阿刀田高「アイデアを捜せ」文藝春秋

公開日: : 最終更新日:2012/10/24 書評(書籍)



20120211211338





聖書を知っていますか、の一連は昔読んだ。軽妙洒脱な味わいの文章という記憶がある

国会図書館で働いていたときに、縁あってちょこちょこと納本を読んだというところも、いい時代にいいところにいたのだなあ。ただ、そのときに知ったセレンディピティという言葉はいまiOSからも変換できるし、セイロンの王子の話もネットで簡単にアクセスできる。時代の違いを感じる

現代的な意義はないのだろうけど、考え方が役に立つ。この著者には悪いが、話の持ってき方がぼんやりしているのが、小説でない、本書のようなばあいにはピンとこんなくなって好ましくないかな



p165. 小説を意味するノヴェルは、欧米語の”新しい”に由来している。なにか新しい話を提示するのが、小説の本来的な機能であったからである





google adsense

関連記事

no image

冨山和彦「挫折力」PHPビジネス新書

なんかの書評で勧められていたので読んでみたもの 携帯電話のころの話、幕末維新の志士の話が多いの

記事を読む

no image

ユーキャン保育士試験研究会編「U-CANの保育士過去&予想問題集2006年版」主婦の友社

保育士試験受験シリーズ(2/11) 保育士試験のための問題集は、ユーキャンのものを使うことにした。次

記事を読む

no image

中崎タツヤ「もたない男」飛鳥新社

もう、大昔になるが、当時、出入りしていたスペースに置かれていた、誰かの読み終えたビッグコミックスピリ

記事を読む

no image

宮城谷昌光「新三河物語 中巻」新潮社

hiog: 宮城谷昌光「新三河物語 上巻」新潮社 のつづき 中巻における主な目線は、割合の順とし

記事を読む

no image

林恵子「「できる女」はやわらかい―ラッキーサクセスの仕事術」亜紀書房

これを読んでいる間いつも頭から離れなかった疑問は、「著者に子どもはいるのだろうか」ということ。これは

記事を読む

no image

佐藤孝「一発合格らくらく宅建塾 2006年版」週刊住宅新聞社

この世界では相当に有名な本らしい。もっとも簡単でもっとも網羅的で内容も適切だという。事実、そのとおり

記事を読む

no image

蔵研也「リバタリアン宣言」朝日新書

軽く読むことができる。タイトルから想像するとおりの内容。リバタリアンの考え方を理解する入門書としてよ

記事を読む

no image

山田正人「経産省の山田課長補佐、ただいま育休中」日本経済新聞社

内容はその主旨として賛同できる 文章は軽い。2、3時間程度で読み終えられる。内容は一見軽いが、実は

記事を読む

no image

森岡孝二「働きすぎの時代」岩波新書

岩波新書を読んだのは久しぶりな気がする。この本は、タイトルのような問題意識を持つ者にとっての勉強の取

記事を読む

no image

中山真敬「たった3秒のパソコン術」三笠書房知的生きかた文庫

20090226215800 ときどき、こういうのを虚心坦懐に眺めてみるのもいい。パソコン

記事を読む

google adsense

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

google adsense

MediaPad M3 LTE プレミアムモデル購入して2か月

20170409130135 もう2か月が経ってしまったけど、記

Windows10アップグレード導入

20160307001116 2台のノートPCにつき、無料のWi

Nexus 6Pが届いた

20151105221617 無事に届いた。 海外荷物受付

Nexus 6Pが発送された

20151103103105 「発送しました」って内容のメールが

Nexus 6Pを発注した

20151031100625 それまでもネット経由でいろいろ調べ

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑