大竹文雄「農家はなぜレタスを処分するのか(経済を見る眼)」週刊東洋経済2011.9.3

公開日: : 最終更新日:2012/02/10 書評(雑誌), 週刊東洋経済, 大竹文雄



思い出したのが、高校でもうすぐ卒業のときの、クラスの担任でもない化学の先生の、最後の授業。ある宗教団体のことを強く非難し、高校卒業後に関係しないように注意を促した。もし何か問題が発生したら力になるから連絡するように、とも言った。過去にも何回か教え子の力になったそうだ。自分自身、そういう話は初めて聞いたので驚いたし、クラスの皆が同じような感じだった。非常に真剣で印象的だった

義務教育の段階で、消費者問題的なことを教えてほしい。特に詐欺の手口とか。今回は、学校の先生の説明次第で逆効果になりかねない話で、気になった

義務教育で教えないとなると、マスコミの力、学者の力、ということなんだろう。この記事も、その2つが発揮されている。特に経済学者には、どんどん社会問題に発言をしてほしい

先日読んだ本の、「全員を何度かだますことはできるけれど、全員を毎回だますことはできない 」という言葉を思い出している。リリアン・R・リーバー「数学は世界を変える」ソフトバンククリエイティブ | hiog



・価格が少し下がったくらいでは、レタスの需要はあまり増えない。その場合、レタスの生産量が少し増えると、レタスの価格は大きく下落する。レタスの価格と生産料の積で農家の所得は決まる。価格が大きく下がり、生産量が増えた効果を上回ってしまうと、農家の所得は生産量が増えたのに下がってしまう

・そこで、農家が連帯し、レタスの生産量の一部を処分して出荷しないことで、レタスの価格下落を抑えているのである

・たぶん、この写真を見た生徒の多くは、せっかく作ったレタスを処分しなければならない農家は市場メカニズムの被害者だという印象を受けるのではないか。実際は、農家がレタスを処分することによって被害を受けているのは、本来ならレタス価格が下がるという便益を受けていたはずの消費者である

・大企業による独占の弊害は、政治経済の教科書にきちんと書かれている。しかし、集団としての農家が独占企業と同じ行動を取っても、市場メカニズムの被害者が農家であるような印象を与えて、消費者の被害を教えていない。消費者の立場から経済を考える教育をすべきではないだろうかと感じた



20110917221943

google adsense

関連記事

no image

草刈隆郎「“全員参加型社会”構築は急務 だが職種別同一賃金には反対」週刊ダイヤモンド2008/03/08

20080324060000 多様な人材の活用を考えるとき、フルタイムの長期雇用は引き続きコア

記事を読む

no image

佐藤優「筆者自身の効率的な時間の使い方(知の技法 出世の作法)」週刊東洋経済2009.10.17

20091031102203 確か、この連載で筆者が、適切な睡眠時間は人によって決まっているので、

記事を読む

no image

辻秀一「バレンタイン監督に学ぶ周りを巻き込む力(ビジネス・アカデミア)」週刊ダイヤモンド2005/10/29

私は野球をしない。観戦も行わない。プロもアマも問わず。稀に、おそらく10年に1度くらいはどうしても外

記事を読む

no image

塚田紀史「『世界クジラ戦争』を書いた政策研究大学院大学教授小松正之氏に聞く(Books & Trends)」週刊東洋経済2010.3.6

本質と違うところで、すごく気になった。南極大陸の内側にできたという、「湖のようなもの」が、漠然とおそ

記事を読む

no image

山田昌弘「『女ー女』格差の出現という難題(The compass)」週刊東洋経済2007.11.3

20080612060000 おもしろい分析だ。最初は、すごい20代女性の身勝手、と思ったが、社会

記事を読む

no image

大西康之ほか「社員は見た世紀の大合併 失敗のなぜ?(特集 買収無残)」日経ビジネス2007年5月7日号

20070508220200 リアリティってのはおもしろいなあ、と思う。週刊誌とは、こういう生気の

記事を読む

no image

辻広雅文「法人税減税というエゴ(プリズム)」週刊ダイヤモンド2006/11/11

筆者は本誌の前編集長のようだ このエッセイは何なんだろうと思った。凄い独自の見解な気がする。これが

記事を読む

no image

大宅映子「本来あるべきゴルフの姿に」週刊東洋経済2005.7.23

20050722001100 ゴルフが接待用に調整されている日本の現状に対して憂いを表明する。現在

記事を読む

no image

佐々木紀彦ほか「落ちる中間層 ホワイトカラーの没落」週刊東洋経済2006.12.9

最近、痛快だったのがこの記事 大企業ほど、こういうところがある。抱え込んだ仕事が多いほど「なくては

記事を読む

no image

池田信太朗ほか「凡事徹底の半世紀(特集 ベイシアの諦めない経営)」日経ビジネス2008年7月14日号

先日、北関東の地方都市に行って国道を通っていたら、道の両脇にベイシアとカインズホームがあった。少し行

記事を読む

google adsense

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

google adsense

MediaPad M3 LTE プレミアムモデル購入して2か月

20170409130135 もう2か月が経ってしまったけど、記

Windows10アップグレード導入

20160307001116 2台のノートPCにつき、無料のWi

Nexus 6Pが届いた

20151105221617 無事に届いた。 海外荷物受付

Nexus 6Pが発送された

20151103103105 「発送しました」って内容のメールが

Nexus 6Pを発注した

20151031100625 それまでもネット経由でいろいろ調べ

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑