阿刀田高「アイデアを捜せ」文藝春秋

公開日: : 最終更新日:2012/10/24 書評(書籍)



20120211211338





聖書を知っていますか、の一連は昔読んだ。軽妙洒脱な味わいの文章という記憶がある

国会図書館で働いていたときに、縁あってちょこちょこと納本を読んだというところも、いい時代にいいところにいたのだなあ。ただ、そのときに知ったセレンディピティという言葉はいまiOSからも変換できるし、セイロンの王子の話もネットで簡単にアクセスできる。時代の違いを感じる

現代的な意義はないのだろうけど、考え方が役に立つ。この著者には悪いが、話の持ってき方がぼんやりしているのが、小説でない、本書のようなばあいにはピンとこんなくなって好ましくないかな



p165. 小説を意味するノヴェルは、欧米語の”新しい”に由来している。なにか新しい話を提示するのが、小説の本来的な機能であったからである





google adsense

関連記事

no image

井沢元彦「古寺歩きのツボ」角川oneテーマ21

おもしろかった。内容は簡単。しかし、半分以上は既に知っている知識だったので、これは話半分というところ

記事を読む

no image

スティーブ・シーボルド「金持ちになる男、貧乏になる男」サンマーク出版

20121015233140 この類の本をちょっとでも読んでいれば、目次で100項目を読ん

記事を読む

no image

米山公啓「すべてがうまくいく8割行動術」ソフトバンク新書

著者が確か、日経ビジネスかなにか、ビジネス誌にコラムを書いていたか何かで手にした本。「医師+作家」の

記事を読む

no image

本田直之「ノマドライフ」朝日新聞出版

20120914004829 流行の本なので、カバーをかけずに公衆の空間で読むのが小っ恥ずかし

記事を読む

no image

野口悠紀雄「グーグルとトヨタは本質的に異なる企業(日本の選択第14回)」週刊東洋経済2011.9.17

グーグルについては、著者はこの本で絶賛している 野口悠紀雄「ゴールドラッシュの「超」ビジネスモデル

記事を読む

no image

竹村健一「竹村健一の最後に勝ちを拾う発想法」青春出版社

微妙だよな。興味深い事例に溢れており、楽しく読み通すことができる。そして著者の主張にも概ね首肯できる

記事を読む

no image

藤井孝一「週末起業」ちくま新書

20071229060000 不況やリストラに立ち向かい、副収入や独立を得るための考え方の

記事を読む

no image

加登豊「インサイト管理会計」中央経済社

前書きに「知識と洞察力が必要なビジネスパーソン向けの本は、不思議なことにこれまで存在しなかった。この

記事を読む

no image

渡辺健介「世界一やさしい問題解決の授業」ダイヤモンド社

20090223014100 この本のもっとも大事な注意点は、中高生と読者と設定しているよ

記事を読む

no image

マイケル・アブラショフ「部下を持つすべての人に役立つ 即戦力の人心術」三笠書房

20090801071441 教訓については、特に言い古されているものばかりだが、海軍とい

記事を読む

google adsense

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

google adsense

MediaPad M3 LTE プレミアムモデル購入して2か月

20170409130135 もう2か月が経ってしまったけど、記

Windows10アップグレード導入

20160307001116 2台のノートPCにつき、無料のWi

Nexus 6Pが届いた

20151105221617 無事に届いた。 海外荷物受付

Nexus 6Pが発送された

20151103103105 「発送しました」って内容のメールが

Nexus 6Pを発注した

20151031100625 それまでもネット経由でいろいろ調べ

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑