山田昌弘「日本はポップカルチャーの国? 日本アニメ、アイドルの影響力 (THE COMPASS)」週刊東洋経済2012.1.7

公開日: : 最終更新日:2012/02/10 書評(雑誌), 週刊東洋経済, 山田昌弘



20120116004616

実際に、そのような留学生や社会人を多く見てきた。この記事では「げんしけん」や「機動戦士ガンダム」とある。時代により少しずつ参照が違うのだが、自分が調査したときは「名探偵コナン」とか「ワンピース」とかがいちばん多かったかな。そういうアニメを見て育ちましたと。その母集団の多くが女性だったというのは回答に影響を与えそうだ

試しに、いま十分に年を取った自分が今やってる「名探偵コナン」を見てみても、そんなには面白くないんだよな。純粋に楽しむなら、ちょっと変なところで。古くはマイメロから、ジュエルペット、プリキュアとかプリティリズムとかのほうが、自分の楽しさの琴線に触れる。最近だとシンケンジャーの「殿、影武者かよ。これ子供にわかるんだろうか」と思って痺れたし、昔のスーパー戦隊が週替わりで登場するというズルい設定のゴーカイジャーとかもなつかしくて面白い

この記事の大意は、結構そういう単純なものなのだろうという気がする。かといって、仕事はまた別であるところが、使い方次第のところだろう。仕事とズレてるほうが深みとコクがでる

そのための共通言語として、日本人もそれを意識して利用して売り込む、ってか。マンガとかも読まないといけないな。いまジョジョの第6部の文庫本を大人買いしてるけど、なかなか進められていない



・かなりの学生は、母国にいるときに日本文化に触れ、好きになって、日本語を学び、日本への留学を考えるようになったという。そして、彼らのいう日本文化とは、『源氏物語』でも京都のお寺でもなく、アニメやマンガ、ドラマやポップスのアイドル歌手なのである。アニメやアイドル好き以外の理由で来たという留学生を探すほうが難しいくらいの状況なのだ

・アニメやアイドル歌手が好きだからといって、彼らはそれを仕事にしたいというわけではない。たまたま日本のポップカルチャーが好きになり、日本語を学んで来日し、日本の大学で学んだ経験を生かして、社会に出ていこうという人がほとんどである

・彼らから直接多額のおカネを徴収することはなかなかできないだろう。しかし。その副次効果には、大きなものがある。留学生が来るだけでない。日本文化への親しみが湧けば、日本というブランドが浸透し、ほかの製品も売りやすくなる。また、日本企業が現地に進出する際にも役に立つ。まさに、ソフトパワーの一翼を担っているといえるだろう

・海外に赴任する日本人は、多少なりとも日本のアニメ、アイドル歌手に親しんでおいたほうがいいかもしれない。日本に親しみを感じる若者の間では、日本=若者ポップカルチャーなのだから



google adsense

関連記事

no image

塚田紀史「『世界クジラ戦争』を書いた政策研究大学院大学教授小松正之氏に聞く(Books & Trends)」週刊東洋経済2010.3.6

本質と違うところで、すごく気になった。南極大陸の内側にできたという、「湖のようなもの」が、漠然とおそ

記事を読む

no image

新井美江子ほか「特集 新・ニッポンの接待」週刊ダイヤモンド2012/6/23

20120620004052 今週は非常におもしろい特集 確かヨーロッパのほうでは民間同士の賄賂

記事を読む

no image

宮東治彦「新春特別対談 歴史に探る国と企業の盛衰の理」日経ビジネス2006年12月25日・2007年1月1日号

記事は少し古くなる。年初の日経ビジネスにおけるカルロス・ゴーン氏と塩野七生氏の対談より 年末年始に活

記事を読む

no image

長谷川高宏「毒ギョーザ騒動と危険妄想のウソ」週刊東洋経済2008.2.16

・どうやら“事件”の様相が強まってきた。JTの子会社が販売していた中国製商品によって各地で食中毒が引

記事を読む

no image

リチャード・カッツ「外資ファンドのように日本の株主も声を出せ(世界の視点)」週刊東洋経済2007.8.11-18

昔読んだ本に、日本の近代産業勃興期の電力会社や鉄道会社の買収などを扱ったものがあった。そういうことは

記事を読む

no image

野口悠紀雄「45万人が働く巨大バケモノ工場と戦う?(日本の選択 第32回)」週刊東洋経済2012.1.28

20120220011135 フォックスコンの深セン工場の自殺者のニュースの分析。自殺者続出のとこ

記事を読む

no image

内田通夫「マスメディアは事件を消費するだけか 耐震偽装事件に賞味期限はない(アウトルック)」週刊東洋経済2006.11.25

報道のいい加減さ、狡さの例。極めて共感したコラムだった 結局、記者クラブでなかよく開示された報道資

記事を読む

no image

「五味廣文(元金融庁長官)インタビュー規律欠如が過剰規制を生む 自縄自縛に苦しむ証券業界」週刊ダイヤモンド2012/09/08

20120916014826 今年度上期の金融ビジネスシーンでは、「自浄努力」が流行語大賞

記事を読む

no image

原田泰「日本には原発を管理する資格がない(THE COMPASS)」週刊東洋経済2012/04/14

20120825075657 良い味。この人の話の展開が蘊蓄、含蓄があって好きなんだよな 力

記事を読む

no image

山崎元「株式投資と経営者の人物評価について」週刊ダイヤモンド2005/05/28

この方の言葉は、語り口が軽く、内容が平易かつ合理的で、若干の皮肉も効いていて、腹にストンと落ちてくる

記事を読む

google adsense

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

google adsense

MediaPad M3 LTE プレミアムモデル購入して2か月

20170409130135 もう2か月が経ってしまったけど、記

Windows10アップグレード導入

20160307001116 2台のノートPCにつき、無料のWi

Nexus 6Pが届いた

20151105221617 無事に届いた。 海外荷物受付

Nexus 6Pが発送された

20151103103105 「発送しました」って内容のメールが

Nexus 6Pを発注した

20151031100625 それまでもネット経由でいろいろ調べ

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑