津田倫男「60歳からのチャレンジ起業」KKベストセラーズ

公開日: : 最終更新日:2011/09/19 書評(書籍)



あっさりして読みやすい導入の書

定年間近の人に勇気を与える。内容はすべて納得できることばかり。起業は思いの外に成功する。自分のこれまでの知識経験は思いの外に価値がある

同じ過ちならを2回まで許す、裏切りなら1回まで許す。この力強い標語は、今後は使う

20歳、40歳、と来たので、60歳の本を読んでみた。こういう年齢がタイトルになっている本が多い気がする。山手線ゲームができるのではないか、これだけでジャンルにするのも一興。時の経過という量的な残酷さに対する、人の質的なところでのせめてもの抗いなのかね



p23.1人で、できるところまでやる、少人数で最大効果をあげる、この意気込みが社長を志して、起業する人への最も有用な助言となることでしょう

p70.1人ビジネスを成功させる極意は結局、以下の2つに尽きるのではないでしょうか。第一は、人があまりやらないニッチなビジネスを地道に手がける。そして、第二に、人が大勢手がけるビジネスでは、自分を絶対的に差別化できる方法を考える

p144.1同じ過ちは2回までは許すが、3回目は許さない。2裏切りは1回だけ許す

p151.従業員第一、顧客第二(従業員が満足してこそ、顧客を満足させられる)

p165.トイレが汚い会社は成功しないなどと俗に言われますが、こうしたトイレ(社員全員が頻繁に利用する施設)が汚い(使う社員が利己的、衛生に無関心、健康状態が悪いなど)という取るに足らないことからでも、その会社についての多くのことがわかります。かつて証券会社のトイレはいつも臭いと言われました。これは多くの社員が過大なストレスを抱えて仕事をしているので、どうしてもそれが排泄物に出てしまうからだと説明されました。汚い例えで恐縮ですが、社長(経営者)が内外のこうした目や鼻(情報収集源)にも対応できないと、成功はおぼつかないのです

p171.しかし、「所詮、起業家は独り」と開き直ると気分が楽になりました。何と言っても社内政治やおべっか、中傷といった類の人間関係を気にする必要がなくなったのです。大企業では、よく「後ろから弾が飛んでくる」と言われますが、自分で作った会社には、そもそも1人しかおらず、後ろから弾を撃つ人もいないのです

p172.自分のやっていること、起業家として事業を立ち上げ、発展させていくことは極めて価値の高いことだと自ら再認識し、自分自身を叱咤激励するのに、ジョセフ・シュンペーター(オーストリアが生んだ20世紀を代表するエコノミスト)の説く、「資本主義の原動力は起業家精神である」という言葉ほど適切なものはありません



20110618075202

google adsense

関連記事

no image

渡部昇一「知的生活を求めて」講談社

先日読んだ”渡部昇一・林望「知的生活 楽しみのヒント」PHP研究所”の対談中、渡部氏が「古希を迎えた

記事を読む

no image

芦永奈雄「コミュニケーション力を高める文章の技術」フォレスト出版

20100918215229 文章の技術、というよりは、一言、「言いたいことを探せ」という

記事を読む

no image

野口悠紀雄『超「超」整理法』講談社

これは読むべき本 「クローバー橋」でGoogle Mapで検索してしまった。昔ニューヨークはマンハ

記事を読む

no image

田中靖浩「儲けるための会計-強い経営をつくる管理会計入門」日本経済新聞社

20090223190000 若干、古い本だが、管理会計の入門書として評判が良いので読んで

記事を読む

no image

マイケル・フランゼーゼ「最強マフィアの仕事術」ディスカヴァー・トゥエンティワン

20120311114632 おどろおどろしくイタリアン・マフィアなどと名乗る。そのくせバフェット

記事を読む

no image

春日武彦「精神科医は腹の底で何を考えているか」幻冬舎新書

精神科とか心療内科に思うところがあって手に取った一冊。前のが、少し物足りないということもあって、前評

記事を読む

no image

藤井孝一「週末起業」ちくま新書

20071229060000 不況やリストラに立ち向かい、副収入や独立を得るための考え方の

記事を読む

no image

小池和男『日本産業社会の「神話」』日本経済新聞出版社

そのタイトルのとおり、日本の産業社会における「神話」が紹介されている。ここでいう神話は、「根拠もなく

記事を読む

no image

小出義雄「 知識ゼロからのジョギング&マラソン入門」幻冬舎

20071017042800 ランニングを極めてシンプルに教えてくれる本。総じて、難しいこ

記事を読む

no image

山田真哉「さおだけ屋はなぜ潰れないのか?」光文社新書

万人に薦められる 流行り本系の香りがするので、速やかに売り飛ばすつもりで読み始めた。軽やかに読むこ

記事を読む

google adsense

google adsense

MediaPad M3 LTE プレミアムモデル購入して2か月

20170409130135 もう2か月が経ってしまったけど、記

Windows10アップグレード導入

20160307001116 2台のノートPCにつき、無料のWi

Nexus 6Pが届いた

20151105221617 無事に届いた。 海外荷物受付

Nexus 6Pが発送された

20151103103105 「発送しました」って内容のメールが

Nexus 6Pを発注した

20151031100625 それまでもネット経由でいろいろ調べ

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑