阿刀田高「アイデアを捜せ」文藝春秋

公開日: : 最終更新日:2012/10/24 書評(書籍)



20120211211338





聖書を知っていますか、の一連は昔読んだ。軽妙洒脱な味わいの文章という記憶がある

国会図書館で働いていたときに、縁あってちょこちょこと納本を読んだというところも、いい時代にいいところにいたのだなあ。ただ、そのときに知ったセレンディピティという言葉はいまiOSからも変換できるし、セイロンの王子の話もネットで簡単にアクセスできる。時代の違いを感じる

現代的な意義はないのだろうけど、考え方が役に立つ。この著者には悪いが、話の持ってき方がぼんやりしているのが、小説でない、本書のようなばあいにはピンとこんなくなって好ましくないかな



p165. 小説を意味するノヴェルは、欧米語の”新しい”に由来している。なにか新しい話を提示するのが、小説の本来的な機能であったからである





google adsense

関連記事

no image

金森重樹「1年で10億つくる!不動産投資の破壊的成功法」ダイヤモンド社

不動産投資を考えるときに読んでおくべきなのが本著。不動産投資に関する本も何十冊か読んできた。その中で

記事を読む

no image

荒井千暁「勝手に絶望する若者たち」幻冬舎新書

世代を切り取るものなので、スノビッシュな興味からスムーズにページが繰られる。ときどき的確な指摘があり

記事を読む

no image

山口正人・豊田圭一「自分がいなくてもまわるチームをつくろう!」明日香出版社

20090601013127 だいたい、こういうテーマの本は読むようにしている。新しい発見

記事を読む

no image

江村林香「まずは小さな世界で1番になる」かんき出版

読んですんなりと納得できる内容。ということは著者のスタンスは私自信が周りから言われる程度にドライなの

記事を読む

no image

夏井睦「炭水化物が人類を滅ぼす」光文社新書

20140726112910 炭水化物が人類を滅ぼす 糖質制限からみた生命の科学 (光文社新書)著

記事を読む

no image

高橋朗「黄金のおにぎり」ナナ・コーポレート・コミュニケーション

購入すべき本だ だいぶ前に買って読んでなかったものだ。もっと早く読むべきだった 「たった3時間で

記事を読む

no image

田中靖浩「40歳からの“名刺をすてられる”生き方」講談社+α新書

20120924012919 いまの企業人?の生き様。大体、思っているけどうまく表現できな

記事を読む

no image

竹村公太郎「日本史の謎は「地形」で解ける」PHP文庫

20141008223058 日本史の謎は「地形」で解ける (PHP文庫)著者 : 竹村公太郎PH

記事を読む

no image

ジム・レーヤー「ビジネスマンのためのメンタルタフネス」TBSブリタニカ

精神の状態を4つの分類にわけて、精神コントロールに重要な切り口から各章で説明していく。なかなか説得的

記事を読む

no image

ジョン・ウッド「マイクロソフトでは出会えなかった天職」ランダムハウス講談社

本の分厚さに負けず、内容に引き込まれてどんどん読み進めていける題材の良さがある。タイトルとおり、マイ

記事を読む

google adsense

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

google adsense

MediaPad M3 LTE プレミアムモデル購入して2か月

20170409130135 もう2か月が経ってしまったけど、記

Windows10アップグレード導入

20160307001116 2台のノートPCにつき、無料のWi

Nexus 6Pが届いた

20151105221617 無事に届いた。 海外荷物受付

Nexus 6Pが発送された

20151103103105 「発送しました」って内容のメールが

Nexus 6Pを発注した

20151031100625 それまでもネット経由でいろいろ調べ

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑