佐藤優「野蛮人のテーブルマナー」講談社プラスアルファ文庫

公開日: : 最終更新日:2012/03/10 書評(書籍), 佐藤優, 有罪判決



やっぱり、この人の本は、乱造のところはあるのかな。最近の新刊は読んでみたいと思ってはいるのだけれど



p22.軍事情報以外に関しては、インテリジェンス機関が必要とする情報の95-98%を公開情報で入手することができると言われているが、筆者の経験からしても、それは事実である。外務省で、「秘(無期限)」や「極秘」の判子が押されている秘密情報とほぼ同様の情報を公開情報の中から見つけ出すことができる。このようなインテリジェンスの技法を業界用語で「オシント(OSINT)」という。「オープン・ソース・インテリジェンス(Open Source Intelligence)」の略語だ。戦前・戦中の日本は「オシント」の分野で最先進国だった。ただし、当時は「オシント」という述語は用いず「文書諜報」と呼んでいた

p29.一般には、「コリント」というインテリジェンスの業界用語がある。「コレクティブ・インテリジェンス(Collective Intelligence)」の略語で、通常、協力諜報と訳される

p33.「相手からもらった情報を、第三国に渡す場合は、事前に相手の了承を得る」というのが「サード・パーティー・ルール(第三者に対する原則)」で、インテリジェンスの世界における重要な掟である。この掟を守れば、情報の質も量も圧倒的に高まる。こうして東京の高級ホテルのレストランを舞台に、おいしい食事にワインのグラスを傾けながら、毎晩、コリントが展開されているのだ

p52.「一緒に食事をしながら話をするということはとても重要だ。私たちの仕事は、敵の中に友人を作ることだ。そして、敵と取引しなくてはならない。そのときも動物行動学の知識が役に立つ」「どういうことですか」「動物は、敵の前では排泄をしない。案外、気づかないことだが、実はトイレでの交渉で、難しい問題が解決することが、結構ある。ヨルダンとの平和条約も、最後は私とフセイン国王の2人でトイレの中で決めた」

p57.インテリジェンスの世界では、何でも知っているのがプロということではない。余計な秘密を知ってしまい、「関係者」になると、面倒に巻き込まれることになる。会社でも、派閥抗争に深入りして、会社幹部のスキャンダル情報などを知ってしまうと、それが週刊誌や業界者に漏れたときに「あいつがやったのではないか」という余計な疑惑がかかる。プロのスパイの世界では、「情報を絶対に漏らすな」というような教育はしない。現代の尋問技術(そこには薬物使用や拷問も含まれる)をもってするならば、尋問にあたるカウンター・インテリジェンス(防諜)機関は、知りたいと思う情報をすべて引き出すことができる。しかし、尋問対象者が知らない秘密情報を漏らすことはできない

p117.佐藤:僕は逮捕された時、国家権力という最強の組織には絶対に勝てない、というところから始めました。ではどうやって闘ったらいいか。局地戦の土俵を作るしかない。しかも、その局地戦で勝つことではなく、五分に持ち込むことだけを考えた。田中:いまは、互角以上に闘っているよ。佐藤:でも、バカらしくなってくることもありますよ。現に裁判は7年を超えますからね。公判経費はかかるし、その間、就職もできないし。やっぱり悪魔のささやきが聞こえてきます。「もう認めちゃえよ。新しく出直したほうがいいよ」って(笑)。田中:普通の人が拘置所の中に入れられたら、その悪魔のささやきは効果覿面や。でも、この人たちには効かんのよ(笑)。元特捜検事から言わせると、困ったもんや。――(一同大爆笑)

p124.村上:私は決定に従って潔く刑に服しますが、真実を明らかにするため、歴史の法廷で闘いを続けますよ。現実に自分が裁かれる立場になって、特に検察の取り調べですが、本当にこれが法治国家のやることか、と思いました

p141.佐藤:当時、絶対に会えないと言われていた人間が2人いたんです。大統領警護局長のアレクサンドル・コルジャコフ、そしてエリツィンのテニスのコーチから大統領顧問に出世していたシャミル・タルピシチェフです。このタルピシチェフは猪木先生が会いたいと言ったら即座に承諾してくれた。で、クレムリンの広場で行われた彼主催のアメリカ対ロシアのバスケットボールの試合を見に行ったんです。猪木:あの日は天気が悪かったんだよな。すごい雲が出てきて。佐藤:ええ、雨まで降り始めちゃった。そうしたら、その場にいたタルピシチェフが、戦略防空軍の司令官に「ちょっとクレムリン上空の雲を散らしてくれ」って電話した。しばらくすると飛行機が飛んできて、15分くらいでパーッと晴れた。――そんなことができるんだ! 佐藤:ヨウ化銀をまくんです。そうすると雨雲が吸い取られて天気が良くなる。ロシア人が猪木先生に、「ロシアにはいろいろな技術があるけど、天気を変える技術は世界で一番進んでいる」とか自慢してましたよ

p213.「相手がどう思おうと、まず、フルコースを取る。これは、相手に自分がいかに大事にしているかを伝えるメッセージになる」と佐藤さん。俺は思わず、フルコースを頼んでしまった。「ワインは、ワインリストに載っていないのを頼む」「えっ、あっ」と俺が戸惑っているうちに、佐藤さんは、そのコースの料理に合う、ワインリストにないワインを給仕に頼んでいた。「これも相手に特別に大事にしてますよというサイン」



20110621234048

google adsense

関連記事

no image

生田哲「日本人だけが信じる間違いだらけの健康常識」角川oneテーマ21

20140824224436 日本人だけが信じる間違いだらけの健康常識 (角川oneテーマ21)著

記事を読む

no image

三枝匡・伊丹敬之『「日本の経営」を創る』日本経済新聞出版社

2人の対談を本にしたようなもの。2人ともすごく偉人に見える。実際、そのとおりなんだろうと思う もう

記事を読む

no image

馬場啓一『「いき」の作法』PHP文庫

歯が悪いことはみっともない。これは身につまされる。小さいときにもっと気をつけていればよかった。いまは

記事を読む

no image

佐藤可士和「佐藤可士和の超整理術」日本経済新聞出版社

超整理術というよりは、仕事術として読んだ。というのは、整理術に関する新しい知識をい感じなかったら。む

記事を読む

no image

佐久協「高校生が感動した「論語」」祥伝社新書

20070517001200 孔子ってあんまり好きじゃない。なんか言っていることが破綻して

記事を読む

no image

福岡伸一「生物と無生物のあいだ」講談社現代新書

いわずと知れた最近のベストセラー。この人はすごく文章がうまいと思った。楽しい読み物 しかし、最後の

記事を読む

no image

林成之「勝負脳の鍛え方」講談社現代新書

筆者をテレビの特集で見たことがあると思う。脳外科の救急病院で、従来では助からないような脳障害の救急患

記事を読む

no image

マイケル・J・ロオジエ「引き寄せの法則」講談社

読みやすいし、適当に流して読んでいても内容がしっくりと頭に入ってくる良書。元々この類の本は、読む側の

記事を読む

no image

山口正洋ほか「ヤバい日本経済」東洋経済新報社

20141019105250 ヤバい日本経済著者 : 山口正洋東洋経済新報社発売日 : 2014-

記事を読む

no image

ピーター・アーネル「人生を無理なく変えていく「シフト」の法則」ハヤカワ新書

内容はおもしろかったんだけど、メモをとってみると、それほど有益なようには見えなかったりする。翻訳に苦

記事を読む

google adsense

Comment

  1. ky より:

    内容が軽いか重いか、知識欲が満たされるかどうかはどっちでもいいけど、特に佐藤優の軽い本では記述の重複が多いのが難点。

google adsense

MediaPad M3 LTE プレミアムモデル購入して2か月

20170409130135 もう2か月が経ってしまったけど、記

Windows10アップグレード導入

20160307001116 2台のノートPCにつき、無料のWi

Nexus 6Pが届いた

20151105221617 無事に届いた。 海外荷物受付

Nexus 6Pが発送された

20151103103105 「発送しました」って内容のメールが

Nexus 6Pを発注した

20151031100625 それまでもネット経由でいろいろ調べ

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑