山田昌弘「結婚難の日本人男性 THE COMPASS」週刊東洋経済2012.6.30

公開日: : 最終更新日:2013/03/16 週刊東洋経済, 山田昌弘



20120628234327





いやらしいけど、こういう話が好き。この「女性上昇婚」って、結婚についてのかなりのことが説明できてしまう切り札

東大卒の女性の結婚相手のほとんどが東大だったりする。学歴面での上昇婚というのものも経験的に有意に思う。過去には、また、いまでも、学歴と経済力はかなり相関関係があるようにも思う

結婚相手として、アジア人女性は、昔は日本人を選んでいたが、いまは相対的に他のアジア人と結婚する。そして、日本人女性は昔は欧米が典型的だったが、いまは他のアジア人が急増しているという

女性はこうだとして、男性の結婚に対する傾向として「女性上昇婚」と対になるような何かがないのだろうか。やっぱり、「男-仕事=ゼロ、女-若さ=ゼロ」というように、若さや美貌が表象する次世代を産み育てる体力ということのだろうか。これ、仕事であり、若さであるところが、経済力でなく、体力でもないところが、ズレていて、なんか屈折というか、言い換えというか、歴史的な経緯であったりとか、直感なのかとか、味わい深い



・国際結婚というとフィリピン人花嫁を思い浮かべるように、今まで、日本人男性とアジア人女性が斡旋機関を通じて見合いで結婚するというのが典型であった。しかし、2006年を境に、このタイプの国際結婚が減少している

・女性は結婚して自分が育った家庭以上の生活を実現したいと願う。それゆえ、自分の父親と同等以上の経済力を持つ男性と結婚しようとする。これが「女性上昇婚」と呼ばれるメカニズムである

・ここ30年間、日本の若年男性の経済力が低下している。零細自営業や過疎地の農家の跡継ぎ、定職を持たない男性は結婚が難しくなった。つまり、年功序列によって経済力を高めた父親を持つ女性からは、結婚相手と見なされなくなってしまった

・それを解消するため経済格差を利用した「女性上昇婚」が、アジアからの女性花嫁だった。1980年代末から、アジア人女性(フィリピン、中国など)と日本人男性の国際結婚が急増した。たとえ低収入であっても、国際的には生活水準が高いと見なされたのだ。日本人男性と外国人女性との結婚は80年に4386件だったが、05年には3万3116件まで増大する

・アジアの新興国では、若者の経済力が上昇している。台湾や韓国では、結婚難に陥った男性が、中国やフィリピン、ベトナムなどからアジア人花嫁を受け入れている。つまり、アジア人女性にとっては、経済が停滞している日本の男性より、新興国の男性のほうが、「上昇婚」をさせてくれる相手として魅力的に映るのだ。その結果、06年の3万5993件をピークとして日本人男性と外国人女性との結婚が減少に転じる。10年は2万2843件で、ピーク時の3分の2。主としてアジア人花嫁の減少によるものだ

・一方、外国人男性と日本人女性が海外で結婚するケースは増え続けている

・従来は、日本人女性の国際結婚の相手は、国内外とも欧米人男性が典型だった。しかし、近年、アジア人男性と結婚し、アジアで暮らす日本人女性が急増している。トルコ、タイ、香港、シンガポールの国際結婚カップルを開内文乃氏と一緒に調査しているが、そこで見いだされるのは「成長するアジア諸国」と「停滞する日本」の姿である





google adsense

関連記事

no image

山本隆行ほか「規制強化で加速するFX業界の再編淘汰(特集/株投資超入門&ランキング)」週刊東洋経済2009.8.15-22

20090809182608 一部の業者が悪いことをすると、その業者を従来の規範で処理することに飽

記事を読む

no image

佐藤優「がっついたビジネスパーソン諸君!何でも聞いてくれ!(知の技法 出世の作法)」週刊東洋経済2009.5.30

情報は共有したうえで、競争することが大事。という導入部分だけメモメモ ・他の雑誌の読者

記事を読む

no image

片山善博「自民党は末期的症候群『パンと見せ物』の政治だ(特集/政治の混迷、改革の処方箋)」週刊東洋経済2008.9.20

あまり政治を追いかけても仕方のないころだけど、末期的症状であることの再確認と、喩えがすごく面白かった

記事を読む

no image

又吉龍吾「”外弁慶”スバルが挑む国内販売テコ入れ大作戦(カンパニー&ビジネス)」週刊東洋経済2012/03/03

20120821234825 こういうアイデアはテイクノート ・日産自動車やホンダも独自

記事を読む

no image

佐藤優「筆者自身の効率的な時間の使い方(知の技法 出世の作法)」週刊東洋経済2009.10.17

20091031102203 確か、この連載で筆者が、適切な睡眠時間は人によって決まっているので、

記事を読む

no image

大竹文雄「ウィキノミクスで経済効果(経済を見る眼)週刊東洋経済2007.8.4

まあ、そうは簡単にはいかないでしょうけれども、と思った話。だってインセンティブがないものさ ・

記事を読む

no image

佐藤優「小さな出世に拘泥せず大きな出世をつかめ(知の技法 出世の作法 第240回)」週刊東洋経済2012.04.07

20120908235231 どこかで一廉のものがないといけないというとき、このような信頼とか

記事を読む

no image

塚田紀史「『世界クジラ戦争』を書いた政策研究大学院大学教授小松正之氏に聞く(Books & Trends)」週刊東洋経済2010.3.6

本質と違うところで、すごく気になった。南極大陸の内側にできたという、「湖のようなもの」が、漠然とおそ

記事を読む

no image

佐藤優「時間に対する考え方、活用法とは(知の技法 出世の作法)」週刊東洋経済2009.5.23

ほかの本でも同様のことを読んだことがある。ここでは、そういった事例を集めるために、引用した

記事を読む

no image

東えびす「中印急接近のスリランカ やがて民族が消滅する!?(ミスターWHOの少数異見)」週刊東洋経済2013/02/02

20130316100210 こういう匿名のコラムは気になる。名前がないので責任が軽い。こ

記事を読む

google adsense

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

google adsense

MediaPad M3 LTE プレミアムモデル購入して2か月

20170409130135 もう2か月が経ってしまったけど、記

Windows10アップグレード導入

20160307001116 2台のノートPCにつき、無料のWi

Nexus 6Pが届いた

20151105221617 無事に届いた。 海外荷物受付

Nexus 6Pが発送された

20151103103105 「発送しました」って内容のメールが

Nexus 6Pを発注した

20151031100625 それまでもネット経由でいろいろ調べ

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑