山根一眞「メタルカラーの時代1」小学館文庫

公開日: : 書評(書籍)



20111223080312

福島の原子力発電所が事故になったせい、関東で電力供給が悪くなり、さらには関西のほうが電力供給事情は深刻だとか、また九州電力まで供給体制に不安が出てきたというのが不思議だった。個別には合理的な事情があるんだけど、全体から見ると何をやっているんだという感じ。当時、中村正三郎さんのサイトで、送電の仕組みの話の中で触れられていたのを契機に、この有名なコラムをいちど通読しておくかという気になった

文庫本になっているので、ちょっとした隙間に読み進めることができる。確か、週刊ポストかの連載なので、一つひとつの話が簡単に読み切れるのもいい。理系の話を噛み砕いて聞けるのが、文系の人間にとっては目から鱗な話が多い。ちょっとインタビュアーが前に出過ぎな気がするが、しかたがない

今回は、ツツジの話が面白い。ラクするためにツツジが多く植えられているんだ。うちの庭にも一つあるけど、確かに隅っこの日の当たらないところでも元気に育っている。そういう強さは好感を持つが、お仕着せされているとすれば、あんまり好きになれないかもな。駒込駅構内のツツジくらいになると別だけど



p265.西南戦争で官軍が勝てたのは、東京と九州を結ぶ電信のおかげだったんです。先回りして兵站計画を立てることができましたから

p265.天然ゴムって、当時最先端のハイテク素材でね。しかもアマゾンでしか採れなかった。現代なら、世界のプラスチックを独占していたのと同じことなんです。そのため、19世紀後半から20世紀初頭にかけてアマゾンに世界の富が集中した。マナウスの町は、世界で最も豊かな町といわれて、リバプールより早く市街電車が走り、大オペラ劇場までできた。その天然ゴム景気は、ちょうど勃興した自動車用のタイヤ需要でもたらされたといわれてきたんです

p279.いや、びっくりしました。草ぼうぼうで、三多摩の山よりすごい森。江戸時代には手入れが行き届いた名園だったが、昭和天皇は「手を入れるな」とおっしゃって、雑木林にしたんだと聞きました。50年以上落葉かきをしていない雑木林なんて初めて見ましたよ。地面は分厚い腐葉土で、カステラの上を歩いているみたいでした。雑草を抜いてもいけないというのは、陛下の見識ですね。もっともヒメジョオンのような帰化植物だけはお嫌いだったらしく「抜いてもよい」(笑い)

p287.サクラは非常に交雑しやすい植物で、サクラ、ヤナギ、スミレを三大浮気症と呼ぶくらい

p291.ツツジはですね、まず管理がラクというメリットがある。虫もあまりつかないし、手入れも一斉に刈り込みをいれるだけですむ。枝を切って、床に挿すだけでどんどん苗木の大量生産もできますしね

p299.新しい都庁が話題になってるけど、戦後に建てた庁舎は50年ももたなかった。最低ですよ。日本の建築家には、パリやロンドンのように200年、300年もつ建築物をつくろうという思想が欠落してるでしょう。建て売り住宅なんか20年



google adsense

関連記事

no image

藤川太「サラリーマンは2度破産する」朝日選書

良書。内容はオーソドクスであり、平均的だ。家計のプランニングにおいて必要最低限のことは網羅されている

記事を読む

伊藤邦生「年収1000万円の貧乏人 年収300万円のお金持ち」中経出版

20130821012021 年収1000万円の貧乏人 年収300万円のお金持ち著者 : 伊藤邦生

記事を読む

no image

稲垣道夫「カーボン-古くて新しい材料-」東京工業調査会

身近なもの、工業的に使用されているもの、可能性を秘めているもの、という3つの分類で紹介していく。説明

記事を読む

no image

加登豊「インサイト管理会計」中央経済社

前書きに「知識と洞察力が必要なビジネスパーソン向けの本は、不思議なことにこれまで存在しなかった。この

記事を読む

no image

富増章成「深夜の赤信号は渡ってもいいか?」さくら舎

20120919014333 深夜の赤信号を渡るべきか、というタイトルの質問にどう答えてい

記事を読む

梅田泰宏「経費で落ちるレシート・落ちないレシート」日本実業出版社

20140123223113 経費で落ちるレシート・落ちないレシート著者 : 梅田泰宏日本実業出版

記事を読む

no image

三枝匡「戦略プロフェッショナル」日経ビジネス人文庫

タイトルは少し堅苦しい。しかし、内容は物語のかたちをとっているのでスラスラと読み進められる。少し単純

記事を読む

no image

内藤誼人「悪魔の対話術」ダイヤモンド社

著者の本はたくさん読んでいる。メモをとったのは、これだけだけど hiog: 内藤誼人「勝つための「

記事を読む

no image

井上靖「風林火山」新潮文庫

井上靖は有名であるものの、自分には縁遠い。昔、「敦煌」が映画化されたとき、原作は読んだ。「額田女王」

記事を読む

no image

箱田忠昭「いつも忙しい人、なぜか余裕のある人 最後に笑う人の時間管理術」PHP研究所

主張のトーンがハードで気に入ったな。おもしろくて休憩を入れずにあっという間に読み終わってしまった で

記事を読む

google adsense

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

google adsense

MediaPad M3 LTE プレミアムモデル購入して2か月

20170409130135 もう2か月が経ってしまったけど、記

Windows10アップグレード導入

20160307001116 2台のノートPCにつき、無料のWi

Nexus 6Pが届いた

20151105221617 無事に届いた。 海外荷物受付

Nexus 6Pが発送された

20151103103105 「発送しました」って内容のメールが

Nexus 6Pを発注した

20151031100625 それまでもネット経由でいろいろ調べ

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑