津田倫男「60歳からのチャレンジ起業」KKベストセラーズ

公開日: : 最終更新日:2011/09/19 書評(書籍)



あっさりして読みやすい導入の書

定年間近の人に勇気を与える。内容はすべて納得できることばかり。起業は思いの外に成功する。自分のこれまでの知識経験は思いの外に価値がある

同じ過ちならを2回まで許す、裏切りなら1回まで許す。この力強い標語は、今後は使う

20歳、40歳、と来たので、60歳の本を読んでみた。こういう年齢がタイトルになっている本が多い気がする。山手線ゲームができるのではないか、これだけでジャンルにするのも一興。時の経過という量的な残酷さに対する、人の質的なところでのせめてもの抗いなのかね



p23.1人で、できるところまでやる、少人数で最大効果をあげる、この意気込みが社長を志して、起業する人への最も有用な助言となることでしょう

p70.1人ビジネスを成功させる極意は結局、以下の2つに尽きるのではないでしょうか。第一は、人があまりやらないニッチなビジネスを地道に手がける。そして、第二に、人が大勢手がけるビジネスでは、自分を絶対的に差別化できる方法を考える

p144.1同じ過ちは2回までは許すが、3回目は許さない。2裏切りは1回だけ許す

p151.従業員第一、顧客第二(従業員が満足してこそ、顧客を満足させられる)

p165.トイレが汚い会社は成功しないなどと俗に言われますが、こうしたトイレ(社員全員が頻繁に利用する施設)が汚い(使う社員が利己的、衛生に無関心、健康状態が悪いなど)という取るに足らないことからでも、その会社についての多くのことがわかります。かつて証券会社のトイレはいつも臭いと言われました。これは多くの社員が過大なストレスを抱えて仕事をしているので、どうしてもそれが排泄物に出てしまうからだと説明されました。汚い例えで恐縮ですが、社長(経営者)が内外のこうした目や鼻(情報収集源)にも対応できないと、成功はおぼつかないのです

p171.しかし、「所詮、起業家は独り」と開き直ると気分が楽になりました。何と言っても社内政治やおべっか、中傷といった類の人間関係を気にする必要がなくなったのです。大企業では、よく「後ろから弾が飛んでくる」と言われますが、自分で作った会社には、そもそも1人しかおらず、後ろから弾を撃つ人もいないのです

p172.自分のやっていること、起業家として事業を立ち上げ、発展させていくことは極めて価値の高いことだと自ら再認識し、自分自身を叱咤激励するのに、ジョセフ・シュンペーター(オーストリアが生んだ20世紀を代表するエコノミスト)の説く、「資本主義の原動力は起業家精神である」という言葉ほど適切なものはありません



20110618075202

google adsense

関連記事

no image

齋藤孝「頭がよくなる必殺!読書術」PHP研究所

20050910212900 非常に簡単ではあるが、本を読むことの大切さ、本の読み方、感想

記事を読む

no image

岸見一郎「嫌われる勇気 自己啓発の源流「アドラー」の教え」ダイヤモンド社

20141101215342 嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え著者 : 岸見

記事を読む

no image

中村彰彦「知恵伊豆に聞け」実業之日本社

「知恵伊豆」という言葉をときどき耳にするのだが、どのような人で、そのように呼ばれるようになった実績と

記事を読む

no image

國分康孝「カウンセリング心理学入門」PHP新書

この本を読んでいる間にも別の文献に筆者のお名前やコメントを拝見したりという具合に、かなりの人物のよう

記事を読む

no image

高橋朗「黄金のおにぎり」ナナ・コーポレート・コミュニケーション

購入すべき本だ だいぶ前に買って読んでなかったものだ。もっと早く読むべきだった 「たった3時間で

記事を読む

no image

前田和彦「5年後にお金持ちになる海外投資」フォレスト出版

20071218060000 内容的には概ね違和感がない。特に、不動産投資が危ない、外貨預

記事を読む

no image

シティランナー編「ゼロからのマラソン」学習研究社

マラソンを最近考えていて、基礎的な理解のためにまず手に取った本。確かにタイトルどおりの内容。はじめて

記事を読む

no image

遠藤秀紀「人体失敗の進化史」光文社新書

知的好奇心を擽られる。おそらく、「生物と無生物のあいだ」からの連想でこの本を手に取ったと思う。あちら

記事を読む

no image

橘木俊詔・森剛志「日本のお金持ち研究」日本経済新聞社

著者が日本のお金持ちにアンケートを実施し、その結果をまとめて分析を加えたもの。日本の仕組みについて多

記事を読む

no image

林成之「脳に悪い7つの習慣」幻冬舎新書

脳を低温にすることで救急患者の救命の率を上げるという、日大板橋病院で有名だった医師 三歳児神話をサ

記事を読む

google adsense

google adsense

MediaPad M3 LTE プレミアムモデル購入して2か月

20170409130135 もう2か月が経ってしまったけど、記

Windows10アップグレード導入

20160307001116 2台のノートPCにつき、無料のWi

Nexus 6Pが届いた

20151105221617 無事に届いた。 海外荷物受付

Nexus 6Pが発送された

20151103103105 「発送しました」って内容のメールが

Nexus 6Pを発注した

20151031100625 それまでもネット経由でいろいろ調べ

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑