「私たちが肌で感じた時価総額世界一企業のヒミツを明かそう 元アップル社員覆面座談会(特集 家電淘汰!)」週刊ダイヤモンド2011/11/12

公開日: : 最終更新日:2012/02/10 書評(雑誌), 週刊ダイヤモンド



20111206223636

ブランド、レピュテーション、情報に関する管理は、誰もが認めるのこの会社の魅力だ

自分も、文章表現へのこだわりには自信があるな。周りは迷惑だと思うけど。「~いたします」「~いただきます」の漢字を開くのはもちろん、そもそも、このような文末になる表現はそもそも使わないな

従業員目線からすると、全体としてよい会社かどうかはともかく、少なくともわかりやすい会社であると思う。してはいけないミスとかが明らか。でなければ、首切りもしづらいはず。従業員側も合わなければ立ち去る感じの割り切った感じ

こういうのを見ていても思うのが、ある企業を褒めるときに、それが、従業員としていいのか、株主としていいのか、経営者としていいのか、顧客としていいのか、という点。この会社は、顧客としてつき合うのがもっともよい会社であるように思う



・私はやはり徹底的なこだわりにスゴさがあると思います。たとえば社内文書でも、美しさや読みやすさが常に求められて、「~致します」「~頂きます」という表記はすべて、ひらがなに直されました

・社員に対する情報統制もスゴくて、現役社員がこんな取材を受けたら、裏切り行為と見なされて処分される

・以前、新製品の発表に当たってウェブサイトを更新するときに、担当者が間違えてテスト用ではなく本当のサイトに、新製品の情報をアップしてしまったことがありました。発表前夜の、深夜たった数分の出来事でしたが、その担当者は即クビ

・新製品の発表前後は別として、普通は夜10時にはほとんどオフィスに人が残っていませんでした

・あまり使えない人もいました。意外に人事については優しいなと思います。いきなり解雇はほとんどないですが、さっきの話のように、問題を起こすと即刻クビ。宣告した瞬間からその人には監視がついて、机の私物以外、いっさい触ることは許されなくなります。手続きは後日、忘れ物は後で送るからという感じで、早々にオフィスから追い出されます



google adsense

関連記事

no image

佐藤吉哉「梅棹忠夫氏 発想生む「頭の霧箱」(編集長インタビュー)」日経ビジネス2007年4月30日号

20070511060700 刺激ある文章。しかし、実際の話がそう行われていたとしても、そのまま関

記事を読む

no image

佐藤優「女性の能力を生かす組織や上司のあり方(知の技法 出世の作法)」週刊東洋経済2011.9.3

20110920184946 ・モサドの別の男性幹部は、「ランクが同じ女性の同僚を食事

記事を読む

no image

ロバート・フェルドマン「著名エコノミストが教える1分間プレゼン力の養成法(特集 最強のレバレッジ勉強法)」週刊ダイヤモンド2008/11/29

20091011182412 自分ブランドの作り方として、外見にワンポイント、アクセントをつける。

記事を読む

no image

山崎豪敏「森ビル・森社長に聞く 10年で変わらなければ東京は完全にダメになる」週刊東洋経済2008.4.5

20080428060000 現在の経済雑誌において、先人の業績に対する後続者からの批判として後藤

記事を読む

no image

佐々木常夫『「捨てる仕事」を決める――出ない、会わない、読まない(ワークライフバランスを実現する仕事術)』週刊東洋経済2009.6.13

今日はone by oneで ・出なくて済む会議はできるだけ出ないようにしてきた。組織横断的会

記事を読む

no image

菅原雅信ほか「化粧なき素顔をさらす(特別企画 人材奔流)」日経ビジネス2008年3月3日号

20080430060000 プロというのはいったい何だろうかと思わせる記事。やはり、「その人でな

記事を読む

no image

須賀彩子「不動産市場に忍び寄る地殻変動で生き残り図る新興不動産の”逆バリ戦略”(産業レポート)」週刊ダイヤモンド2007/10/20

これって理屈がおかしいですよね。善解しても、相当端折った書き方か、または文章が推敲されていないという

記事を読む

no image

井上裕「武藤信一氏 信用力を多面展開(編集長インタビュー)」日経ビジネス2006年5月15日号

確かに新宿伊勢丹は駅から遠い。今後は地下鉄の開業で駅前になるようだが、これまでその事実を必死に捉えて

記事を読む

no image

塩田潮「政権奪取は可能か 試される小沢代表(Focus政治)」週刊東洋経済2007.9.1

普段、一応目を通すものの大体は特に強い感想も持たないコラムである。今回は、次の件だけが気になった ・

記事を読む

no image

宮東治彦「新春特別対談 歴史に探る国と企業の盛衰の理」日経ビジネス2006年12月25日・2007年1月1日号

記事は少し古くなる。年初の日経ビジネスにおけるカルロス・ゴーン氏と塩野七生氏の対談より 年末年始に活

記事を読む

google adsense

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

google adsense

MediaPad M3 LTE プレミアムモデル購入して2か月

20170409130135 もう2か月が経ってしまったけど、記

Windows10アップグレード導入

20160307001116 2台のノートPCにつき、無料のWi

Nexus 6Pが届いた

20151105221617 無事に届いた。 海外荷物受付

Nexus 6Pが発送された

20151103103105 「発送しました」って内容のメールが

Nexus 6Pを発注した

20151031100625 それまでもネット経由でいろいろ調べ

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑