阿刀田高「アイデアを捜せ」文藝春秋

公開日: : 最終更新日:2012/10/24 書評(書籍)



20120211211338





聖書を知っていますか、の一連は昔読んだ。軽妙洒脱な味わいの文章という記憶がある

国会図書館で働いていたときに、縁あってちょこちょこと納本を読んだというところも、いい時代にいいところにいたのだなあ。ただ、そのときに知ったセレンディピティという言葉はいまiOSからも変換できるし、セイロンの王子の話もネットで簡単にアクセスできる。時代の違いを感じる

現代的な意義はないのだろうけど、考え方が役に立つ。この著者には悪いが、話の持ってき方がぼんやりしているのが、小説でない、本書のようなばあいにはピンとこんなくなって好ましくないかな



p165. 小説を意味するノヴェルは、欧米語の”新しい”に由来している。なにか新しい話を提示するのが、小説の本来的な機能であったからである





google adsense

関連記事

no image

梅田望夫「ウェブ進化論」ちくま新書

最近のベストセラー。ちょっと読むのが遅れたけど。「あちら側/こちら側」だの「ロングテール」だの、最近

記事を読む

no image

斎藤美奈子「文章読本さん江」ちくま文庫

20120205232924 文章術とかレトリックに関する本は私の好むジャンルのひとつ。それらのな

記事を読む

no image

小松俊明「シンプル時間整理術」インデックス・コミュニケーションズ

著者はヘッドハンターだそうだ。次の4つの点に付箋をつけた。読むのに必要な時間は30分程度が目安。外国

記事を読む

no image

花村萬月「父の文章教室」集英社新書

実は、氏の小説は一つも読んだことがない。気にはなってはいるんだが。この本を最初に読んだということは、

記事を読む

no image

片岡正人「市町村合併で『地名』を殺すな」洋泉社

主要ビジネス誌で、ここのところ時をおいて紹介される奇書。タイトルのとおり、市町村合併で新たな地名が慎

記事を読む

no image

ジム・レーヤー「ビジネスマンのためのメンタルタフネス」TBSブリタニカ

精神の状態を4つの分類にわけて、精神コントロールに重要な切り口から各章で説明していく。なかなか説得的

記事を読む

no image

山田真哉「さおだけ屋はなぜ潰れないのか?」光文社新書

万人に薦められる 流行り本系の香りがするので、速やかに売り飛ばすつもりで読み始めた。軽やかに読むこ

記事を読む

no image

小林和之『「おろかもの」の正義論』ちくま新書

頭の体操として 「死んでお空の星になるのではなく、生まれてくるずっと前にお空の星だった」って、いうの

記事を読む

no image

ユーキャン保育士試験研究会編「U-CANの保育士過去&予想問題集2006年版」主婦の友社

保育士試験受験シリーズ(2/11) 保育士試験のための問題集は、ユーキャンのものを使うことにした。次

記事を読む

no image

野口悠紀雄「グーグルとトヨタは本質的に異なる企業(日本の選択第14回)」週刊東洋経済2011.9.17

グーグルについては、著者はこの本で絶賛している 野口悠紀雄「ゴールドラッシュの「超」ビジネスモデル

記事を読む

google adsense

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

google adsense

MediaPad M3 LTE プレミアムモデル購入して2か月

20170409130135 もう2か月が経ってしまったけど、記

Windows10アップグレード導入

20160307001116 2台のノートPCにつき、無料のWi

Nexus 6Pが届いた

20151105221617 無事に届いた。 海外荷物受付

Nexus 6Pが発送された

20151103103105 「発送しました」って内容のメールが

Nexus 6Pを発注した

20151031100625 それまでもネット経由でいろいろ調べ

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑