宮東治彦「新春特別対談 歴史に探る国と企業の盛衰の理」日経ビジネス2006年12月25日・2007年1月1日号

記事は少し古くなる。年初の日経ビジネスにおけるカルロス・ゴーン氏と塩野七生氏の対談より 年末年始に活

記事を読む

google adsense

google adsense

MediaPad M3 LTE プレミアムモデル購入して2か月

20170409130135 もう2か月が経ってしまったけど、記

Windows10アップグレード導入

20160307001116 2台のノートPCにつき、無料のWi

Nexus 6Pが届いた

20151105221617 無事に届いた。 海外荷物受付

Nexus 6Pが発送された

20151103103105 「発送しました」って内容のメールが

Nexus 6Pを発注した

20151031100625 それまでもネット経由でいろいろ調べ

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑