毛受敏浩「人口激減 移民は日本に必要である」新潮新書

公開日: : 書評(書籍)



20111123203247

図書館で新着として並んでいたのをたまたま入手。人のダイナミックな動きを感じさせる。移民政策と日本の現状についてさらっと理解するのに適切な一冊

日経ビジネスの記事は、うすうす想像してけれど、改めて活字にして示されるとショック。日経ビジネスは定期購読していたけど見逃してしまったか

アメリカの移民プログラムに申し込んでみようかな。家族で異なる戸籍を持つと選択肢が増える気がする



p65.2006年の世界人口白書では、途上国からの頭脳流出についても言及している。途上国の科学・技術分野の人材の三分の一から半分は、現在先進国で生活しており、たとえばアフリカから高度な技術を持った看護師や医師が、毎年二万人流出している。その例として、イギリスのマンチェスターで働くアフリカのマラウイ人の医師の数は、マラウイ全土の医師の数より多いと報告している。アジアについての記述も興味深い。アジアでは外国人の花嫁に対する需要が高く、中国や東南アジア出身の外国人の花嫁は、現在30万人に達しているという。特に結婚目的で台湾に移住するものが激増しており、1990年以降、10万人近くのベトナム人女性が台湾人男性と結婚している

p67.こんな話もある。2009年正月、日比谷公園の年越し派遣村は社会的関心を集めた。多くの若者が職を求めている姿を見た大手クリーニングチェーンの理事長は、すぐに職業安定所に向かった。深刻な人手不足が続いていたからだ。正社員・月収24万円の条件で人材を募集したところ、180名が応募し、そのうち12名を採用したという。ところが、一週間たって残ったのはわずか1人。「おなかが痛い」「仕事が合わない」と出勤初日の午後に退職届を出した人もいた。理事長は「日本人は少しでもきつい仕事はもうやらない、できないんだということが、よく分かった」という。(『日経ビジネス』2009年11月23日号「移民YES」より) 職安で仕事を探してはいても、3Kの仕事に就きたがらない今の日本人の実態が浮き彫りになった事例と言えよう

p114.アメリカでは毎年数十万人の移民を合法的に受け入れているが、その増加が犯罪に結びつくという認識はない。アメリカの移民制度のユニークな点は、移民多様化プログラムを持っていることである。このプログラムは、他の移民受け入れ国と違って、学歴や英語のできることなどをまったく考慮していない。毎年の受入数の制限はあるものの、アメリカ人になりたいと願う人であれば、能力を考慮せず抽選により受け入れている。これは「来るものは拒まず」というアメリカの伝統的な理想主義の表れだろう。そうした状況でも、正規の移民受け入れが犯罪の増加につながるとは考えられていない



google adsense

関連記事

no image

築山節「脳が冴える15の習慣」NHK出版生活人新書

ベストセラーだし、ハック物でもあるので読まない理由がない。その期待に違わず読んでいて面白いし、かつ、

記事を読む

no image

司馬遼太郎「功名が辻(1)」文春文庫

20050701213500 山内一豊とその妻千代の出世物語。司馬遼太郎の本はハズレがない

記事を読む

no image

小山龍介「TIME HACKS!」東洋経済新報社

この本"原尻淳一・小山龍介「IDEA HACKS!」東洋経済新報社"の第2弾的な存在。前回同様に結構

記事を読む

no image

村上春樹「走ることについて語るときに僕の語ること」文藝春秋

村上春樹の本を久しぶりに読んだ。しかも、こういった小説でないものを。少しマラソンに興味を持ち始めたこ

記事を読む

no image

田中靖浩「儲けるための会計-強い経営をつくる管理会計入門」日本経済新聞社

20090223190000 若干、古い本だが、管理会計の入門書として評判が良いので読んで

記事を読む

no image

門倉貴史「こっそり儲ける経済学」三笠書房

20080121060000 前に読んだ別の著作"門倉貴史「出世はヨイショが9割」朝日新書

記事を読む

島田荘司「占星術殺人事件 改訂完全版」講談社文庫

20140503161435 占星術殺人事件 改訂完全版 (講談社文庫)著者 : 島田荘司講談社発

記事を読む

no image

津田大介「情報の呼吸法」朝日出版社

20120912234428 今回は水色だ。前回は黄緑色(グリーンズ編「ソーシャルデザイン ―

記事を読む

no image

大前研一「遊ぶ奴ほどよくデキる!」小学館

昔買って読んだ本を読み返した かなり自由に好きなことを書いたな、という感じのする本である。確かに著

記事を読む

no image

司馬遼太郎「功名が辻(4)」文春文庫

20050712231000 文庫本ではこれが最終巻。このようなショッキングな終わり方をす

記事を読む

google adsense

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

google adsense

MediaPad M3 LTE プレミアムモデル購入して2か月

20170409130135 もう2か月が経ってしまったけど、記

Windows10アップグレード導入

20160307001116 2台のノートPCにつき、無料のWi

Nexus 6Pが届いた

20151105221617 無事に届いた。 海外荷物受付

Nexus 6Pが発送された

20151103103105 「発送しました」って内容のメールが

Nexus 6Pを発注した

20151031100625 それまでもネット経由でいろいろ調べ

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑