篠原匡「マネジャーを助けるトラッカー 抜け漏れ防ぐ”追跡者”(経営新潮流)」日経ビジネス2012.1.16

公開日: : 書評(雑誌), 日経ビジネス



20120218102525

プレイングマネジャー。プレイに夢中でマネージが疎かになる。このマネジャーの役割を秘書によって補充したという事例

事実上のこととしてはありがち。この事例でもあるような、秘書だったり、または地域で雇用している女性事務職が、こういった役割を担ううちに誰よりも業務のロジスティクスに知悉してしまう。その後、その人にはグッドエンドとバッドエンドのどちらかが用意されている。お局様的な安泰な立場に出世することもあるし、職場での女性差別解消とかコスト削減といった昨今の構造的な要因により、派遣に入れ替わってしまったり。しかしいずれも職場を所有者の立場から見たら微妙だ。後者の場合には人に蓄積されたナレッジが断絶してしまうが、前者もその人が結婚などで退職してしまうと、やっぱりノウハウは途絶えてしまう

そんな地域雇用の女性事務職の役割を、割り切って開き直って、制度としてしまった。半導体製造装置大手のディスコ

会議に参加できない場合には、参加者から聞き取って追跡するというから、プレイに夢中なプレイングマネジャーにとっては至れり尽くせりだ。しかも「うっとうしい存在」という役目まで引き受けてくれるときた。プレイングマネジャーは、プレイするために部下や同僚に対して悪役にはなれない。パワハラの問題もある。スケープゴート的に上司の孤独も引き受けてくれる

これでマネージでなく、プレイに注力できる者は、表面上の多忙を謳歌し、それを言い訳としてマネージを行わないものの、戦術面では大活躍するんだろう。主将で4番でピッチャーとして。しかし、これで監督になれるのだろうかと思う



・組織の課題や宿題を拾い集め、整理、周知していくことがトラッカーの主な役割だ。トラッカーとは「トラッキングする人(追跡する人)」という意味の造語である

・チームリーダー会議など部内の会議に参加、会議中に議事録をまとめ、話題に上った課題や宿題を抽出し、最後に読み上げる。会議に参加できない場合は参加者に取材して課題を集めるというから徹底している

・社長AR(Action Required)の締め切りは月末。それまでに回答できれば、社内の管理会計制度上のルールで100万円の報奨が得られるが、回答できなかった場合は、逆に社長室に100万円の罰金を払うことになる

・トラッカーは全社で60人を数える。勤務地の変更がない事務所で採用された女性がメーンで、約2カ月の研修を受けた後、トラッカーを必要としているマネジャーのところに派遣される。今では、ほぼすべての部署にトラッカーがおり、通常業務とトラッカーをかけ持ちしているケースがほとんどだ

・成功事例は、トラッカーを集めて半期に1度開催する会合、All Tracker Meeting (ATM)で共有する

・トラッカー制度は2007年1月、関家社長の鶴の一声で生まれた。当時、ディスコでは案件の伝え漏れや問題発見の遅れ、立ち上げたプロジェクトが完遂しないといった問題が目立っていた。原因がプレイングマネジャーの増加にあると見た関家社長は、多忙なマネジャーに代わって進捗管理を代行する存在が不可欠と考えた

・トラッカーは初めのうち、部長やメンバーに煙たがられた。放置されている課題や宿題を認知させることは大切だと理解しているが、部員の中からは「余計な指摘をされなければそのままやらなくて済んだのに」といった不満も漏れた。会議や取材で根掘り葉掘り進捗状況を確認するトラッカーを「うっとうしい存在」と思う部長や部員もいた

・トラッカー導入に際しては、「そもそもマネジャーの役割ではないか」という声も出た。確かに、課題や宿題を部下に割り振り、進捗を管理するのは管理職の本業だ。ただ、プレイングマネジャーが多い同社の実情を考えると、それはあまりに理想論。課題の回収や整理、周知徹底はトラッカーに任せた方が得策と関家社長は判断している

google adsense

関連記事

no image

飯泉梓「セブンが認めた総菜のプロ ヤマザキ(食品製造業) 現場力」日経ビジネス2009年9月21日号

プロが買っていくというのがスゴいね。この記事の前からセブンのこのシリーズは気になっていて、ポテトサラ

記事を読む

no image

松崎隆司「三澤千代治氏[ミサワインターナショナル社長]『200年住宅』で夢よ再び」日経ビジネス2008年2月11日号

20080219060000 ・大学4年生の時、駅のホームを歩いていて突然大量の血を吐き、救急

記事を読む

no image

林南八「カイゼン寓話『お婆ちゃんの七面鳥』当たり前のことに疑問を持て」週刊東洋経済2006.3.11

筆者の肩書きは「トヨタ自動車技監」。”トヨタ自動車の誇る生産管理の「神様」”とのサブタイトルもある

記事を読む

no image

梅沢正邦「ミタルvs.王子製紙 2つのTOB 2つの経営者像」週刊東洋経済2006.11.18

気になった記事。M&A、ひいては経営全般に対する2人の経営者のスタンスの違い あきらめない。成功する

記事を読む

no image

宮東治彦「新春特別対談 歴史に探る国と企業の盛衰の理」日経ビジネス2006年12月25日・2007年1月1日号

記事は少し古くなる。年初の日経ビジネスにおけるカルロス・ゴーン氏と塩野七生氏の対談より 年末年始に活

記事を読む

no image

野口悠紀雄「貿易大国から脱していない日本人の意識(「超」整理日記)」週刊ダイヤモンド2006/04/29・05/06合併号

週刊ダイヤモンドと週刊東洋経済というイガミ合う2誌に、著者の同じようなコラムがある。どれを読んでも明

記事を読む

no image

佐藤優「小さな出世に拘泥せず大きな出世をつかめ(知の技法 出世の作法 第240回)」週刊東洋経済2012.04.07

20120908235231 どこかで一廉のものがないといけないというとき、このような信頼とか

記事を読む

no image

竹田孝洋「日経平均より経済実態を反映 『大証修正平均株価』」週刊ダイヤモンド2005/10/22

景気の動向が日経平均の騰落で論じられることについて、以前から気になっていた。この思いを強くしたのが、

記事を読む

no image

塚越寛「トレンドに翻弄されず「社員の幸せ」を優先(有訓無訓)」日経ビジネス2007年9月3日号

200710130742 人を雇い、人を使うということは何と難しいことかと思う半面、その可能性を強

記事を読む

no image

宮東治彦・小笠原啓「成長の限界に挑んだ信越化学 金川千尋怒りの経営」日経ビジネス2006年3月6日号

この号の第2特集。面白かった。名経営者として必ず挙げられる金川氏のことがよくわかった 米ダウ・ケミカ

記事を読む

google adsense

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

google adsense

MediaPad M3 LTE プレミアムモデル購入して2か月

20170409130135 もう2か月が経ってしまったけど、記

Windows10アップグレード導入

20160307001116 2台のノートPCにつき、無料のWi

Nexus 6Pが届いた

20151105221617 無事に届いた。 海外荷物受付

Nexus 6Pが発送された

20151103103105 「発送しました」って内容のメールが

Nexus 6Pを発注した

20151031100625 それまでもネット経由でいろいろ調べ

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑