白壁達久「白井智子 教育界のジャンヌ・ダルク(旗手たちのアリア)」日経ビジネス2012.1.16

公開日: : 書評(雑誌), 日経ビジネス



20120218110316

このエピソードだけ目にとまった



白井の教育改革の原点は、幼少期のオーストラリアでの生活と、帰国後の自らのいじめ体験にある。白井は父親の仕事の関係で4歳から8歳までの幼少期をオーストラリアで暮らした。現地の幼稚園に入るものの、当初は言葉が分からず、ほとんど無言のまま1年を過ごしたが、先生から「何か話しなさい」と怒られたことはなかった。オーストラリアでは黙っているのも表現として認められているからだ

オーストラリアで小学校を選ぶ時、駐在員の子供のほとんどが日本人学校に通う中で、1人だけ現地の小学校に入った。日本人学校を見学に行った際、近所の友達がいじめられている場面に遭遇してしまったからだ。母の文子は、帰宅後の白井の様子を察して、無理に日本人学校への入学を勧めず、地元の学校に通わせた。移民の国であるオーストラリアでは、日本人である白井も受け入れられた。仮装コンテストに着物をまとって出場して優勝するなど、多様性を認める習慣が根づいている。「あなたは良い子よ」と認めてくれる人が、家の外にも必ずいた。

一方、日本に帰ってからの小学校ではつらい思いばかり経験した。学校にリュックで登校すると、みんなと違うといじめられた。帰国子女とあって英語を話せと言われ、話すとさらにいじめられた。日本では「周囲と違う=悪」であり、少しでも目立てばいじめの対象になった

ある日、豆電球を持参するよう学校から指示があった。家でじっと豆電球を見つめる白井。不思議に思った母の文子が問いかけたところ「この豆電球、みんなのと同じのかな」とつぶやいたという

教員免許を持ちながらも専業主婦であった母は、このエピソードを思い出すたび、涙が止まらないという。みんなと同じでなくても自分を受け入れてくれたオーストラリアと違い、わずかでも人と違うことをすれば排除されがちな日本の小学校。そんな環境で、白井が打ち込んだのが勉強だった

成績が優秀で勉強ができれば、先生だけでなく級友も認めてくれる。だから必死に勉強した。クラスでトップの成績になれば、いじめもなくなって先生にも認めてもらえるようになった。その結果、東大に進学するまでに至った

google adsense

関連記事

no image

原田泰「インセンティブが働かない日本社会(The compass)」週刊東洋経済2006.6.10

できないことを「できる」という。現実と建前が違う。こういうのってすごく多くて、すごく気になる 確か

記事を読む

no image

池田光史ほか「偏差値で測定不能な唯一の存在 政財官に深く進出する創価大学(特集 大学全比較)」週刊ダイヤモンド2012/09/29

20120928000456 大学特集なんてのをこんなビジネス誌がやる必要があるのか。って

記事を読む

no image

梅沢正邦「ミタルvs.王子製紙 2つのTOB 2つの経営者像」週刊東洋経済2006.11.18

気になった記事。M&A、ひいては経営全般に対する2人の経営者のスタンスの違い あきらめない。成功する

記事を読む

no image

白壁達久「ルーブルの番人、FBTの味方 ワテック(小さなトップランナー)」日経ビジネス2008年7月14日号

20080928060000 一度に複数のイッシューの解決を図るすばらしいアイデアの例 ・設

記事を読む

no image

田中陽ほか「藤原秀次郎会長が説く マニュアルこそ優しさの象徴(特集しまむら流)」日経ビジネス2006年5月22日号

20060527004137 浦和で降りられずに大宮とは、なんともリアルでドラマティックな。とても

記事を読む

no image

「廃線再生! 京都トロッコの立役者(特集/「鉄道」再起動)」週刊東洋経済2012/02/25

20120813021140 ここまで真剣にできるほど、おもしろい、大切な、期待された、そんな

記事を読む

no image

野口悠紀雄「都知事選での大差と『宇宙戦争』の火星人(「超」整理日記)」週刊ダイヤモンド2007/04/28・05/05合併号

なるほどねえ。マラソンを開催したとか、オリンピックを開くとか、そういう争点についてもっとも正鵠を射て

記事を読む

no image

吉川洋「低すぎるサービス業の生産性(経済を見る眼)」週刊東洋経済2007.5.19

最近、週刊東洋経済がおもしろい。今週号の「未来時給」という特集も興味深かった。いつもは読まない人も今

記事を読む

no image

山川龍雄ほか「日系人という架け橋(特集ブラジル)」日経ビジネス2006年12月18日号

今回のブラジル特集は、日経ビジネスにしては久しぶりにじっくりと読ませる内容だった 引用はその中の一節

記事を読む

no image

宮原啓彰「業界初“比較広告”当局も知らず オリックス生命の仁義なき戦い」週刊ダイヤモンド2012/07/14

20120809060802 この記事のスタンス ・オリックス生命が先月25日、同社ウェブサ

記事を読む

google adsense

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

google adsense

MediaPad M3 LTE プレミアムモデル購入して2か月

20170409130135 もう2か月が経ってしまったけど、記

Windows10アップグレード導入

20160307001116 2台のノートPCにつき、無料のWi

Nexus 6Pが届いた

20151105221617 無事に届いた。 海外荷物受付

Nexus 6Pが発送された

20151103103105 「発送しました」って内容のメールが

Nexus 6Pを発注した

20151031100625 それまでもネット経由でいろいろ調べ

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑