中崎タツヤ「もたない男」飛鳥新社

公開日: : 書評(書籍)



もう、大昔になるが、当時、出入りしていたスペースに置かれていた、誰かの読み終えたビッグコミックスピリッツを読んでいた。「伝染るんです。」とかの頃。いちばん好きだったのが「じみへん」

しかし、この本を読んでしまうと、違う。決して「じみへん」を読むだけで思っていた作者のイメージとは違う。すごくまじめな、確かに神経質そうではあるが、ゆるい、というよりは、むしろその逆の感触。著者のありのままの考えが吐露されているのを見るのが、実は少し怖かったりした

これでいて、ご結婚されているということで、奥様とどのように折り合っているのかというところが、読み進めていくうちに気になってきた。中盤にその辺の言及もされているのが、溜飲が下がる。やっぱり、すごく気を遣っている人なんだな

特に、尊敬している先生に対して告白をしてしまった、後味の悪い思いをしたとか、なぜか共感が半端ない。自省してみると、私も、物理的な周辺の片付けは苦手だが、人間関係に関しての「もたない」は負けてないよな。同期会とか、職場の飲み会にも出ないし、年賀状も出さないし。そういう意味で、誤解しているかもしれないけど、なんか自分のことのように感じながら読んでしまった



p47.私は汁が好きなので、ラーメン屋でも麺抜きを頼みたいのですが、それも 失礼なような気がしていい出せないでいます

p70.ものを捨てることは、私にとって主義でも美学でもありません。無駄が嫌いなんです。スッキリしたいだけなんだと思います

p71.何でもかんでも捨ててしまう私を病気みたいに思っている人もいるようですが、病気にみられようがどうだろうが、自分自身としてはどうでもいい。好きなことをしているだけですから、他人の目はあんまり気にならないんです。人の目を気にしていると、ストレスがたまって自然に生きることができないんです

p77.考えごとをしているときには、周りの音がすごく気になります。騒音や他の人間の生活音は苦手です。ですから、ものがないのと同じように音もないほうが精神的に落ち着きます。しかし、厳密には無音状態は自然界には存在しません

p96.本棚に並べるとばらばらになってしまって、すごく気持ちが悪いんです。それで、カッターで本の上と下を切って、背丈を揃えていったことがあります。本棚に整然と並んだ判型の違う本をみたときは、本当に気持ちがよかった。苦労して大きさを揃えた本もいまは処分してしまいました

p106.日常生活がイヤになってくると、逃げ出したくなって旅に出る。結果として、旅が転機になったり、リセット効果をもつことがあると思います

p168.つい、挨拶したいと思ってしまった。私はその先生の漫画や絵が大好きで、その先生にも私にいい印象をもってもらいたいと思ってしまったんですね。「大ファンです」なんてつい、挨拶をしてしまった。そういう擦り寄るようなことが基本的にすごくイヤなのに、思わずやってしまったんです。正直、後味が悪かった。思いを伝えられたという気持ちもなくはなかったんですが、好きな漫画家の先生に媚びてしまった自分が許せず、自己嫌悪に陥りました

p169.私も、土地がほしいんです。田舎にだだっ広い土地をもち、牧草地にして牛を飼う



20111028224350

google adsense

関連記事

no image

ムギ「インディでいこう!」ディスカヴァー・トゥエンティワン

20060602034600 装丁がカッコいい。読むのが早い人なら20分程度で読み終わる内

記事を読む

no image

ケン・ブランチャードほか「1分間自己管理」ダイヤモンド社

これも2年前に買って積んだままになっていたものだ。直ぐに読んでおけばよかったと後悔する良書 読み終

記事を読む

no image

池上奈生美外著「インプロであなたも「本番に強い人」になれる」フォレスト出版

この程度の本であれば、30分程度で読むべきだろう 一読すると面白くないようにも思える。内容として特に

記事を読む

no image

福岡伸一「動的平衡2」木楽舎

20120416004929 これまでに読んだ著者の本は次の2つ 福岡伸一「生物と無生物のあいだ

記事を読む

no image

原田泰「なぜ日本経済はうまくいかないのか」新潮選書

20111106224522 ただの批判や混ぜっ返しで終わらず、分かりやすいようにかみ砕い

記事を読む

no image

橋元淳一郎「時間はどこで生まれるのか」集英社新書

20080929060000 一応通読したけど、概観しかないので、それだけではまだまだ難し

記事を読む

no image

三枝匡・伊丹敬之『「日本の経営」を創る』日本経済新聞出版社

2人の対談を本にしたようなもの。2人ともすごく偉人に見える。実際、そのとおりなんだろうと思う もう

記事を読む

no image

大竹文雄「競争と公平感」中公新書

20120319221749 中公新書って、その装丁のリジッドな割には、中身は平易ですらすらと読め

記事を読む

no image

花村萬月「父の文章教室」集英社新書

実は、氏の小説は一つも読んだことがない。気にはなってはいるんだが。この本を最初に読んだということは、

記事を読む

no image

河田惠昭「津波災害」岩波新書

20140901232857 津波災害――減災社会を築く (岩波新書)著者 : 河田惠昭岩波書店発

記事を読む

google adsense

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

google adsense

MediaPad M3 LTE プレミアムモデル購入して2か月

20170409130135 もう2か月が経ってしまったけど、記

Windows10アップグレード導入

20160307001116 2台のノートPCにつき、無料のWi

Nexus 6Pが届いた

20151105221617 無事に届いた。 海外荷物受付

Nexus 6Pが発送された

20151103103105 「発送しました」って内容のメールが

Nexus 6Pを発注した

20151031100625 それまでもネット経由でいろいろ調べ

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑